新型ミニ・クロスオーバー PHV発表 PHV4WD EV航続距離40㎞

プリウスPHV

新型ミニ・クロスオーバー

PHVを発表しました

PHVは4WDで

EV航続距離は40km

20161026-20103011-carview-000-1-view

ミニ初のPHV (プラグインハイブリッド)

を開発していますね。

 

ミニにもディーゼルがあってハイパワーで

ディーゼルの4WDが選択できたのも

ミニやBMWのXシリーズ マツダくらいで

 

重宝してたのですが

あまりにもVW(フォルクス・ワーゲン)

 

の排出ガス不正問題から

クリーンディーゼルの雲行きが怪しくなって

 

各社 電動化が進んでいますね

 

ご存知の様にヨーロッパは一気に完全EV化を

早期に目指そうとしていますが

 

現実はまだ早くて2020年頃ですよね

 

リチウムイオン電池の性能から言って

まだまだ完全EV化は難しいんですよね

 

大容量にしないと長距離は走れない

 

大容量にするとバッテリーは重く

お値段も高い

 

そして200Vで充電すると

時間が1時間とかかかる

 

急速充電器で80%充電でも

コンパクトで大容量のマグネシウムイオン電池の

開発と

超高速充電器の開発が急がれますよね

日本では超高速の充電器は難しそうだし

 

まだまだクリアしないとEVは買えないですね

 

そういうことでプリウスPHVなんだけど

発売が遅れてて迷惑をおかけしております

 

さて新型ミニ・クロスオーバーですけど

ミニと言いますがとてもビッグになってきました。

 

今回のミニ・クロスオーバー

 

先代とはプラットフォームから変えてて

完全な新開発です

全長4299mm×全幅1822mm×全高1557mmのボディは

ミニの57年間の歴史の中で最大で

 

もはやミニとは言えませんねえ

 

前のモデルのミニ・クロスオーバー4WDも魅力的ですが

荷室がほとんどありませんでした

今回は荷室高もあり

後部座席を倒さなくても少し

 

荷室スペースがありますね

4WDで其の上燃費が良いPHVなら

 

文句ありませんね

20161026-20103011-carview-021-1-view

 

スタイルは前のモデルと気づかないくらいですね

フロントマスクをちょっと変更して欲しかったです

全体的な雰囲気は大人な感じのミニCLUBMANの方が

 

好きですね!

 

ミニの内装はとても良いです。

遊び心がたっぷりあって

プリウスPHVも見習って欲しいところです

20161026-20103011-carview-047-1-view

まだ時間があるのでÇ−HRを真似て

少し造り替えてくれんかなあ

 

さてクロスオーバモデルのPHVというと

少し毛色が違うようですね

 

名前は「ミニクーパーSEカントリーマンALL4」

日本ではカントリーマンがクロスオーバーに変わりますが

 

最高出力136PSの1.5リッター3気筒ガソリンターボに

88PSの電気モーターを合わせたプラグインハイブリッド

 

システムですが

 

ガソリンエンジンはフロントをドライブするために

モーターはリアをドライブするためにあり

4WDですね

燃費は47.6km/リッター

 

電力契約により深夜電力をうまく利用すればもっと

いきそうですね

 

リチウムイオン電池も7.6kw

とプリウスPHVの8.8kwとほぼ

同じ

 

ほぼおなじで4輪を駆動する

 

これは面白いですね

プリウスPHVと同時に比較しながら

テストしたいですね

 

燃費が良い車でスノボに行きたい人は

これおすすめですね。

目立ちますし

個人的にはクラブマンの方が好きですけど

同じシステムを組むのならクラブマンが

良いですね

ロードクリアランスが低くなりますけどね