歴代 プリウス のスタイル。新型プリウスphvはカッコイイか?

エコカー プリウスPHV

今日は実車の写真ですね

 

上から30系のプリウス

プリウスHV

そしてプリウスphvです

 

30系のプリウスは

美しくて

知的ですよね

 

内装も好きです

現行50系プリウスの

バスタブタイプよりかは

 

横からプロポーションはほぼ

変わりませんから

 

50系とそのphvの差は

 

しかしカタログ上ではphvの方が10CM長いので

よく見てみると

確かにタイヤから後ろの部分 オーバーハングと

一般的には言いますが

 

とても長いですね。

確かに

 

 

ここにもプリウスphvの販売が遅れた理由が

あって

 

ここのバックドアはCFRP

カーボンファイバー製なんですよね

 

その目的はいくらコンパクトに

なったとは言え前モデルのphvの

4.4Kwから倍の8.8kwの

容量にした

 

プリウスphvのリチウムイオンバッテリー

リチウムと言うのは希土類

 

一時期中国が輸出禁止にした希土類

あのレアアースのことですが

 

レアアースなんで高いんです。

もちろん作り方も難しいんでしょうね

 

リチウムイオンは製造されて長いの

ですが、未だにサムソン ギャラクシーノート7

の様に爆発したりしますからねえ

 

さてバックドアはバッテリーが重くなった

軽量化の為にカーボンにしたという

説が大半ですが

 

僕は後ろからの衝撃に備えたと思うのですね

 

今の鉄板やアルミの板は薄くて軽いです。

 

その鉄板やアルミが空き缶の様に

衝撃を受けた時に人体まで影響を及ぼさない様に

鉄板やアルミが吸収すると言う考えですが

 

荷室の下というバックドア直前に置かれた

バッテリーの為には鉄板やアルミの

様にクシャッとなってはリチウムイオン電池の

 

場所まで直ぐ凹みますからねえ

 

高価なバッテリーをカーボンで守るという

役割も持っているのでは無いでしょうか?

 

因みにスペック表から見ると

 

長さは50系プリウスHVが

4,540mm

新柄プリウスphvが

4,645mm

105mmも違います

その分も

 

 

大きな電池を入れるためと

衝撃が届きにくくするため

でしょうね

重さが

50系プリウスが

1,360kgに対して

1,510kg

ですね

 

150kg重たいですね。重たすぎます。

でもどっしりと高級車然とした

走りになってる事でしょう。

 

TNGAと相まってすごく楽しみな処では

あります。

 

エンジンは

まったく一緒ですね。

 

色は赤色です。イタリアンレッドの様に

派手では無くて

深い赤は

落ち着いてますし、フロントグリルとの

赤とのコントラストが美しいと

思います。

 

色でお悩みの方も相談して下さい

エレガントに乗りこなすんであれば

 

白でしょうね。

高級車然として乗るのなら黒

 

スポーツカーと見間違える様にするには

赤。車高が低いからそう見えます。

しかしタイヤにコストを掛けない

為に

195 65 15のタイヤをそのまま

履かせます。