VW GOLF CONECT発売!

エコカー プリウスPHV

来年はコネクテッド・カー元年でしょうね。

今年発売にはなりますけど

VWしかしTOYOTAプリウスしかり

多くの新型がコネクテッド・カーになり

世に出てきます。

main

排ガス不正問題で揺れるVW

2万人ものリストラ策や

銀行のバックアップ策等発表しているがそれでは

手元の資金が足りなくなる

 

EVやPHVも発表しているがそうクリーンディーゼルから

 

最新のエコカーにシフト出来るものでも無い

 

一番はクリーンディーゼルでは無かったということですね。

 

石油からガソリンなどを精製する時に軽油はどうしても出来てしまうから

使わないと行けないし、低速トルクがあり、燃費の言いディーゼルは

ヨーロッパを中心にまだまだ人気ですから

 

クリーンディーゼルのイメージをアップさせる必要もあります。

しかしVWの販売において好調なのは

 

不正車両からの買い替えの優遇と

今回の様な特別仕様や新車で割安感を出すしか無いのですね。

 

日本でもTOYOTAや日産やホンダより一歩上の値段で

ちょっとステータスもありって

感じで今まで販売されていましたが

この様な割安販売戦略で

 

一歩下くらいになりましたね。

今回のGOLF CONNECT /GOLF Variant CONNECTは

最新のモバイルオンラインサービス

VOLKSWAGEN CAR-NET のGUIDE&INFORMサービスに対応し

VICS交通情報を利用した先進のナビゲーションはもちろん

音声認識での施設検索、駐車場検索、ガソリンスタンド検索、車の

 

メンテナンス情報の表示、Google Earth(TM)(Google Incのサービス)

との連携など、快適・安心な運転環境をサポートする機能が満載。

スマートフォンと接続してリアルタイムで様々な情報を引き出すことが出来ます。

多彩なネットワークで拡がる次世代のカーライフが可能ですね。

 

ディスプレイは8インチ

接続はスマートフォンやWi-Fiルーターを持ってないと

接続出来ないようですね。

img03

 

TOYOTAはプリウスphv等T-Connectというサービスで独自に

繋がるから3年間その接続料が無料ですから

 

その後も格安の予定だし

とても楽しみですね。繋がることで色んな可能性がありますからね。

サービスのコンテンツも大事ですが

繋がるということだけで双方向の情報のやりとりか

可能性をすごく感じます。

 

GOLF Connectもすごくコンテンツは充実していそうですが

既存のサービス

Google Earth(TM)(Google Incのサービス)やVICSなど

かなり使えるものがあるので

 

差別化は難しいと思いますね。

Guide&Inform機能は3年間無償らしいですが

うーん。考えさせられますね。

 

リポートしたいです。