NISSANリーフを買うのに迷ってる人へ。リーフかプリウスPHVか?

昨日はほぼ空にしたので

満充電に。メーターの指示数は201.1ですね。

前回(昨日)の指示数が194.6ですから

 

201.1➖194.6=6.5kwh

 

一晩で約2時間20分 6.5kwh消費しました。

全く空の状態でしたら6.6kwhですが

少し残していましたので6.5kwhです。

 

カタログ値は6.47kwhですが

 

 

アカプリオ358号(正式名称(笑))は6.6kwhです。

 

リチウムイオン電池のセルをひとつ3.7ボルトで25Ahを95個直列に繋いで

3.7✕25✕95=8787.5kwhの

 

総電力量8.8kwhなんでしょうけど

色々ロスがあって

6.6kwhしか溜め込め無いんですね。

 

でも電費やEV走行可能距離は6.47kwhで計算されているから

満更嘘をついているわけでは

無くて電池はそんなもんですね。

 

大体8割としたもんらしいので

8.8✕0.8=7.04なんでそんなもんらしいです

 

日産リーフも40kwhのバッテリー積んでると言いますが

結局は32kwhですから

 

実走行距離が400kmと書いてますが心配ですね。

ソーラーパネル無いし(笑)

 

比較記事はまた書こうと思いますが

8.8kwh総電力量のプリウスPHVが

71km走るので

 

40kwh➗8,8kwh=4.5倍

 

71☓4.5=319.5kmですか。

320km走ったら御の字ですね。

 

320かあ?やはり500kmは走りたいですよね。

急速充電器は必須!!だし

夜間電力で充電するには

時間がかかり過ぎるし継ぎ足し継ぎ足し充電ですね。

 

うーん。スタイルも良くなって随分知的になったけど

FRANCEのシトロエンの様になったけど

 

前のリーフも買おうかなと色々考えたけど

まず買わないですね。

プリウスPHVあるし。

 

NISSANリーフの使いみちとしては

ロングドライブは急速充電器を探しながら

残蓄電池量を気にしながらの旅になるので

あまり使いたく無いですね。

 

やはりプリウスPHVより長い距離の

通勤がメインの方にオススメですね。

 

片道30kmならまだプリウスPHVがオススメなので

片道30km以上ならリーフかな。

 

結構いますよね。30以上の通勤

 

使い放題プランが2000円

 

急速充電器の使用なロングドライブで必ずいるので

必ず家に帰ってこないとイケない人は

 

急速充電器使わないといけないので

2000円+家の充電

結構いるかもですね。

 

アカプリ子のアカプリオ358号の

電気代は1000円くらいですから。月に良く行って

 

何よりも充電時間ほとんと束縛されないのが

良いんですよ。

 

ドライブ中の40分の束縛は大きいです。

航続距離400kmはカタログ上で

実際は320kmとして

その8割しか充電しないので256km

 

高速の燃費は落ちますしね。まあ高速では2時間で空でしょう。

2時間も走ったら疲れるから丁度良いかもですが

 

そのたびに40分また費やす。

丁度2時間のところに急速充電器があれば良いですが。

 

その2時間後にあったところに急速充電器があって

使っていたらどうします。

 

プリウスPHVが充電していたら

どうします。

 

「あんたはガソリンでも走るんだからHVモードで走れ!」

ってPHVからプラグを抜いてリーフに差すでしょう。

 

(実際にそんな話をプリウスPHVのユーザーの記事で

よんだんでリーフで無かったですけどね。)

 

今は急速充電器も200Vで供給し

それを400Vから500Vに電圧を上げて

 

急速充電器として使っているけどこれ以上に

するには色々な規制改革をしないと無理ですから

 

ヨーロッパが規格を統一し、800kwまで充電器の出力を

上げるのは今の日本では難しいのですよね。

 

何より今のEVに使用されているリチウムイオン電池では

走行距離を長くする=充電時間も長くなる

この問題を解決しないと

本当の電気自動車の普及には繋がりません。

 

しかし前モデルのリーフに比べて

(前モデルはカモノハシみたいだった(失礼))

随分知的でモダンになったしおしゃれになった。

 

何より高価なリチウムイオン電池をプリウスPHVの4.5倍も

積んで安いお値段。

 

TOYOTAはこの値段では出せないですね。

C−HRのEVを造ってもこの値段と

この性能では出せないですね。

 

プリウスPHVとリーフ。

次世代電池搭載 本格EVまでの繋です。

 

どちらも売れないと次に繋がりません。

良きライバルとして両車とも売れてほしいものです。

 

またリーフの記事は詳細に書こうと思うけど

NISSANの渾身の作だと思います。

この性能でこのお値段は無理です。普通は

 

