トヨタプリウスPHVグリーンエネルギー 自動車等導入補助金は?いくら?

PHV WRCラリー エコカー エネルギー問題 プラグインハイブリッド プリウスPHV

トヨタプリウスPHVのグリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金は96000円ですね、今のところ。

減税額は

自動車重量税も約30000円

自動車取得税も約105500円

自動車グリーン税制(登録翌年度)も約29500円ですから

グリーンエネルギー自動車等促進対策費補助金と足して

なんと合計で最大25万ほど優遇されますね。

石原さとみさんもでてますから本当です。

これで随分助かりますね。しかしこのグリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金は96000円ですね、今のところ。

であって来年度はまだ決まって無いのです。無くなるかもしれないし

多くなるかもしれません。

アカプリ子の納車も来年度になるのは間違いありませんからとても気になりますよね。

 

しかしあのFCV のトヨタMIRAIが減税合計2252900円も減税ですから笑いますね

グリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金自体は

2020000円。200万円も国民の税金を投入してまで売らないといけないFCVってなにもんなん?

そこまでしてうらないといけないのか?血税をここまで使って良いのか?最終的な最強の環境適合車はEV

電気自動車ですよ。

確かに水素の活用は大事です。その水素は核融合発電に水素を燃料としてある程度の大きな規模の発電所で使ったら良いんです。

簡単に言えば太陽が輝いているのも核融合ですから、これを真似たら良いだけなんですよね〜。

核融合炉が「地上の太陽」と呼ばれるのはそれ由縁なんですよね。

なにより水素ステーションを造る新たなインフラ投資が出来ますか?

ガソリンスタンドはクルマの普及が先にあって全クルマがガソリンだったからクルマの普及とともにスタンドも増えていきました。

儲けるために!

しかし普及をしていないFCVのために水素ステーションは造れないしある程度普及していないと維持も出来ない。

FCVのMIRAIの未来は来ないと思う。

それよりも当分はPHVと思う。この4年間くらいはね。そのためにアカプリ子は赤いプリウスPHVを購入してプリウスPHVのインプレッションや購入記事

燃費レポートなの理論上や無くて使ってみてのインプレッションを書こうと想っている。

アメリカ市場で大変なトヨタの応援と

本当に経済的なクルマの買い方 乗り方 充電の仕方をレポートしてみなさんにお届けしたいと。

ですから来年度トヨタプリウスPHVのグリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金は96000円をもっと増やしてね〜。

よろしくね〜。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村