おお!なんとプリウスPHV が2017ワールドグリーンカーの最終選考3台に残ったど。

エコカー プリウスPHV

ワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)主催団体は3月7日スイスで開幕したジュネーブモーターショー2017において「2017ワールドグリーンカー」の最終選考3台を発表した。

ワールドグリーンカーはワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)の部門賞のひとつ。

今回は2015年秋から2016年秋にかえてデビューした新型車の中から、もっとも環境性能に優れた1台を決定する。

ってなんですと〜!?

2016年秋と言えば確かに当初の発売時期ですが、日本では2月15日ですよ発売日!

本体は候補に上がらないじゃ無いですか?でもアメリカでは発売されていたということですよね。アメリカはガソリン安いですからねえあまりアメリカでは売れないと思いますが売らないと行けない車種なんですよね〜。

条件は、2017年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。世界23か国、75名のジャーナリストに、環境技術の権威が加わり、投票を行う。

2017ワールドグリーンカーの最終選考3台は、以下の通り。

シボレー・ボルトEV

テスラ・モデルX

トヨタ・プリウスPHV

全3台のうち、シボレー『ボルトEV』とテスラ『モデルX』はEV。新型トヨタ『プリウスPHV』はプラグインハイブリッド車となる。

2017ワールドグリーンカーは4月中旬、米国で開幕するニューヨークモーターショー2017で発表される。前回は、トヨタの燃料電池車、『MIRAI』(ミライ)がワールドグリーンカーに輝いている。

 

 

まあ今のところPHVのほうが良いですよね。

全て電気のEVには「安心感」が無いのです。むしろ「電欠の不安」がいつも頭の中に残るんです。

急速充電器を探しながらの運転は体に良くないですし何より安全運転に良くないです。良く私もサイドブレーキを引いたままとか青信号で停まったりとかついうっかりがあります。それは運転以外に他の事に集中するからです。

まあクルマ以外の心配事に集中することが多いのですけどね。

「電欠の不安」を拭う為に人は何をするでしょう。

まずメーカーやクルマの設計者は大きなバッテリーを積むでしょう。

電欠の心配のあるドラーバーは急速充電スポットで再々充電するでしょう。

大きなバッテリーを充電するためには長い時間が必要です。

再々充電の時間を合計すれば長い時間になります。

エコノミーやエコロジーの為に時間を要するのです。昔の人は良く言ったものです「時は金なりと」

そうなんです時を制するものが本当のエコと言えるのでは無いでしょうか?今のところ2時間20分で空のバッテリーから満充電できて

毎日の通勤はその充電で賄えて高速に乗っても充電を気にせずHYBRIDモードで経済的に走れる。今はプリウスPHVが最高のエコカーです。間違いないです。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村