エコカーたちの行末 EVの進化は?

エコカー プリウスPHV

NISSANリーフなど

EV (電気自動車)の現在のデメリットは

航続距離が短いと言う事だ

 

24Kwのバッテリー搭載車が228km

30Kwのバッテリー搭載車が280km

 

と航続距離が短い

 

走りはパワフルで其の上

バッテリーの重さも相まって

どっしり感もあり

高級車然としている

 

 

 

航続距離が短い

 

この短所の解決の為に

出たはずの30Kwで

 

280Kw

実際にはどれくらい走るかわからないが

 

冬場暖房なんかかけるともっと短くなるだろう

 

こも問題を解決するためには

もっと大きなバッテリーを積むこと

 

しかしその

バッテリーを大きくすることで

重くなり 何よりの弱点は

 

充電時間が長くなると言うこと!

 

その解決方法として

急速充電器があるのだが

 

これは200V電圧を

内部で500Vくらいまで

昇圧して

 

電圧を上げることで短時間にしている

バッテリーへの負荷があるので

出力は50Kwもある。

 

80%までの充電しか出来ないように

している。

 

それで30分

長い!

 

30分あればかなり走れますよね

この時間が長すぎるのです

 

ヨーロッパ 特にVWのあるドイツでは

BMWやベンツなどライバルと組んで

 

この出力を

350Kw 800Vまで昇圧して

もっと高速充電に対応しようとしている

 

これなた15分 400km走れると言うが

日本ではこの50kwまでが低圧で

それを超すと高圧になるので

 

法的に難しい

それもCHAdeMOという規格もあるので

 

これ以上新しいインフラも造って欲しくない

 

そして自宅で充電する場合は

200V15Aで

 

30Kwhタイプが約11時間

24kwhタイプが約8時間

 

電気代のお得な深夜電力の時間に

ほぼ充電出来てしまうから

 

良いのですが

 

まったく空のままからの満充電なんで

まったく空の場合は少ないので

この時間は掛かりません

しかし夜間も急に走る必要も

出てきます。

 

要するに

現在のEVは

 

充電を気にしながら走らないと

いけないのです

 

特に高速道路では

高速なので

距離を稼ぎます

 

短時間走って

長時間充電

短時間走って

長時間充電

 

これの繰り返しなんです

だからまだまだ電気自動車は

時期尚早なんです

 

それで今はphvなんです

 

特にガソリンで走っても燃費の良い

プリウスphv

電気だけで走っても

 

60km

もちろんバッテリーは

8.8kwhと

小さいけど

家庭で200vで充電しても

2.2時間

 

ほぼ毎日の通勤は電気のみなので深夜電力で

充電すればとても安くつく!

 

一番は電池容量が無くなっても

ガソリンで1000km以上

(条件による)

 

走れること

 

この安心感が一番です

NISSANリーフについては

 

もう少し詳しく書きます。

今まであまり触れていなかった

 

後輩が持っているのでいつも充電を

心配してるって聴いてますが

 

もう少しリサーチします。

今はアノ手コノ手の

手法でセールスに力を入れています

 

2年間急速充電の料金が要らないとか

 

長距離乗らないと言う 人にはオススメかも。

また次回!