中国製EVスーパーカー

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 エコカー, プリウスPHV ,

しかし凄いEVが中国から発表されましたね

中国のNextEV社

1360馬力ですって!

 

nioep90

いくらEV化でDesignや設計の自由度があがるって

再三言ってますけど

 

ここまで進化するのは凄いですね。

 

こんなEVが売れてどんどん新型が出ると

 

現在進化の途中でもある電動自動車

EVもPHEVもレンジエクステンダー者も燃料電池車も

 

扱っていて絞り切れない大メーカーはそろそろヤバイですね!?

 

ただこの車もリチウムイオンバッテリーという蓄電容量がの割に

 

体積の大きいバッテリーでは無理があると思う

 

マグネシウムイオン電池の開発が伴わないと

 

まだPHEVだと想うのですけどね。

 

 

これまで何度も噂に上っていた、中国の上海に拠点を置くNext EV社が開発していた

電動はいパーカーがついにベールを脱ぎ「NIO EP9」という名前とともに

ロンドンで発表された。

 

ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェ(北コース)のラップタイムが、

世界中で速さを判断するための基準とされているのなら、EP9は世界最速の

電気自動車(EV)

と言えるだろう。

 

同車は、TOYOTAのEVレースカー「TMG EV P002」が2012年にマークした

7分22秒329を大幅に上回る、7分5秒12というタイムを記録したのだ。

 

この数字を裏付ける様に、フランスのポール・リカール・サーキットでも、EP9

は1分52秒78というラップタイムを叩き出し、これまでEV最高記録とされて

いた2分40秒を打ち破った。

 

これほどの速さでも車体を路面に押さえつけるため、EP9のエアロダイナミクスは

 

240㎞/hの速度で走行中に2万4000N(ニュートン)ものダウンフォースを

 

発生するように設計されているという。

 

EP9は最高出力1メガワットつまり1360PSを発揮する。

4つの車輪にそれぞれMGU(電動発電ユニット)とギアボックスを搭載し

0−60mph(約96.6㎞/h)を2.7秒で加速

 

200㎞/hまでわずか7.1秒。

 

最高速度は313㎞/hに達するという。

NextEVによれば、バッテリーは交換可能で充電時間は45分

 

航続距離は427㎞になるそうだ。

 

興味深いことに、これだけの数値をきろくする性能にも関わらず

EP9には完全自動運転技術を取り入れる可能性もあるという。

 

NextEVによると、「EP9にはセンサーシステムと電子制御機構

が搭載されており、これらは完全自動運転技術にも適用可能」

とのこと。

 

「ユーザーはデジタルインタラクション(相互作用)や即時の情報共有

を体験できる」と続いている。

 

しかし凄いですね。フェラーリやランボルギーニを通り越して

ブガッティの域に達してますね

 

この数値や実力が本当なら。

 

電動モーターの歴史なんてのは内燃機関とどっこいどっこい

だから

 

エンジンを一から創るより簡単ですよね。

 

ボディやシャシー設計も電気なら熱をあまり発生しないので

自由度が増す。Designもね

 

日本のメーカーもそしてヨーロッパのスポーツカーメーカーも

うかうかしておれないですね。

 

後はマグネシウム電池だけですよえ。

 

Sponsored Link

関連記事

TOYOTAプリウスphv試乗会!

TOYOTAのホームページで案内してた試乗会 12月17日(土)千葉県の袖ヶ浦フォレスト・レー

記事を読む

【燃費一番】プリウスPHVの燃費

ハイブリッドモードで走っても結構 良い燃費です!!!   今はちょっと寒

記事を読む

プリウス phv トヨタ自動車と 電力5社と連携!

プリウスphv トヨタ自動車と 電力5社 と連携    

記事を読む

TOYOTAヤリスWRC。WRCドイツで優勝!3位にも入賞。すごいTOYOTA

【SS18速報】Bosenberg (14.04 km)1. S.オジエ(F) 7:15.0 2

記事を読む

プリウスPHVの電気工事は1万円。コンセントは別だけどこれは2376円(税込)安い!

いよいよプリウスPHVをおうちにお迎えするための準備。200Vの電源工事です。 インナーガレー

記事を読む

JAGUARアンバサダー錦織圭決勝速報!

JAGUAR 良いですねえ 伝統的なイギリスのメーカー   9台のみ復元

記事を読む

ポルシェ製新型V8を搭載したベントレー「ベビーベンティガ」

ポルシェ製V8エンジンを搭載したミニベンティガが開発中ですね ベントレー初のクロスオーバーSUV

記事を読む

昨年のル・マンの悲劇が思い出される。世界耐久選手権WECに参戦のTS050新型発表!

TOYOTAGAZOO Racing TOYOTAGAZOO Racingが活躍しているのは何

記事を読む

プリウスPHV来ました。ショップまでね。やはり赤が良いですねえ。ZVW52プリウスPRIME

赤いプリウスPHV来ました。 まだナンバーが着いて無いので乗れません。やはりこのエモーショナル

記事を読む

プリウスHVにあの11.6インチカーナビが付いてる!!

プリウス20周年記念車! がこれか?   なんか安心。私のアカプリ子と色

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. The application feels as though you will be running over a cozy wedge with each factor. Outstanding ease fantastic colors & varieties, i recently won’t be able to steer clear of brazilian body wav https://www.youtube.com/watch?v=T6hp4Ndf7vU!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>