プリウスphvのライバル日産リーフの充電器使い放題プランを2000円に引き下げ!

エコカー プリウスPHV

プリウスphvの記事を書く時に

かなり出演して頂いた日産リーフ

技術の日産がいち早く世に出してきた電気自動車ですよね

 

当初は24kwのバッテリーを積み最新のリーフは30kwのバッテリーを積んで航続距離

の問題を解決してきました。

1125564

 

今回日産自動車は「リーフ」オーナー向けサポートグラムを

改定、月額2000円で急速充電器が使い放題となる

 

「日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2」

(ZESP2)

 

の加入受付を12月1日本日より開始した

 

日産ゼロ・エミッションサポートプログラムは、日産販売店や

高速道路SA や

 

コンビニなどに設置された、日本充電サービス(NCS)

 

が運営する全国約5600基の

 

 

急速充電器が定額で使い放題になる日産EVユーザー向けプログラム

今回改定するZESP2は一部プログラム内容と料金体系を見直すことで

よりリーズナブルは価格で、利便性を高めたプログラムの提供を実現した。

 

従来、NCS急速充電器が使い放題となるスタンダード月額3000円で提供

 

していたが、2000円で使い放題となる「使いホーダイプラン」に改ためた

また月額1000円でNCS急速充電器を15円/分で使える

「つど課金プラン」も合わせて用意する。

 

しかしなんか根本的なものが

違う気がしますね。

リーフが売れないのは

 

ただ単にかっこ悪いからです。それとやはりバッテリーの進化が

日産の開発陣の想いについていけて無いのが

現状です。

 

日産はバッテリーを子会社で創ってました。

まあ自社製品みたいなものです。

 

しかし今回 社外品を調達するようにしたのです。

リチウムイオンは製造コストが高く付くんですよね

 

 

日産は自社製品に留めておき、リチウムイオンを

高容量、コンパクト、短時間充電、長寿命とか

他社にアドバンテージを取りたかった

 

から自社にとどめておきたかったのかもしれません

 

しかしリーフの販売も目標ほど伸びず

よってリチウムイオンも思うように改良できず

手放す羽目になったのでしょう。

 

やはりマグネシウムイオンの開発が急務なのです

 

今回の2000円/月にしたところで

リーフが爆発的に売れ出す訳が無いです

 

とりあえずかっこよくしませんか?

 

200㎞も走らず急速充電器を探しながらの

走行はストレスが溜まります。

 

体に良くないです。

 

トヨタには中途半端なモノは作らず

マグネシウムイオンの電池が開発されてから

発売してほしいです。

それまではプリウスphvです。

ここ4年間は

 

プリウスphvを考えられてる人に

このブログはあります。

来年2月に即手に入れてレポート

いたします。

しばらくお待ち下さいませ。