三菱の軽トラが欲しい!

エコカー

兎に角電動車が良いですね。モーターで走る時は二酸化炭素出ませんからね。低炭素社会を目指すアカプリ子としては徹底的にPHV や電気自動車(EV)を押しますよ。ただまだまだ航続距離の短い電気自動車よりも圧倒的に航続距離の長いphvがオススメですけどね。プリウスphvが一番良いです。今のところは。

航続距離が短い→長くするためにバッテリー容量を大きくする→重くなる→高くなる→充電時間が長くなる→時間が束縛される→時は金なり→充電時間が大切な時間を失う事になると

良いことはあまりないですから。プリウスphvを買って低炭素社会を目指すアカプリ子。その経済ぶりと環境性能を報告致します。

さて軽トラ便利ですよね。田舎では。しかし今や軽トラはダイハツとSUZUKIが多くのブランドを造ってて個性が無いんですよね。

ホンダアクティトラックもあるけど、イマイチですよね。色んな活動をするにあたり軽トラを買うとしたらこれですよ。これ三菱I-MIEVトラック

 

一番の売りはリチウムイオン電池を積んでいるのにとても安いということですね。メーカー希望小売価格(消費税込み)1582200円ですよ。おまけにクリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金110000円もありますから普通の軽トラに近くなりますね。

リチウムイオンバッテリーも10.5kwですからプリウPHVよりも大容量です。

航続距離は104kmですね。実際はこんなに走らないかもしれませんが軽トラとしてはなんか使い勝手良さそうですね。結局走行距離を伸ばすためには充電時間を長くしないといけませんから。

今のところ電池がまだまだ進化の途中ですから、毎日同じ距離を走るんだったら走りきる距離の方が良いですからね。無理に大きくしたら電池が高く重くなるし電気代の安い時間帯に充電出来ないしこれくらいが軽トラににとっては丁度良い気がします。

しかし駆動用バッテリーはTOSHIBA製ですね。三菱さんが東芝を使用するなんて不思議なものですね。いくら別会社とは言え。モーターは評判の良い三菱製品だとは想うのですけどね。

しかし東芝も揺れに揺れてますね。粉飾決算から問題がゴンゴンじゃんじゃん出てます。アメリカの原発会社を購入したのも大失敗ですよね。その後311もありましたしね。運が悪いとしか言いようがありませんが、ホント質実剛健な感じの三菱や東芝などがこのような状況になるのはショックですね。

最近では三菱重工も飛行機や船であたふたしてますしね。なんとか踏ん張ってほしいものです。

<スポンサードリンク>
口座開設

<ポチッとオ・ネ・ガ・イ にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村