【ZVW52プリウスPHV最悪のトラブル‼】

PHV PRIUSPRIME TOYOTAGAZOO Racing WRCラリー ZVW52 エコカー エネルギー問題 タイヤバースト トヨタ プラグインハイブリッド 故障 未分類

約2年半。ZVW52系のプリウスPHVは概ね調子良いです。しかし2年半50,000㎞を超すと色々故障が出てきました。故障と言っても大したこと無いような気もしますがなんせ運転出来ない。エンジンがかからない状態なんでちょっと腹立ちます。

先日朝起きていよいよ出勤の時、プリウスPHVに乗り込んでスイッチを入れると

《Ready》状態にならず、ドライブ状態にならない。エンジン掛からなくて良い満充電状態の走行用バッテリーなのに走れない。単相200Ⅴで早朝には満充電にするように、タイマーをセットしている。もちろんその日も満充電であった。しかししかしですよ!!

補機バッテリーの充電量が足らず《Ready》状態にならない。

メッセージは「補機バッテリーの充電量が足らず走行できません・・・!」とかだったかな、突然の事で「なぜ?なぜ?なぜ?」でしたよ。

このプリウスPHVにはバッテリーが3個も付いてるんですよ。3個ですよ。

一個は走行用のリチウムイオンバッテリー8.8kwh。

2個目は太陽光発電の充電用バッテリー、3つ目が補機バッテリーこの2と3は12Ⅴでしょうけど。一番小さなバッテリーがダメなだけで動かないなんて。

まさに「トホホ・・・・・・」の状態ですね。

 

 

前兆はありました。2年半点検の時にバッテリーの充電量が40%くらいだ。

「アカプリオさん もっと走ってください(笑)」いやいや53000㎞も走ってるし一日100Kmくらい走ることもあるし。タイヤだって走りすぎてワイヤ出てたやん?全部の事象をリンクさせてから

咀嚼し喋ってくれよって思ったけど。

 

まあこのクルマ3つもバッテリーがあるのだから、「駐車中太陽光発電しているときに補機バッテリーの容量が足りないなら太陽光バッテリーから補機バッテリーに補充してくれよ!」

「単相200Ⅴで夜間充電中も補機バッテリーが足りないならいくらでも電気はつながってるんだからそちらへも充電しろよ!」って

メーカーのサービスマンに聴きましたら。

「補機バッテリーは運転する状態にあるときにしか、充電しないって。発火とかのリスクがあるかららしいですね。」

 

太陽光用バッテリーはどうなってるのかなあ?まあもっと説明書読まないといけないですね。

「トホホ」の状態から問題を解決すべくまずはケーブルを探したけどあるはずのものが無い!?そうか以前に軽トラ「リブラ号」が停まった時に使用したので

実家に置いてるのね

 

という事で近所の知人さんとこにケーブルを借りに。そしてもう一台のパッソと連結して充電。そくReady状態に復活!!!

それでも不安が残るのでその日は休みをもらい。実家にケーブルを取りに帰りその足でプリウスPHVを購入したカーショップへ。

ここでもやはり「チョイノリしかしてない?」「もっと走ってよ!」とか言われたけど!

 

「だから100㎞/日 走ってるやん!!」って切れ気味に

それで補機バッテリーを外し 充電することに。しかしこのバッテリーを外したが為になんとアプリが動かない。

 

それもTコネクトとマイトヨタの2つは情報が取れるけど。

クルマの駐車箇所や走った距離そしてドアロックや窓が開いて無いか?この情報は取れてるんです。

しかし肝心な充電情報やリモートエアコンのポケットPHVが動かなくなりました!

 

11月20日のまま、なんと月をまたいでしまいました。本日は12月4日このブログもさぼりがちですから、

 

あまり必要としなかったのですがどれくらい充電出来てるか太陽光の発電量はどのくらいか?やはり必要なアプリ。

トヨタカローラ愛媛宇和島店に持ち込みました。

即解決出来ず 預けることに

結果は後日報告。まだ解決していない。1週間も車が乗れない。

 

赤プリオ号最大の危機です。