田舎にフェラーリとランボルギーニが来た!

未分類

西予市宇和町田野筋地区に

 

フェラーリが来ました

dsc_8034

ランボルギーニもです

 

dsc_8042

 

これは秋の秋穫祭をその田野筋地区で

やったのですが

 

その名前の通り田んぼしか無いようなのどかな田舎なのですが

 

そこにフェラーリやランボルギーニもですがMaserati ポルシェ

ロータス等スパーカーがやって来ました

 

まあ客寄せパンダでしょうが

 

此の地区に一人だけスーパーカーをお持ちの方が

いらっしゃってその伝手で

呼んだらしいですね!

 

子供たちに乗車体験をしていました。

(大人たちも乗ってましたが・・・)

 

こんな夢がある企画は良いですよね

 

子どもたちもいつかはスーパーカーに乗ってみたいと!

 

1つだけあったランボルギーニはウラカン

フェラーリは3台 460と

カリフォルニアかな?

 

このフェラーリとランボルギーニはイタリアの

スポーツカーメーカーですよね

 

ランボルギーニは元々トラクターのメーカーだったので

 

まったく不釣り合いとは言えませんね

 

ランボルギーニの正式名称は

ヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルリッチオ・ランボルギーニSpA

 

1990年以降フォルクスワーゲンVWグループに属しています

だからスーパーカーでも4WDが多いんですね

 

本部はボローニャ県 サンターガタ・ボロネーゼであり

ライバル関係にあるフェラーリの拠点モデナ県・マラネロ

とは直線距離にして20㎞しか離れていないそうです

 

1978年にあのBMW

から委託されていたM1の生産の遅れから

倒産したんですね

一度 なんとも奇遇

 

M1

th-6

 

 

この2つのメーカーライバルと言われて長いですけど

 

Designは全然違いますよね。

 

3次元曲線 局面を上手くデザインしたフェラーリ

シンプルで伸びやかな直線で作られたランボルギー二

 

ウラカンは初めてみたけどシンプルで美しいですね

なんかマンタとかエイを彷彿させますが

 

 

このガルウィングが有名ですよね

th-2

 

しかし今やどんどん洗練され続け美しいですよね

今回実車見て フェラーリより良いかもって思いました

 

まあフェラーリが最新の488GTBのスパイダーでも

あればそれに釘付けだったのでしょうが

 

やはりF430とか今見たら古臭いですよね

 

やはり最新のカリフォルニアとかウラカンが

今の車って思いますが

 

この488GTBスパイダーは ほんと別格のDesignの様な気がしますね

th-3

いつかは乗りたいものです

そう言えばフェラーリ DINOの復活も考えられている

様ですね

 

夭折した(若くして死んだ)フェラーリの社長の息子の愛称

DINOから採った名前

フェラーリ DINO

 

小型で3.0リッターの小さな

(フェラーリにしたら)

積むそうです

 

この美しい インプルなDesignなら

長く愛されそうですね

 

現に中古車市場では億単位の金額になっております

 

th-4

 

新型の予想図はこちら

このDesignで2500万円程度と

言ってますね

th-5

主に3リッターを超えたら税金の高くなる

中国向け

 

中国の富裕層のバカ息子向けですかね

 

ちなみにフェラーリ 1973年式のディーノ246GT

は4780万円ですね!

 

買っときますか?