西日本豪雨災害から蜜柑山の傷も全然消えない。

PHV PRIUSPRIME TOYOTAGAZOO Racing ZVW52 エコカー 低炭素社会 環境問題

いつもご覧くださり。ありがとうございます。もうひとつのブログトヨタ応援ブログもなかなか見てくれる人が増えて来ました。今年もよろしくお願いします。

ここから見る宇和島市吉田町の法華津湾はいつも美しい。西予市が標高210Ⅿくらいあるから急激に標高0Ⅿまで下っていくんでその差が激しいせいか

とても変化にとんで美しいですよね。

ここは、愛媛県でも一番歴史が旧いミカンの産地

ミカン山と言えば太陽とその太陽の反射光と石垣の反射光やその蓄熱された熱で美味しくなるというのが愛媛県の常識ではあったのですが

ここ吉田町は石垣がありません。急峻な山にミカンが植えられています。

その山が昨年の7月7日あの西日本豪雨災害でかなりの山が崩れてしまいました。崩れた後に草が生えたこともあって行っても目立たなくなりましたが

近くで見ればまだまだ復興されていないことがわかります。

石垣のあった地域はミカンの前に麦やイモを植えていたので石垣を作ってたのでしょうね。しかし吉田は雑木の山から木を伐採してそこへ直接植えたので

石垣が無いのかな。おそらくそうでしょう。

これをどうやって修復していくのでしょうか?再編して石垣を造るらしいです。長い目で見たらそれが良いと思いますが、再編となるといろいろ大変でしょうね。まずは話し合いで決まるのかってのがあります。

しかし、あの雨の後、なぜかここを通っていたけど、何のために通ったのか覚えて無いですね。あまりの大雨で引返したのは

そうそう友人のYouTubeでした(笑)

凄い鉄砲水でしたよ。

しばらくして、さだまさしさんを案内したのですが56号線沿いはこの世のものとは思えないくらい崩落していました。

今だ工事は続いてますし、崩落したままの場所もいっぱいあります。

しかしあの雨は尋常では無かった。3日3晩止まなかった。止まない雨は無いなんて言いながらあの時の雨は止まなかった。

雨の中避難された人も怖かったに違いない。既に崩れた後で海から船で救助した人もいたらしい。

まさかあんなに被害が酷いとはみんな思わないから避難指示が出てもなかなか逃げない。実は赤プリ子も川に囲まれてる住宅なのに避難指示で逃げなかった。

あと50㎝川が高くなったら溢れて家も浸水した。あらかじめプリウスphvは山の上に持ってあがっていた。

浸水した車も何台も見た。ベンツや86のカスタマイズカーなんかもあったね。もう浸水するとまずダメらしいです。

まあこの気候をなんとかせんといかんすね。あまり深くかけないです。

なんとか早く復興することを願います。

にほんブログ村 車ブログへ


にほんブログ村