ホンダクラリティPHEV.すごいパワフルで走行距離もすごい。でも588万。これは売れない。

PHV PRIUSPRIME TOYOTAGAZOO Racing エコカー エネルギー問題 プリウスPHV 低炭素社会 未分類

ホンダから出ましたね。素晴らしい性能のphvが。よりEVよりだからアウトランダーPHEVと同じくPHEVと表現しますね。しかしこれは売れないでしょうね。値段が高すぎる。

しかし、考え方は当然ですね。TOYOTAもHONDAも本当に売りたいのへFCV燃料電池車。しかし、水素社会を目指すにはあまりにもおそまつなインフラ。販売もインフラの整備も比例して拡大しないといけないけど、比例して伸びてませんよね。まあこれはどちらか一方が先に進むものでは無いですし、まだ売れるものでも無いので仕方がないですよね。FCVはまだまだ先の話ですけどこんなに温暖化で被害の多い日本にあって自前のエネルギーも少ない。

水力なんかは水がたくさんあって、急峻な川が多い日本にこそぴったりなんでしょうけど、作り方や使い方やその後のメンテナンスが悪いんでしょう。今回の被害をおこす要因になってますね。本来は治水の目的も多いのに。

他の自然エネルギーもいろいろ問題があって、風力はまず季節を通して風が吹かないし。太陽光も安定しないエネルギーであるのに、増えすぎていろいろ弊害を起こしているしね。

水力をうまくコントロールできない日本には水素が最後のとりでかもしれません。

でもまだ早い。EVもまだリチウムイオン電池採用である限り早すぎる。

全個体電池(ソリッドステートバッテリー)が完成するまでにはまだ数年かかるしFCVはもっと時間がかかる。

その間phvやPHEVに手を出してつなぐというのは正に正解ですよね。

でもこのphvもプリウスphvくらいがちょうど良いのです。8.8kwのバッテリーを積んで1800CCのガソリンを積んで。

これは価格を抑えるためには大切なことですよね。

HONDAクラリティは本体だけで588万円もします。あカプリコの下から2番めの太陽光パネルを積んだプリウスphvは430万円で乗れました。これでも高いと思いましたけど

クラリティは高すぎますよね。

phvの良さは短い走行距離だが毎日の通勤には使える!

ここがとても肝心ですよね。

34km往復の赤プリ子はほぼ2往復できますから。それでいて空になっても2時間20分でフル充電できますからね。寝てる間に充電出来ることが大事なんですよね。

14時間とかかかる電気自動車。その間急な用事があったときにどうするんですか?急病で病院行きたいとき充電が空だったら???

その点赤プリオは1300kmくらいHYBRIDモードで走行可能ですから

それでいて燃費は良いですしね。ギリギリ電気で走れる走行距離。これが味噌ですよね。それによって短時間充電、安い本体価格。(といっても高かったけど)

プリウスphvもクラリティPHEVもカリフォルニアとかの規制による商品ですよね。今までのHVでは本当の環境適合車とはみなされないと

それはホント日本ももっと見習うべきですよ。こんなに温暖化による被害が多いのですからね。

まあ何も進まない国の責任でもありますけど

排出ガスを思う存分出している車のオーナーの責任でもあります。メーカーの責任が一番だと思いますけどね。

もう少しクラリティとプリウスphvの比較をしたいのでまたブログりますが今回は疲れたのでこのくらい。

にほんブログ村 車ブログへ

にほんブログ村


にほんブログ村