電気自動車では世界でもトップクラスです。経済性も比較しても

意味が無いくらい電費ではプリウスPHVと変わらないです。

 

ただ変わるのは安心感です。

プリウスPHVは満タンで1300kmくらいは

走りきります。いざ電池が無くなったときの

事を考えるのは怖いです。

 

場所にもよりますが、高速の走行中、トンネルの中

恐れはあります。

その恐れを少なくし安心感をもたらす

プリウスPHV。

 

毎日ケチケチと数値を出していますがこれは

TOYOTAが正式な数値を出すべきなところを

私が補完しています。

 

999.9km/リットルで1位になったいっても

何が嬉しいですか?

ただ電気でしか走って無いだけです。

エコ運転 アクセルを踏まないことがそんなに楽しいですか?

時にはデュアルモーターを楽しみましょうよ。

 

こんなに踏んでも安い夜間の電力や再生可能エネルギーを等

正しい選択をすることによって

 

本当に経済的で楽しいクルマのあるライフを

楽しみましょうよという提案です!

少々踏んでも数円違うだけです。(笑)

 

<ポチッとお願いします>

 

 

 

 

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

プリウスPHV昨晩は4.5kwh消費! 電費は7.5km/kwh!

このブログを書いている理由   1.低炭素社会を創造するため 2.HV車

記事を読む

新型プリウスからメールが来ましたよ。クラウンで知ったけどLINEで車両の会話が出来るのね。プリウスPHVもアップデートされるんやろうか?

6つのポイントがあるらしい。新型プリウス。 ふむふむ。確かに前の引きつったフロントフ

記事を読む

WRCラリー・スウェーデン day3TOYOTA首位!

TOYOTAのアメリカでのリスクが顕在化されてきましたね。前々から言ってはいましたが、長年培ってきた

記事を読む

プリウスphvの充電のときの消費電力を測るためだけに19900円のメーターを買った。MITSUBISHIアウトランダーPHEVもテストしまっせ!

最近 コメントも増えてきてアカプリ子嬉しい限りです。OBD2の機器を付けている方がEケアの登録が出来

記事を読む

プリウスphv ライバルの最右翼 日産ノート 30年ぶり 販売トップ

日産車がおよそ30年ぶりのトップとなった 11月の新車販売ランキングで   &n

記事を読む

今日の燃費!

今日の燃費! 軽くkwhあたり10kmはクリアしていると想います。ついつい登りでHVモードにし

記事を読む

WRCオーストラリア ヤリーマティ・ラトバラ2位だあ。

WRCオーストラリア:2日目を終えて総合首位はヌービル。20.1秒差でラトバラ RALLY PLU

記事を読む

2019WRC初戦WRCRallyMonte Carlo。TOYOTAが3位、5位、6位と好発進。

外も嵐、テレビの中も嵐。嵐が2020年でグループとしての活動の休止を発表しました。プロダクションや

記事を読む

「風の谷のナウシカ」考えさせられますね。やはり腐海の森もフツーの森も破壊してはダメです。しかし何度見ても飽きない深い映画だ。

風の谷のナウシカ もうテレビだけでも10回くらい見てるけど飽きない映画です。ストリーも深い

記事を読む

ポルシェの市販EV日本ではこんなに早く充電できないよ。きっと。

昨日はプリウスPHVの走行は〇、ゼロです。雪が降っていたからでは無く軽四を運転したからです。本日は短

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. TOSHIZO より:

    東京にあるトヨタの販売店の者です。
    PHVご愛顧、トヨタの人間として深く感謝申し上げます。
    PHVについては日頃から拡販策を色々と考えております。
    大変勉強になりました。
    お恥ずかしながら、売ってる者はもちろんですが、造っている者ですらも、そのクルマの良し悪しについて、実際に毎日生活でご利用されている方には絶対に敵いませんよね。
    こうして色々なご意見があると、トヨタとしてみたら本当にとても有り難いことです。
    これからも勉強させて頂きたいと思います。
    ありがとうございました。

    • acaprio358 より:

      TOSHIZOさま コメントありがとうございます。TOYOTA関係者の方のコメントをお待ちしておりました。PHVと言うのはセールストークが難しいですよね。特に35系は難しかったと思います。外観がほとんど同じでしたからね。52系もどこを一番訴求したら良いのかTOYOTAさん自身もわからなくてCMをどんどん作り直していますよね。ホント燃費性能は申し分ないし、走りも良い。静かだし私の使い方にはピッタリです。今後もプリウスPHV等環境にいい車に注目してもらえるようブログがんばりますので応援してくださいませ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>