新型シビックにエールを贈ろう!

プリウスPHV

プリウスphv2月15日発売ですけど。既に注文してます。事前予約ですね。ちらほらネットでも注文している人をみかけますね。私のオススメはSグレードナビパッケージですがそうでも無い人もたくさんいるようです。11.6インチのカーナビとソーラーパネルがどうしても欲しいオプション品ですけど、両方いらない人もいますし

革シートが欲しい人もいますしね。そんなプリウスphvに乗るはずの私が本日は

HONDAの応援です。まあホンダS660とかNSXとか良い車出しますよね。

そしてホンダ「シビック」6年ぶりに復活ですね。海外向けには出していたのですがこの夏から国内でも販売です。スポーツ仕様車のTYPERのデザインも

走りも面白そうですね。

 

しかしこのシビックとても重要な役割を果たしたことあるんですよね。大気汚染が騒がれだした1975年頃アメリカではマスキー法という炭化水素や窒素酸化物等従来から1/10にしなさいという厳しい法律を作ったんです

あまりにも厳しくて当時のビッグ3はお手上げだったのですね。その時にシビックに搭載したCVCC技術でそのマスキー法をクリアしたという

事実があるんです。日本車はその時に苦労したから今の日本車の地位があるんです。

その時の本田宗一郎さん初めホンダの技術人が先頭になってCVCCを完成させたから影響を与えたのです。

しかしヨーロッパは違ったんでしょうね。

今回のVW(フォルクス・ワーゲン)のディーゼル車の様に排出ガスの不正問題。

マスキー法クリアの時にどういった手段を取られたかは定かでは無いですが

ホンダの様にエンジン内部から見直すなんてことはしなかった後処理だけでしてきたんでしょうね。

ということで大昔のお話をしましたがホンダは元々はオートバイメーカー

それが今や車メーカーとして頑張っていますが苦戦もしています。

計画的なGLOBALな工場進出ですけど、なにか在庫があるという噂を聞きました。

どこも大きくなれば大きくなるほど、少しの変化で致命的な変化になるんですよね。

小さな時には耐えれたミスも大きくなると何倍にもなるから。

我がトヨタも試練の時、アメリカも公平に日本メーカーも扱って下さいね。マスキー法覚えていて下さいね。そしてホンダのCVCCも。

<スポンサードリンク>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村