新型プリウスphvの新装備 ソーラー充電システム

プリウスPHV

新型プリウスphvのどうしても欲しいオプションの一つが

これです。

屋根の上に搭載したソーラーパネル

 

30系のプリウスHVにも搭載可能でしたが

社内の空気を入れ替えるファンを駆動するためだけの

電源しか確保出来ませんでした。

 

 

img_01-1

 

これはれっきとした駆動用の電源になります。

 

車両のルーフに搭載した大型ソーラーパネル(ソーラールーフ)

により太陽光発電を行い、その電力を駆動用バッテリーおよび12V

バッテリー系統へ供給するソーラー充電システムを新開発。

 

充電スタンドがない駐車場や災害等で停電した場合でも

 

太陽光さえあらば特別な操作をすることなく駆動用バッテリーの充電が可能です。

 

しかししかしですよ

 

180Wなんですね。

 

これはパソコンくらいしか稼働しませんね

 

5時間充電しても900Wなので 5㎞くらいしか走りませんね

 

でもこのオプションが欲しいのは 自給自足を訴求するのに

一番相応しい充電方法だからです。

 

家のコンセントもデパート急速充電も使わずに

そして給油口からガソリンを入れなくても

 

走る。まさに自給自足と言えるじゃないですか。

 

満充電にするのに1週間かかるし満充電しても

 

およそ60㎞くらいしか走れないですけどね

 

そこはあまり期待してはいけません。

 

実際に使うのはショッピングモールの充電スポットが

埋まっていた時に

 

炎天下の駐車場に停めていかにもソーラーだけで

充電してますと涼しい顔で

車を離れ車に戻るだけで

自給自足のアピールで優越感に浸る時と

 

災害時の緊急電源として使うだけです。

パソコンやスマホの充電等には

十分使えますから。

そういった時には

 

プリウスphv自体を動く発電機をして

電源にいる場所に赴き

 

積んでいたガソリンで電気を創ってあげましょう。

 

1500W同時に使えるので

炊飯器やちょっとした

 

料理に使えるはずです。

 

もちろん通信用にも

 

ソーラー発電はアピール用です。まだまだ。

 

まあ2月に実際に購入してリポートしますから

本当に購入して

 

ソーラーパネルのオプション選択をどうしようかと

今回のブログでも決め兼ねてる人は

 

もう少し待って下さいね。