赤いトヨタ2000GT と同じ赤にしたzvw52プリウスphv 200V電源工事

赤いトヨタ2000GT

 

 

 

トヨタ2000GTの赤!初めて見るかもしれない。

近所の毎年開催されるクラシックカーのイベントに参加してきた。参加と言っても見学だけですけどね。

なんと入り口の一番言いところに鎮座ましましているのはトヨタ2000GTでは無いですか?それもアカプリ子プリウスPHVと同じく赤い色。

これは心ときめきますね。隣のFerrariがかっこよく見えない。それくらい美しいデザインですね。

ホントこのデザインはクルマの中での秀逸ですね。

内装も木目を使っていてキレイですね。内装は初めて見ました。流石ヤマハが仕上げていますね。エンジンもヤマハですよね。

アカプリ子はこのラインが一番好きなのです。こんなデザインが出来る人が当時いたんですからね。デザインからここまで仕上げた職人魂も凄いです。

この横からのラインもたまりません。ノーズがとても長いのでフェンダーミラーも邪魔な感じがしませんね。砲弾型でカッコイイですしね。

近くのおじさまが話をされていましたが

このホイールが標準ですよね。マグネシウムですね。タイヤは安そうなブリヂストン スニーカー。165/80/15ですね。

細くてめちゃ扁平率が高い。今では考えられないサイズですね。245/35/20とか平気で使いますからねえ。タイヤ交換の事を考えて無いですね。

アカプリ子のプリウスPHVも標準で付いてるエネサーブ。195/65/15のまま行きますよ。サイズは。いづれレグノにしたいとは思いますけど、サイズはそのままですね。

本日、トヨタ2000GTのタイヤサイズ見て十分安心しました。扁平率を下げ太いタイヤにするとロードノイズを拾い、なおかつ、燃費が20%も悪くなりますからね。

195/65/15→215/45/17にした場合ですね。わざわざ乗り心地を悪くして、燃費を下げるためにお金を使用する必要は無いですよね。

近くのおじさまたちはこのクルマ5000万円はするよ!って言ってたけど、最高は1億2000万くらいで落札された事もあったようですね。

大体は白が多いですけど、赤も実在してて実際に走っているのですね。

そしてトヨタではもう一台これ

トヨタ800ですね、愛称ヨタハチです。この頃のデザイン本当に素敵ですよね。

 

 

他にも日産のGT−Rやポルシェスピードスターやらプリンスのグロリアや日産フェアレディZ等往年の名車がづらリでした。なんでこの頃のクルマは魅力的なんでしょ。そろそろ

トヨタも2000GTの復刻版出して欲しいですね。

 

Rocky Auto「RHV」の様に民間の会社がレプリカ造ってますからねえ。完成度が高いですけど、中身はアクア用1.5㍑のハイブリッドシステム。でも1700万円するらしいですね。それは高杉ですよね〜。それでも売れるそうですから、日本もお金もちも多いですね。

ホイールもそっくりですね。1トンを切るそうですからアクアのハイブリッドシステムでもよく走るんですかね。動画の方がわかりやすいですから見て下さいね。

 

 

 

ジャガーのXKSSも数台復刻させましたからね。メチャカッコイイですよね。これも。ジャガーが出来たのだからトヨタが出来ない事は無い。なにせ世界一の自動車会社ですからね。たった9台ですけどね。

ジャガーETYPEも復刻していますね。価格は3933万円ですね。復刻高く付きますね。

レクサスLC500のシステムを流用して販売したらかなり高くても売れると思いますよ。きっとね。

 

 

このLC500もかなり売れているようですね。凄いでデザインですね。でもアクが強すぎるんでは無いですかね。トヨタがこれからも世界販売を好調で続けるにはどうしたら良いのでしょうかね。アメリカではHVシステムを中心に陰りが見えますからね。エコカーやハイブリッドがアメリカでは受け入れられなくなってきてますからねえ。

どうしましょうかねえ。

これでCAMRYでもこけてしまったらどうしようも無いですね。20兆円も年間売り上げる巨大企業だから、大丈夫な様な気はしますが、巨人であればあるほど

 

 

小さなキズで倒れるものです。ヨーロッパではWRCのお陰で好調ですけどね。ラリーよりNASCAR等オーバルなコースでのレースが大好きなアメリカではWRCは人気が無くてWRCの影響は受けないですよね。アメリカで何をすれば受けるのでしょうか?

