SUBARUというトレンド  良き仲間でありライバル

公開日: : 最終更新日:2016/12/29 エコカー, プリウスPHV

現在スバル乗りの私だけど

燃費が悪いので

 

プリウスphvを注文した

 

ハッチバック車のイメージが強かった

新型SUBARUインプレッサ

セダンのG4

 

カッコイイですね

top_figure
 

SUBARUは今 北米を中心にそれも

SUVを中心に

売れまくってますよね

 

元々

小さな車メーカーなので

生産台数が

少ないのですが

 

造っても造っても追いつかないそうですね

 

燃費も2.0リッターの車で

 

17.0km/リッターですから

 

昔のイメージでは無いですね

 

ただ次世代の環境適合車かと

言われると

そうでも無くて

 

早くVIZIV CONCEPTの様なハイブリッドシステムの

 

リリースが待たれますね

 

SUBARUと言えば水平対向エンジン

世界広しと言えど

水平対向エンジンを使った

 

車はポルシェとSUBARUだけです。

 

バイクまで合わせると

ホンダのゴールドウィングとか

BMWの昔ながらの

水平対向エンジンが

 

あるのですけどね

 

水平対向エンジンのメリットは

兎に角 重心が低くなること

 

其のためにWRC等や

 

国内のラリーによく参戦してました

いや現在も参戦してる

 

車もありますよね

 

555(トリプルファイブスピリット)

というワークスでないプライベートチームも

 

その重心の低さから

 

自ずからインプレッサを選んだという

 

話も聞きます。

 

水平対向エンジンはボクサーエンジンとも

言います

 

水平にピストンが動く様を想像して下さい

 

ボクサーがリングで打ち合ってるのが

 

頭に浮かぶでしょうか

 

グローブがピストンで

 

コンロッドが腕ですか

 

その打ち合う状況が

振動を吸収するようになって

 

振動が無くなると言います

 

まあ僕のはもう17年なので

 

かなりきてますけどね

 

今回のインプレッサは車台から

やり替えて来ました。

 

今までインプレッサも レガシーも17年とか

その前の車台で

 

やはり材質とか溶接とか

色々問題があったのですが

 

売れに売れている今

やり替えて来ました

 

軽くて上部で

 

ただでさえ水平対向エンジンなので

重心は低いのですが

それ以上に低くできるそうです

 

このプラットフォーム

かなり重心が低そうですね

platform_pict_2
赤もとても良いですね

これをベースとした

WRXが良いですねえ

 

今のベースはレボーグですから

重くて大きいのですね

 

ラリーには向きません

photo14
 

このインプレッサは軽いし

先代よりもトランクも長いので

カッコイイ

でもしかし

 

そして

SUBARUに足りないものは

次世代の環境適合者

 

VIZIV CONCEPTも モーターショーは

毎年感心してましたが

 

なんか こうも出ないと随分感動を薄れます

 

やはりphvやEVなど環境適合車の開発・販売が

待たれます。

 

まずはモデル末期になってきた

フォレスターからでしょうか?

 

Sponsored Link

関連記事

おお!なんとプリウスPHV が2017ワールドグリーンカーの最終選考3台に残ったど。

ワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)主催団体は3月7日スイスで開幕したジュネーブモーターショ

記事を読む

TOYOTA将来はモデル数を減らす。国内の。でも地域別に造ってくれたら良い。

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

新型プリウスハイブリッドを選ぶ人プリウスphvを選ぶ人!

プリウスphvを選ぶ人像は 日頃通勤は60kmまで土日は遠い処まで走る。という方ですね。サラリ

記事を読む

EV走行可能距離70.2kmとカタログ値の68.2kmを超えた!

EV走行可能距離70.2km またまたカタログ超え!どこまで行くのか?EV走行可能距離。このま

記事を読む

ZVW52プリウスPHVのガソリンを全然入れないとどうなるのか?

プリウスPHVのガソリンは? 連休ももうすぐ明けますね。明けると楽しみなのが、アカプリこのプリ

記事を読む

今から東京へ。プリウスphvで空港まで来た。TOYOTA東京本社もあるのですね。

最近遠出が多いものですから 距離がどんどん伸びますね。 今日は今から東京で松山空港まで

記事を読む

プリウスphvのライバルが次々マツダCX-5フルモデルチェンジ!

マツダのクリーンディーゼル搭載車 CX-5 いよいよ2代目の登場ですね!とても良いです! 僕

記事を読む

KawasakiZ900復活!スズキカタナも復活しそうだし、TOYOTA2000GTも復活してほしいね。

KawasakiZ900。前に行った徳島県で見ました。昔のデザインに似せてエンジンやLED

記事を読む

昨日の電費は7km/kwh

今朝のメーターの指示数は451kwh 昨日は447.3kwhなので451kwh

記事を読む

忘れた頃にラリーPLUSがやってきた!

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).p

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link