【プリウスPHV2年半の不具合】

PHV タイヤバースト 故障

プリウスPHVも乗り始めて2年半

パワフルで静かで何よりも低燃費を一番気に入ってます。

乗り始めて922日 走行距離も54119㎞を指してます。

先日2年半の点検に出したときに

「もうすぐ冬なのでスタッドレスに履き替えるんだけどとりあえず前後のタイヤをローテーションしといて!」ってお願いしました。

昨年買ったスタッドレス。ノーマルのあのプラスチックカバーの付いたアルミホイールに履かしているのはブリジストンブリザックVRX2

綾瀬はるかの「ちゃんと買い!」と「北海道装着率ナンバー1」という言葉に騙されて???ブリジストンにしました。

今のところは不満点はありません。というか昨年1シーズンのみ乗っただけなのでなんとも忘れました。

夏タイヤは標準で付いていたダンロップの「エナセーブ」

40000㎞以上これで乗ったのでもうやばいなとは思っていたのですが

メカニックがローテンションをしようと思っていたら

「前輪のタイヤの内側からワイヤーが出てます。ダンロップだったら9000円/本廃棄料500円、取替工賃500円と10000万円/本で交換します!」とのこと。

こだわりの多いワタクシにダンロップというメーカー名だけでブランド名を

言わずに交渉するなんてありえません。

それに今はヨコハマ系のタイヤガーデン三幸さんという宇和島市の南の方に預けで、なんとタイヤ保管代金無料交換賃無料窒素ガスも無料!

そして次回タイヤ交換時には低燃費のブルーアース1にするつもりだったのでダンロップは考えていない!それに2本だけの交換の提案なんてカッコ悪すぎ!

という事で電話をしました。

「ブルーアースの在庫ある?」

「メーカーの販社」には「ブルーアースAE-01F」か「ブルーアースGT」

しか無い!」との事で

ブルーアースGTにしました。

「4本で7万円」保管料や次回の交換代込みなので

高く感じますが数年で元を取ります。

なにせ交換時に腰を痛めることがありません。

 

しかしこのブルーアースGT想像以上に良いタイヤです。デザインもダイナミックで良い感じです。レグノのデザインも好きなのですが街で見かけてもデザインが緻密過ぎて目立ちません。GTのダイナミックなデザインが好きです!

好きになりました!!

コーナーリングも雨の日のウェット性能も良さそうです。

さて、この内側のワイヤーは高速走行時もしバーストしたら危ないとのことで

トヨタカローラ愛媛に持って行き見てもらいました。

アライメント調整です。タイヤの傾きを調整してもらうものなのですが

良くカスタムカーでなんというか八の字というかハの字というか凄く傾けてタイヤを履かしている人がいますよね。

田舎ではあまり見ないけど

ノーマル車でも少しはハの字になってるらしく「問題なし!」との事でした。

しかし2枚目の写真を見て下さい

まだスリップサインが残ってますよね。まさか内側にワイヤが出てるなんて!

2年半点検に出して無ければ高速でバーストし、プリウスPHVこと赤プリ子

も廃車になってたかもしれません。

「タイヤは命を乗せている!」なんて宣伝もありましたが(旧い!)

ほんと気を付けたいですね。それとローテーション。5000㎞くらいではやった方が良いみたいです。まあスタッドレスとノーマルタイヤの交換時くらいで良いとは思いますが最近とても距離を稼いでたもんですからね。

ほかにもぼちぼちと故障が出始めたのでまた次にお知らせします。

「タイヤはマメにチェックしましょう!!」今回の教訓