新型プリウスPHVの燃費

エコカー プリウスPHV

新型プリウスPHVの燃費は?

 

car_img

かなり良くなるでしょうね。

HV性能でも37km/リットル(JC08モードTOYOTA社内測定値)です。

ハイブリッド車としての燃費です

●従来型プリウスPHV :31.6km/リットル

●現行型50系プリウス:40.8km/リットル(Eグレード)

:37.3km/リットル(2WD)

:34.0km/リットル(4WD)

 

ですから 普通の2WDの軽いハイブリッドと同等ですね

110kg程度 プリウスPHVの方が普通のハイブリッドより重たい

ですからこれは秀逸ですね! 

 

しかしこれに安堵してHV走行はしてはなりませぬ!

(真田丸風におねがいします)

なぜならプリウスPHVはプラグインハイブリッドだからです

 

これをお読みのみなさまはプラグインハイブリッドってご存知かとは

思うのですが

 

プラグが付いていてそれをコンセントに刺すことで

充電が出来るって事ですね

 

新型プリウスPHVは徹底的にフリクション(抵抗)を排除し

徹底的にエネルギーの回生に勤しむような設計をされたんでしょうね

 

それは時に涙ぐましいことだったと思います

回生エネルギーについては

TOYOTA自動車は

 

減速時またら停止するシーン(交差点など)の手前では、早めにアクセルと戻すことでバッテリーへの回生量が

増えて実用性燃費向上に貢献します。新型プリウスPHVでは、ドライバーの過去の運転傾向から 減速・停止の

可能性が高い地点を蓄積して登録。その地点に車両が接近すると、早めの「アクセルOFF案内」と

エンジンブレーキの効果を高める「回生拡大制御」を実施し、理想的な減速となる様に支援します。

 

難しい表現ですね

 

まあ普段は抵抗(フリクション)の少ない運転をしますが、停止時にはドライバーの

癖を覚えていて、より安全にエンジンブレーキを使って停めます。

その折にはその抵抗を利用してタイヤの回転エネルギーを電池に戻します!

 

って事ですよね?

 

細かいエネルギーを回収する術ですけど

 

いちばん大事な事は家庭用電源から充電すると言うことですね

エネルギーのインフラとして電気は欠かせないもので

もちろんガソリンも欠かせないものですけど生活により密着しているのは

電気です

ガソリンはどちらかと言えばまだまだ贅沢品ですし

限り有る資源で使いやすいですけど後世に残したいものです

 

電気は石油、石炭、天然ガス、原子力、風力・水力・太陽光等の自然エネルギーと

 

色んな方法で作り出す事が可能です

ガソリン代の半分は上記の理由で税金が高いのですね

揮発油税とかに消費税が加算されています。

 

電気は生活に欠かせないものですから安いです

一時期よりかは高くなりましたけどね

 

昔の深夜電力契約しているところはとてもお得です

深夜電力というのは23時から朝7時のことなのですが

この間に充電すれば1/3の料金です

 

TOYOTAプリウスPHVの良いところは8.8kWと言う

丁度良い大きさのバッテリーを積んでいるところです

これなら単相200Vなら2.5時間ほどで

充電できるからです。

 

この8時間の間に充電を済ませれるってところが

ミソですね

 

また充電については何度も触れさせて頂きます

実車がまだ来ていないので実車レポートが命だと想ってます。