石原さとみさんの宣伝するプリウスphvの走行性能についてあまり書いて無かった。

公開日: : プリウスPHV

プリウスphv

注目されるのは

経済性ですよね

充電方法もたくさんあるからドライバーというか消費者は迷いますよね

 

旧型プリウスphvは急速充電器には対応していなかったので

どうしても家庭用電源の取りづらいマンション住まいの方なんかは

なかなか選択肢のひとつとして上げれなかったけど

今回は急速充電器にも対応しているし、ソーラー発電のCMしているから

青空駐車の多いマンションでもオススメですよね

現実には180Wの出力なので28万円もするオプションの元はとれませんけどね

 

1年ソーラー発電により充電しても約1000kmしか走りませんからねえ。深夜電力で充電すれば

1000km走っても1200円程(電力会社や契約種別により違う)元を取るには200年以上掛かります。(笑)

 

しかしこのブログではその走りについて書いて来なかったですね。

プリウス35phvや現行のプリウスHVと比較してもそのスタイル以上に違うのは走りの性能かもしれません。

デュアルモーターDriveを搭載しているからです。

 

旧型プリウスphvがモーターで引っ張れなくなりエンジンが始動していた時(要するに過度な負荷が掛かった時に)新型プリウスphvはジェネレーターを駆動用モーターとして使うことが出来ます。

 

そしてバッテリーの容量が倍になり旧型プリウスphvがevのみでは26.4kmしか走れなかったのに

新型プリウスphvは60km走ります。バッテリー容量が4.4KW〜8,8KWになったので単純に

倍では無くてその間、転がり抵抗の軽減や、回生エネルギーの回収率の向上、バッテリー性能の向上により

 

倍以上になった。 

 

そして静かな走りが欲しいときには何キロで走ったらエンジンが掛かるのかも気がかりですが

旧型は100km/h 新型プリウスphvは135km/hまでエンジンが掛かりません

 

高速道路を走る時に音楽を聴きたい時などはありがたいですね。

 

トヨタさん 表にされてましたので 見やすいでしょ?

ハイブリッド燃費も31.6km/リットル矢印37km/リットル

まで向上していますから楽しみですね


<スポンサードリンク>


 

 

 

そして今回から大きく変わったのはTNGAという

プラットフォーム

低重心になり空力も良くなり燃費も走りも良くなりました。

 

50系プリウスHVで走りを確かめました。

あまり良くわかりませんでしたが

 

実車が来てからDriveレコーダーに録画して

アップしますね

今しばらくお待ち下さい

早く実車来ないかなあ

 
<にほんぶろぐ村参加されませんか>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

本日はロングドライブ 122.4kmくらいの予定です。

高速ですから近いし1時間と30分位で着くでしょう。まだ出発しませんけどね。寒いから。信頼しているGo

記事を読む

でんきではしるとトクをする TOYOTA☓YONDEN 四国でも電気で走るとポイントが貯まります!

新型プリウスPHVになってから各電力会社との連携で色々ポイントチャージとか出来るようですね。

記事を読む

日本カー・オブ・ザ・イヤーはプリウスを抑えてインプレッサに!

日本カー・オブ・ザ・イヤー 12月9日に今年 発表されましたね   イ

記事を読む

プリウスphv ライバルの最右翼 日産ノート 30年ぶり 販売トップ

日産車がおよそ30年ぶりのトップとなった 11月の新車販売ランキングで   &n

記事を読む

プリウスのライバルになるか スズキ スイフトに HV

SUZUKIは世界戦略車「スイフト」 を全面刷新し 2017年1月初めに発売する。 ハイブ

記事を読む

EV化に反対の人もいる。考え方が違いますからね。リチウムイオン電池から全固体電池に変わるとEVは良いですよ〜。

プリウスPHV専用WHMの指示数は510.4kwh 昨日が504.5kwhなので510.4kwh&#

記事を読む

【ガソリン112円/リットル!】 新型コロナウィルス感染症のせいで安くはなったが電気だけで走るのとハイブリッドモードとどちらが安くつくか?

電気のみで走るのと ハイブリッドモードで走るのと   どちらが安い?

記事を読む

フォルクスワーゲン(VW)パサートに「TSIエレガンスライン」

VWことフォルクスワーゲンからパサート 新グレード 「TSIエレガンスライン」を発売  

記事を読む

TOYOTA自動車 「EV事業企画室」12月1日発足 豊田章男社長の直轄組織に

TOYOTA自動車 「EV事業企画室」 12月1日発足 豊田章男社長の直轄組織に  

記事を読む

TOYOTAの今年。ルマンは勝つか?WRCは何度表彰台に乗るか?苦心のHVは復調なるか?phvは売れるか?

新年明けましておめでとうございます。色々考えさせられる平成30年ですね。トヨタにとっても正念場です。

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. […] TOYOTA新型プリウスphvを頼んだアカプリ子。本日が発売日ですね。ディーラーからカタログが届いてました。まあカタログを手に入れる前にインターネットでかなりお勉強しましたから新たな発見はほとんどありません。ipod対応USB/ HDMI入力端子がディーラーオプションで9720円というのを気づきましたね。あとETC2.Oがページによってお値段が違うのですが。27000円〜33000円。何が正解? 後EVだけでの走行距離。満充電で走る距離が60km以上から68.2kmと具体的な数字になりました。11.6インチのナビとETC2.0の連携とかもインプレッションしないといけませんね。 タイヤサイズも215ー45ーR17にしたら燃費が極端に落ちますね。結構ロープロファイルタイヤはロードノイズ拾うし、37.2km/リットルの燃費が30.8km/リットルと17%も悪くなるんですね。これは何もインチアップしなくても良いですよ。高いカネ出して。乗り心地も固くなるしね。とにかく今乗っているクルマではかなりタイヤで苦労しましたから。タイヤの交換コストがかからない195/65/R15で良いですね。スタッドレスタイヤ様に15インチのアルミホイールも色々探していたけど、TOYOTATRDで、美しいデザインがありましたよ。しかしTOYOTATRDとTOYOTAGAZOO Racingはいつのまに逆転したんでしょうね。TRDもTOYOTARacingディベラップメントの略ですからねえ。 そしてリチウムイオンバッテリーの容量と一充電消費電力と比較したら充電時の方が少ないのですね。電気工事士持っていてちょっと理解できませんね。リチウムイオンバッテリーの容量は前からしっていたように8.8kw。一方一充電での消費電力は6.47kw。電力消費率は10.54km/kwhなので6.47kw✕10.54=68.1938kmは68.2km。実際にこの走行距離は達成できる時もあるはずです。気温や起伏によって全然ちがいますから、いつもこういうわけにはいかないとは思いますけどね。 それで単相200Vの16アンペアで満充電するのに2時間20分しかかからない。その謎が初めて溶けました。それならもっと電気代も安くなるかもしれません。 極力この家庭用単相200V以外の充電方法は選択しない方が良いですね。 本日、ニュース番組はみましたが、CMはまだみていませんね。すでに予約は8000台。売れすぎですね。私の納車が遅れるかな。そして本当に経済的な充電方法をみなさんがされるのか少し不安です。充電方法と電費。詳しくレポートしますよ。 <スポンサードリンク> […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

【3年目車検安い!!!5万円】プリウス PHV初めての車検は何と!5万円でした。

プリウスPHV 3年目 初めての車検は 何と5万円!ポッキ

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>