プリウスphv試乗した。細かいところまで写真撮ってきた。

エコカー プリウスPHV

プリウスphvを運転してきました。高速でも少し飛ばしてきましたよ。静かながらこのパワフルでトルク感あふれる加速は良いですね。しかし太陽光パネル搭載車はまたまた遅れますって。アカプリ子困ります〜。

本当は昨秋の予定でした。発売がそれがどんどん遅れ遅れてこの冬になりそして2月15日になり納期が4から5月ですって。

その遅れた原因がこのカーボンのバックドア。と言われていますね。カーボンのクロスの模様がそのまま出て固いものを挟んで表面の樹脂が剥がれると

エポキシ樹脂でないと修復できませんね。まあアルミのドアでも一緒でしょうけどね。まああまり軽さは感じませんでした。ここにカーボンを活用した理由は、私アカプリ子が思うに高価なリチウムイオンバッテリーを保護する為だと思いますよ。アルミだとクシャッとシャゲてしまいますから。

ここのカーボンを使うことによってどちらかと言えば反発力が高いのではねかえってしまいますから。反発力が高いのはゴルフのドライバーのシャフトに使用されてたり、テニスやバドミントンにしようされていたりしますから要するに反発力が強いのですよ。でもこのドア自体も金かかってますから衝突しないようにブレーキランプの量も増やしたんですね。かっこ悪いテールランプのプリウスHYBRIDを変えたいというところもあったのでしょうけどね。

重さ的にはアルミもカーボンも変わらないと思います。きっと。カーボンの方が今回は重いかもしれませんね。なんとなくですよ。なんとなく。

さてさて次の細かいところはタイヤですね。ブリジストンエコピアが奢られています。

サイズは195-65-R15ですね。15インチアルミホイールは樹脂のカバーがされていていつも思うのですが、安っぽいですよね。空気抵抗を考えてのことらしいですが、アルミ地のまま空気抵抗も良くできると思うのですがなんとかなりませんかねえ。そしてメーカーオプションで17インチとか18インチ

中には19インチなどの大径ホイールに変更されている人がいますがこれ止めたほうが良いですよね。

それは燃費が悪くなるからです。

どれくらい燃費が悪くなるかと言うと

EV走行距離が 68.2km→55.2km になります。約2割も落ちますね!

ガソリン使用時の燃費が 37.2km/リットル→30.8km/リットル こちらは16%落ちますね!

1kwhで走れる距離も 10.54km/kwh→8.65km/kwh  これは18%

一律の落ち方では無いのが不思議ですがいづれにしても2割近く燃費が悪くなるわけで、この数字を見せられましたらわざわざ低扁平率タイヤと大径ホイールにしますか?まああまり燃費を気にしない方は良いですけどね。究極の低燃費車として購入するので、とことん燃費は追求しますよ。

しかし昨日の試乗ではアクセルを踏みすぎましたが本当に調子良いですね。とてもパワフルでトルクフルです。それでいて静か。おすすめですよこれ〜

 

店頭では石原さとみさんがプリウスブルーの背中のあいたドレスを着て待ち受けてくれてました。背中のあいたというのが店頭では見えませんでしたけどね。しかしCMでは90秒編もあるのですね。

<<ポチッとオ・ネ・ガ・イ>>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村