アメリカで一番売れてる車

エコカー

低炭素社会を創るためこのブログを書いてます。その為にプリウスphvの実車を注文しておりますが

中々私のとこまで届きません。昨秋発売がこの冬になりそれがこの春に延期されましたから。実際は2月15日発売ですね。

既に注文いたしました。Sグレードナビパッケージ。ソーラーパネル付き。本体来てない方インプレッションはまだですが、来たら毎日の走行距離と電気代、デュアルモーターの走りやソーラーパネルの笑えるような充電量。全てお知らせしますね。お楽しみに〜。

しかしそのプリウスも今や苦戦してるんですよね。アメリカのカリフォルニアなんかでは環境適合車と見なされない。ひょっとしてプリウスphvより経済的に運行出来るかもしれないのに。私は一番安く乗る方法を知ってるし提案できるのでプリウスphvにするんですけどね。1997年から売り出したphv。売れたのは良いことだし、他メーカーの低燃費車にも多大なる影響を与えた。しかし今やその普及がガソリン安を生み(シェールガス問題とか色々重なってますけどね)結果、ガソリン安になり

アメリカではビックでフルサイズなピックアップトラックが売れてHVは売れない。商売って皮肉なもんですよね。
<スポンサードリンク>



トヨタ・カムリ アメリカで一番売れている車。あのドナルド・トランプのつぶやき「トヨタはメキシコにカローラの工場を建ててんやないわよ!」の声に対して

「5年間で1兆円アメリカで投資します!」って返事した時に後ろに出てた車ですね。出来が良いですね。現行の角ばった日本のカムリより遥かに良いですね。

こんなカッコイイカムリが日本より100万円も安く買えるんですから日本の消費者もやれんです。

まずはアメリカですからねえ。確かに大消費地ですしアメリカは。日本は若者の車離れは加速していますし、人口減少も甚だしいですから。普通車のこのクラスのニーズなんかは無いんですよね。むしろ軽トラの方が売れる。

 

ホント寂しい世の中になったものです。なんというかこの閉塞感は半端ないですね。目の前の経済優先がこうさせたのでしょうね。将来を見据えて

政治も経済も商売も見てこなかった。トヨタの様なGLOBAL企業は良いですよ。世界的にはまだまだ人口は増えますし、ドライバーも車所有者も増える

しかし日本の名古屋生まれのトヨタ日本の地域が閉塞してて良いのでしょうか。この様に。もっと地域の事を応援してほしいですね。低炭素社会を創るために

そして温暖化防止の為に。前モデルのプリウスphvにならないために応援しています。その変わりにトヨタ財団で地域をもっと応援して欲しいですね。
PVアクセスランキング にほんブログ村