ツインリングもてぎの様なグランピングやりたいな。

ツインリングもてぎ

ここは見習うべきところが多々ありますね。鈴鹿サーキットは3〜4回程行きましたが、ツインリングもてきは行った事ありません。鈴鹿サーキットの遊園地で活躍されていた人はお友達にいますけどね。

モビリティランド

2006年、株式会社鈴鹿サーキットランドと株式外車ツインリングもてぎは6月1日に対等合併し、「株式会社モビリティランド」として新たなスタートを切ったそうです。

1962年に日本初の本格国際ロードコースとして産声をあげ、日本のモータースポーツの普及に貢献してきた鈴鹿サーキット。

そして、1997年に日本唯一のスーパースピードウェイを擁するモータースポーツフィールドとして誕生し、「アメリカン・モータースポーツ」という新たなモビリティ文化をもたらしたツインリングもてぎ。モビリティを通して、お客様に「喜び・楽しさ・感動」を提供し続けてきた2つの企業がひとつになりました。

株式会社モビリティランドは、これまでの鈴鹿サーキットとツインリンクもてぎがそれぞれ培ってきたノウハウと力を結集し、より豊かなモビリティ文化を創造することで「喜び」「楽しさ」「感動」を広く社会に提供し続ける企業でありたいと願ってます。

スーパースピードウェイ

アメリカン・モータースポーツの導入をはかる、日本初の本格的オーバルコース。



しかし色々とやっていて面白いですね。

モータースポーツ

世界選手権/全日本選手権

・MotoGP

・トライアル世界選手権

・SUPER GT

・ツインリングもてぎ2&4レース

・全日本ロード選手権

・スーパー耐久

・全日本カート選手権

参加型レース

・もて耐

・DE耐

・JOY耐

・KーTAI

・もてぎチャンピオンカップレース

・もてぎカートレース

・もてぎストリートシュートアウト

・ジムカーナ

・もてぎロードレース

・もてぎショートコース

・MFJ関東トライアル選手権

イベント

・HONDAエコ マイレッジチャレンジ

・ENE-1 GP MOTEGI

・ENJOY HONDA

・HONDARacingサンクスDay

・もてぎスーパーアメリカンサンデー

・@GOOD OLDAYS

・サイクルスポーツ(自転車)

体験プログラム

・スポーツ走行

・4輪スクール・走行会

・2輪スクール・走行会

・サーキット・クルーズ/サーキット・ツアーズ

・サーキットカート

インフォメーション

・TRMC-S会員情報

・レースリザルト

・ポイントランキング

・コースレコード

・コースガイド

・オフィシャル募集

イベント

・夏花火

・冬花火

・今月のイベント

インフォメーション

・アクセス

・営業時間

・料金

・チケット

・年間レース・イベントカレンダー

・ツインリングもてぎ開業20周年

・団体・校外学習

・グランプリロードR123メンバーズ

・バイクでGO!

・乗り物ご利用ガイド

などなど色々と楽しそうなモビリティに触れるゲームや、イベントがありますよね。なにせPROが集まる本格的なモータースポーツが開催されるサーキットを中心にした体験型テーマパークと言うのが良いですよね。

今回記事にしたのはグランピングのキーワードで探していたら出てきたのですね。

プリウスPHVのビークルパワーコネクターの外部電源を使用してグランピングやりたいんですよね。そうこういしていたらツインリンクもてぎのサイトに辿り着きました。

今年の3/18(土)に新登場したのですね。

このグランピング・ワイドは(定員6名/4サイトで)

1区画:20m☓10m、コットン製グランピングテント、寝具、ソファー、テーブル、ハンモック、ファイヤーピット、切り株チェア(4脚)、電気カーペット、電気ポット、1ドア式冷蔵庫(冷凍無し)、マイクロファイバー毛布・加湿機能付きセラミックファンヒーター、電源付き、お食事、のぞみの湯、入場料金、駐車料金(1台)を含みます。

※2名様よりご予約承ります。

※グランピング・ワイド/グランピング/ログキャビンのそれぞれにハンドタオル付帯 歯ブラシカミソリをご希望のお客様は、チェックイン時(キャンプ場受付)にてお渡しいたします。

との事

ご利用料金は50000円〜80000円くらいとお高めですね。

でもこれ体験したいです。いや何日か行って色々勉強したいですね。

お問い合わせはこちらから。

プリウスPHVでもこのくらいの消費電力なら使えそうですね。

いづれにしても勉強のためにツインリンクもてぎ行くことにします。プリウスPHVでね。出来れば今年中に行きたいですね。
楽しみです。明後日からのゴールデンウィーク栃木県茂木町のツインリンクもてぎオススメですね。グランピングももっとオススメ!

<ポチッとお願いします>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

新型プリウスphvも9200kmくらい走った。ガソリン代も135円くらいと高くなったのでよりメリットでるかな。

昨日と今日と少し寒いけど 随分と春らしくなりましたね。 明日は3月11日 あの東北大震災か

記事を読む

TOYOTA将来はモデル数を減らす。国内の。でも地域別に造ってくれたら良い。

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

プリウスphvで走ると電力会社のポイントが貯まる。

プリウスphv電力ポイント 大手電力会社とTOYOTAが提携しポイント

記事を読む

プリウスPHV昨晩は4.5kwh消費! 電費は7.5km/kwh!

このブログを書いている理由   1.低炭素社会を創造するため 2.HV車

記事を読む

zvw52プリウスphvはじめてのリコール。

zvw52phvはじめてのリコールです。 【内容】エンジンルーム内の電気配線において、組み付

記事を読む

ルノー・アルピーヌ ルノー&日産&三菱自動車

低炭素社会を創造するために敢えてプリウスphvを注文しましたアカプリ子です。未だ届きません。そりゃそ

記事を読む

priusPHVもアメリカ安い 日本高い!!

この土日はpriusPHVに乗らず 軽四です。 いや SUZUKIの軽トラキャリーです。

記事を読む

EV走行可能距離 実走行は71kmでした。

気になるEV走行可能距離   カタログでは最高68.2kmですが アカプ

記事を読む

新型LEXUS LS発表!

LEXUSのフラッグシップLSを発表しました。11年ぶりになるのですね。 【CARVIEWより

記事を読む

もう一台のTOYOTA車 パッソのバッテリー交換。

現行型のパッソは可愛いけどTOYOTA車製では無くてダイハツ製でOEMで造っているのですよね。可愛い

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link