 

 

とにかく日本でもアメリカでも中国でもプリウスphvを売りたいですね。昨日は念願の電気工事を終えました。明日はT−Connectナビを繋ぎます。

日に日に自分に近づいてくるアカプリ男が楽しみですね。

 

電圧も206.6V少し高めですね。変電所から近いですからね。そのため充電時間も短いと思われます。2時間で満充電出来ると良いなあ。ソーラーも付けているから可能かも。充電しながら帰ってきたらね。

 

 

 

そしてコンセントもインナーガレージなので逆さに付けました。フタがあるから大丈夫なんですよ。そのフタが正立で付けた場合のコンセントの抜け防止になってるのですが、倒立にしているので必要は無いですね。しかしいつもはコンセントいくら固定式にしたとは言え抜いてますからね。

フタが無いとホコリが入って充電時に火事になってもいけないですからね。

注意しましょう。

<ポチッとご協力お願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

プリウスPHV!離れていてもリモートエアコンで冷房がつけれる。

リモートエアコン アカプリ子の購入したグレードはプリウスPHV Sナビパッケージ。あの11.6

記事を読む

最大のライバルだと思っていたNISSANリーフ。見てきた。

NISSANのディーラーに行ってきた。 新型NISSANリーフが試乗車として 置いていた

記事を読む

おお!ここのところの長距離走行であっという間に10000kmを超した。マンモスは生き返らないけど藁の活用は今からでも出来る。

ここのところの長距離走行であっという間に 10000kmを超し 10022kmになりまし

記事を読む

久々にプリウスPHV乗った。やはりsuzuki CARRYと比較するととても快適ですね。そのまま九州行きのフェリーに乗りたい。

ホント 久振りの通勤しよう。片道17kmの距離はテストにはちょうどいいのですよね。ひょっとしたら冬の

記事を読む

プリウスphvの最大のライバルは やはり三菱phevでしょうね。

VWにしても 三菱自動車にしても 本当に可哀想なのは 消費者でも 三菱自動車

記事を読む

新型プリウスphvも9200kmくらい走った。ガソリン代も135円くらいと高くなったのでよりメリットでるかな。

昨日と今日と少し寒いけど 随分と春らしくなりましたね。 明日は3月11日 あの東北大震災か

記事を読む

プリウスPHV来ました。ショップまでね。やはり赤が良いですねえ。ZVW52プリウスPRIME

赤いプリウスPHV来ました。 まだナンバーが着いて無いので乗れません。やはりこのエモーショナル

記事を読む

ZVWプリウスPHV秋になっても燃費は伸びない

涼しくなっても燃費が伸びませんね EV走行可能距離のゴクゴク小さな数字ですけどね。

記事を読む

走行しながらTVが見えるはずの装置を付けたのに見れなくなった。ナッツリターンのせいか?水かけ姫のせいか?呪いか?

プリウスphvの11.6インチのカーナビのテレビを 走行しながら見える装置を付けたのに

記事を読む

TOYOTA自動車、1月の生産・国内販売・輸出実績を発表

TOYOTA自動車苦戦! トヨタ自動車は、1月のトヨタ、ダイハツ工業及び日野自動車の生産、

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

【3年目車検安い!!!5万円】プリウス PHV初めての車検は何と!5万円でした。

プリウスPHV 3年目 初めての車検は 何と5万円!ポッキ

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>