最近GRの宣伝多いです。まあ豊田章男社長が創ったんで仕方が無いか?

GRプリウスPHVやGRハリアー宣伝してます。
久々の新型SupraもGRから売り出すんですよね。

社長の息が掛かってると違います。
中古車の画像と動物園のZOOを足して
造った造語。

今やレース部門もWECやWRCのレース部門も
トヨタGAZOOracingとして頑張ってますしね。

素晴らしい活躍ですし、出てくるマシン群も素晴らしい。
はっきり言ってGRプリウスPHVの造にはちょっと嫉妬です。

しかし、GRでしたらこのエモーショナルレッドの赤は
選ばず白でしょうね。この派手なフロントマスクには
赤が似合うとは思います。

最近ではマイナス1℃なんて日もありますから
いくら超低速の超低燃費運転でも40㎞くらいしか
走らない日があります。

暖房設定温度は26℃。オートに設定していると
コンプレッサーの音がたまらなくうるさいです。

エアコンの重さも極限的に軽くするために
小さなものにしているので、負荷が掛かるときは
うるさいとネットでは書かれてます。

しかしあまりにも大きな音で
電気で走って静かだとは言え、気になるので
ディーラーへ持って行きます。

本来は先週行く予定でしたが
ダブルブッキングで行けずじまい。来週でも行きます。
みなさんはどうですか?この時期のエアコン。暖房時の
負荷が大きい時に気になりませんか?

音と言えば、タイヤ。やはりスタッドレスタイヤの
音は響きます。

今のサマータイヤダンロップのエナセーブは
流石にスタッドレスタイヤほどでは無いです。

まあ冬のスタッドレスタイヤは致し方無いとして
エナセーブの後継者はブリヂストンレグノGR-Ⅹ2
にしたいと思うのですが、いかがですか?

ついでにパッソのエナセーブは4万㎞位乗ってて
サイド部分に亀裂が入っているのですが小さなやつ。

これはダンロップだけの特徴では無いですよね。

このパッソのエナセーブの後継にはダンロップ
ルマンⅤにしたいと思っています。

アルミホイールとタイヤを置いてくれる
お店は横浜タイヤのお店なのですが
なんせパッソに合う165 65 14のサイズが
最廉価盤のエコスにしかない。

ブルーアースシリーズに在っても良いんや無いのって思うけど。

エコスはタイヤフッドでも3900円くらいなんで
安いのですけど。

折角アルミホイールも買ったのに
一本の価格が台湾製より安いというのもどうかなと。

今のとこ雪の心配が無ければ発注して
パッソには、ダンロップルマンⅤ
昨年トヨタが初優勝したのでその記念みたいだし(笑)

プリウスPHVには
①ブリヂストンレグノGR-X2
②ヨコハマタイヤブルーアースGT
③ヨコハマタイヤアドバンDB

です。

求めている性能は
①静寂性
②低燃費
③ロングライフ

の順番です。

もちろんそれらのバランスが取れたやつが良いです。
まだ標準装備のエネサーブの山が半分は
あると思うので、今年の秋以降か来春くらいですか?

ブリザックを選択したのも
昔 ブリザックにしたときに夏用
タイヤより燃費が良かったから
高速安定性も「さすが世界ナンバー1」の
タイヤメーカーだと
確信したからなのですが

なにせタイヤについては良い想いでが少ないのです。
どちらかと言えば苦労しました。

メキシコ製のピレリP7000とか
韓国のハンコックとか
ヨコハマも履いたけど忘れました。

トーヨータイヤのスタッドレスガリットは
サイドウォールに結構目立つヒビが出来たので
ブリヂストンのショップに相談したら
「まだまだ大丈夫!」って言われたり

ブリヂストンのブリザックは燃費や
高速安定性は良かったけど
215 45 17のサイズは12万円とちょっと要りましたから。

燃費もハイオク仕様で9㎞/リットル
タイヤ代もバカにならない。

そんなトラウマにも似た反省から
195 65 15のプリウスPHVに拘ったのも
そこなんですよ。

だから少しブランドのタイヤにはこだわれて
それが長持ちや低燃費につながるのなら
助かるんですよ。

タイヤ屋も最初は高いけど
タイヤの保管料と交換賃が要らないという
仕組みなので

1000円/本の交換賃を取るショップでしたら
数年使うと想ったら安いですし。

保管料は田舎なので計算しないですけど。

浮いた交換賃だけで元は取れます。
しかしタイヤ選びも面白い。

走行時はハガキ1枚だけの面積が
道路に面しているだけのモノなのに

昔はタイヤは命を載せているなんて言う
CMもありましたが

それは今でも事実で
良い革靴やスニーカーを履くように

良いタイヤを履くことは大事な事だと感じます。

WRCにはミシュランタイヤを多く使う
様ですけど。

タイヤは国産に拘りたいですね。









Sponsored Link

関連記事

プリウスPHVの電気工事は1万円。コンセントは別だけどこれは2376円(税込)安い!

いよいよプリウスPHVをおうちにお迎えするための準備。200Vの電源工事です。 インナーガレー

記事を読む

phvの燃費が気になる方へ!とうとうEV走行可能距離も66.8kmになってきました。

EV走行可能距離はカタログ上は68.2kmのプリウスphv! 私のアカプリ男は実に66.8km

記事を読む

フォルクスワーゲン(VW)パサートに「TSIエレガンスライン」

VWことフォルクスワーゲンからパサート 新グレード 「TSIエレガンスライン」を発売  

記事を読む

no image

徳島県のLEDイチゴ農家。そういえば実家の母の寝室もLEDにいしたし、Kawasakiのz900もLED良いなあKawasakiz900復刻版。

これが青色の発行ダイオード。この光を24時間いちごに照らすと虫が来ないらしい。わがプリウス

記事を読む

TOYOTA 新型プリウスphvでわけわからずオプション追加したITSコネクトを調べた!

ITS CONNECT 27,000円   TOYOTAのセールスマンも

記事を読む

ホンダ・アフリカツイン CRF1000Lが欲しいぞ

ホンダアフリカツイン CRF1000L のデュアルクラッチトランスミッションタイプが欲しいぞ &

記事を読む

海の清掃活動でした。

赤プリオ 絶好調です。 5月になって気候が良くなってEV走行可能距離も78.5㎞になっ

記事を読む

WRCRALLYMonte Carlo2018。復帰2年目のTOYOTA。今年はMスポーツからオット・タナクが参戦。初戦Monte Carloシェイクダウンで第3位。

ラリプラメンバーズになろう。 「ラリプラスネットより」 ©TOYOT「ラリプラス

記事を読む

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、何よりボディコーティングのお陰

記事を読む

自然の中でこそプリウスPHVは映える!モリゾーさん生出演

昨日はTOYOTAの豊田章男社長こと モリゾーさんが NET TVに出演してましたね。

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>