エレガントなプリウスphv

プリウスPHV

東京オートサロンではモデリスタ仕様のphvが

展示されているようですね。

白いボディーがよりエレガントに見えるパーツのデザインと奥行きのあるフロントマスクが

良いですね。

既にプリウスphvのTRD仕様も発表されていますがこちらも力強くて素敵ですね。

 

私の注文したプリウスphvはどノーマルですけどそれでも435万円ですから

まあ色々今までの車の反省点を踏まえて考え抜いた車なので・・。

目的は低炭素社会を創ることそして若者に車に乗ってもらい新たな車文化を創ることこの2つなので

先ずは低燃費であること 今まだ本体のプリウスphvが手元に届いて無いので燃費は測れませんが

現在の車は9km/リットル これがハイブリッドやクリーンディーゼルにしたとしても1/2〜1/3にしかなりません。それ以下を考えた時にもうEVがハイブリッドしかありません。しかしEVはまだまだ未完成です。一番は電池なので走行距離が限られると言うことです。

ガソリンでも限られますけど、ガソリンを入れたらまた動きますが、電気自動車の場合は時間が掛かります。

その走行距離が短いのに充電時間が長い、そして走行距離を長くするのにもっと大きなバッテリーを搭載すればもっと充電時間が長いどんどん深みにハマっていく底なし沼の様です。

その点プリウスphvは8.8KWと小さいバッテリーですが家庭用の単相200Vで充電したとしても、たった2時間20分です。それもまず車の使うことの少ない深夜で使います。この深夜の時間で家庭でも充電できることが良いことです。そしてそれで走行距離は60km。まずは毎日の通勤程度に使えるそこも良いところです。

まずEVはここで排除しました。

そしてこのモデリスタも大きて扁平率の低いタイヤとホイールでカッコイイですが、今の車のタイヤとホイールも苦労しました。

215-45-R17。扁平率の低いタイヤは乗り心地が悪く、轍を拾います。そしてロードノイズもやかましいです。

何よりタイヤが高く付くので交換時期に泣いてしまいます。特にこの21545R17サイズのスタッドレスは10万以上しました。

4本でね。

あと車高ですね。実家の庭にまであがる通路の傾斜がキツくてフロントスカートが擦りそうなのです。スカートを擦っているプリウスHVたくさん見てきました。

そんなこんなを解消出来るのがプリウスphvだと思ってるのです。TRD仕様もモデリスタ仕様も先ずはタイヤとかスカートかの問題で却下です。

そしてカラーは赤を選択しました。エモーショナルレッド。少し濃い赤になります。最近のトレンド マツダのソウルレッドの様に少し濃い目の赤です。

この赤を選ぶことによって若者の目に留まる様にしました。

それにより若者の車に目を惹き付ける事になるのです。若者は様々な理由で車を持ちませんがまづは車に目えやるきっかけを創ること

そしてそれが以外に安いコストで乗れること。初期投資が高いですけどね。

まあそこらもレポしますね。実際に目を留めるか。しかしこのモデリスタ魅力的ですね。ノーマルだけでも気にはいってるのですが

後部のアンダースカートだけはただのプラスチックなんで気にいってないんですよね。

何か後から付けるパーツ無いですかね。
<スポンサードリンク>


ポチッとご協力をお願いします。にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村