本日は徳島県阿南市へ300km以上の旅。疲れるなあ。ホンダクラリティphevとプリウスphvと選ぶのを迷った時には?

PHV PRIUSPRIME TOYOTAGAZOO Racing ZVW52 エコカー エネルギー問題 トヨタ プラグインハイブリッド プリウスPHV 低炭素社会 環境問題

新たな農業のしくみを見に阿南市へ見学です。夜はお泊りです。

久しぶりの旅行感覚ですが、遠いです。電気では70kmしか走りませんが今日の様な日はホンダのクラリティPHEVの方が良いかもです。何が良いとか言うかインテリアのラグジュアリー差が良いです。そして電気だけで長距離走ること。です。でもリーフは充電なしでは不安なので、まだまだphvが良いです。

プリウスphvも計算上はフル充電で70km ガソリンでも1300kmくらいは走りそうですから。楽勝ですけど。

TOYOTAプリウスphvとホンダクラリティphevで悩んだことあるひといます?まずクラスが違いますから値段も悩まないと思いますけど。

お金がある人はクラリティphevを選んでもいいと思います。

588万円しますから、だれもかれも購入は出来ませんから、車格も違うので比較はしないと思うのですが、なにより5人乗りできるのが良いです。リチウムイオンバッテリーも17kwありますから、かなり走れますね。

プリウスphvの8.8kwの約倍。電気だけの航続距離もも114.6kmです。毎日の80km以上とか走る人はこちらの方が良いかもです。しかしそんなに毎日はしる人はいないですし、赤プリ子も片道17km往復は34kmですからちょうど良い距離なんですよね。

バランスが良いのがプリウスphv。

しかし、弱点はそのキャパシティ。人間が4人しか乗れない、乗れたとしても4人分の荷物が積めない。それが最大の弱点です。走行用バッテリーの積載の関係で乗れないとばかり思っていましたが、そうでも無いかもですね。特別感出すのでしたらそんな要らないですし。内装はちょっとごちゃごちゃしすぎてますから。ホンダクラリティPHEVは内装はエレガントで良いですね。

まるで高級車然。お値段は高級車ですし、シンプルでエレガント。が良いです。キャッチも「大人が5人ゆったり乗れる」とあります。

ホンダさんがこれを提供してくれたらテストするのになあ(笑)

低炭素社会はホンダと創るよ(笑)。毎日使うのには大きいですけど。そして一番はエクステリアデザイン。内装のシンプルさに比較してゴチャゴチャロボット感がいつまでも残るのですよ。

色は白でしょうけど、コバルトブルー・パールも良いですねえ。

まあ現実はこのまま乗って全固体電池の電気自動車とか出て、気にいるスタイル5人乗り(笑)が出れば、買い替えかな。

今日行くところも5年前くらいに水害にあった場所。農業の街なので同じ様な被害にあったそう。そんなことで話があうのも悲しいけど。なんとか低炭素社会を作らないといけないですから。TOYOTAとホンダ?と頑張るかな。

燃料電池車もphvもあるメーカーはあまりないですから。日本ではこの2社だけですしね。そう思えばホンダも応援しなくちゃです。

ありがとうございます。

にほんブログ村 車ブログ トヨタへ


にほんブログ村