phvと電気自動車とどっちが得か?どちらを選ぶか?

【Response】より

またテスラがすんごいモデルを発表しましたね。米国のEV 専門メーカーテスラが開発を進めている新型EV

「モデルY」。同社のトップが、このモデルYについての新たな情報を発信した。

これは6月6日、テスラが米国カリフォルニア州で開催した年次株主総会での出来事。同社のイーロン・マスクCEOが、モデルYについての新情報を明かしている。

<Responseから>
モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEV第5弾。モデル3の車台をベースに開発されるコンパクトSUVになる予定。

今回のマスクCEOの発言では、モデルYは2019年に市販することを目標に開発を進めているという。またマスクCEOは、モデルYがすでに多くの予約受注を獲得しているモデル3の需要を上回ると予想。これは、主力の米国市場において、セダンよりもSUVの人気が高いことを反映した結果と見られる。

なお、年次株主総会では、モデルYの予告イメージを公開。マスクCEOは、「モデルYについて、本当に興奮している」とコメントしている。

 

テスラは言わずと知れた車についてはEV(電気自動車)専門メーカーですよね。他にもソーラー発電事業やロケット事業とかしているので、色々やってますね。いづれはロケット有人飛行で宇宙旅行も提供するらしいので

楽しみですね。

そのために社名からモーターズを外しテスラのみになりましたね。

 

最近ではTOYOTAとの提携も切ったということで

phvを出し、4年後にはEVを出す、TOYOTAと「水素の時代なんて来ない!」と言い切るイーロン・マスクのテスラとは話が合わないですよね。

 

さてさてそのEVとFCVとphvと最終的には何が来ますかね?

それはわたくしアカプリ子もイーロン・マスクと同様にEVが残ると思います。

FCVの時代は来ないと思います。今更新しいインフラを用意できるお金が無いからです。

色々計画はされていますが、政府主導でやっても、民間がビジネスチャンスだと思わなければ

お国にやらされたところでそうそうに撤退するのでは無いでしょうか?

確かに水素は簡単に精製出来、燃料電池として使っても排気ガスは出ない、水しか出ないとクリーンなエネルギーですけど、ハンドリング性が悪いので、事故で燃える可能性のあるクルマに積載するのはどうでしょうか?

発電所で使ったら良いだけだと思います。システムも燃料電池のシステムとEVのシステムを積載しなくてはいけないですしね。それだけのインフラ投資する水素が安く手に入るとも思えないし、

一方電気自動車はどうでしょうか?やはりバッテリーと充電方法が問題なんですよね。

バッテリーの問題は走行距離。やはり航続距離で500kmは走って欲しいけど、暖房をつけたり、高速道路を走るとあっという間に電池はなくなります。

もっと大きな容量のバッテリーをと積むとまた重たく大きくせざる得ません。そして何より大きくすると

充電に時間が掛るのです。

今は日本の場合急速充電器も充電器内部で200Vを400Vや500Vに昇圧して短時間で充電します。

ヨーロッパでは800Vとかに昇圧して30分とか40分で満タンになるようにしようと考えています。

これがバッテリーにあまり良くありません。

急速充電と言っても空の状態から1時間くらいかかります。高速で再三この様な状態で空 満タン 300km走る 1時間充電なんてしても高速の意味が無くなって来るしバッテリーの負担があまりに大きいです。

急速充電器で充電しても時間が掛るのでテスラのオーナーは充電しつつ近所でコーヒーしたり本を読んだり商談したりしてます。

丁度の時間に急速充電器の戻り充電器を解放するなんてことはしないのでつい最近充電器に差したままの時間を有料にしましたね。充電が安くても充電器に差した時間のコストが高ければ何のメリットもありません。

アカプリ子のプリウスphvも電気代は安くても洗車代に1700円も使うってのも良く似ていますけどね(笑)

 

まあまだまだリチウムイオン電池というのが高価で容積が多くて充電に時間が掛ると言うのがネックなんですよね。まだまだEVを選択するのはそんな意味があり早いです。

もっとコンパクトで軽くて安価でそして何より充電というより電池交換みたいな仕組みが良いと思いますね。

コンパクトで軽量になればそれも可能ですし、急速充電器でのバッテリーへの負荷も交換という形なら

あまり耐久性を考えなくても良いですからね。ガソリンスタンドとかで交換するというのが良いと思いますよ。電気自動車の一番の利点はパーツが少なくて済むこと。熱対策をあまりとらなく良い事。デザインが自由になるので、中国なんかは電気自動車に参入する企業がどんどん増えて来てますよね。

ここで電気自動車に出遅れるとTOYOTAさんも大変なことになりますよ。

でもまだまだこの軽量コンパクトの電池は出てないからphvなんですね。まあ容量は小さい8.8kwhのリチウムイオンバッテリーだから充電時間は短いですしね。SSの度に充電しないようにガソリンで走りますからね

航続距離は1500km走りそうだし。

電池がまだ成長期にある今はphvがベストですね。

 
<ポチッとオネガイシマス>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

【プリウスPHV】石原さとみさんのCMが可愛いぞ。前のも良かったけどね。

石原さとみ新CM  もうすぐプリウスPHV。Sナビパッケージがやってきますね。でも連休明けの予

記事を読む

お久しぶりの登場!

大変ご無沙汰です!   精神的に参ってますね。 いろんなミッションが重な

記事を読む

おお!なんとプリウスPHV が2017ワールドグリーンカーの最終選考3台に残ったど。

ワールドカー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)主催団体は3月7日スイスで開幕したジュネーブモーターショ

記事を読む

ZVW52プリウスphv納車されました!めでたい!!

プリウスphv納車 いよいよアカプリ子のプリウスphv納車ですね。昨年の12月に発注して実に半

記事を読む

寒い日はバッテリーにも良くないようですね。これからますます寒くなると言うのに。

暗くなるのが早くなりました。夕方6時位ですね。駐車場です。 無舗装ですが安いからここにしてます

記事を読む

プリウスphvの新装備 カーボンのバックドア。3kg軽くなる。

新型プリウスphvのバックドア CFRPで制作されております  これはランボルギーニ・アヴェンタ

記事を読む

ベンツ ラーメン レクサス ランドセル

メルセデス・ベンツがラーメンを 売っている。 メルセデス・ベンツと言えばドイツの高級車メーカ

記事を読む

phvの燃費が気になる方へ!とうとうEV走行可能距離も66.8kmになってきました。

EV走行可能距離はカタログ上は68.2kmのプリウスphv! 私のアカプリ男は実に66.8km

記事を読む

箱根駅伝速報 今年の箱根駅伝ではTOYOTA新型センチュリーが走っている。すごい存在感。2年前にはあれほどプリウスphvが走っていたのに。

2年前の箱根駅伝のころ、確かこのブログを立ち上げて、発売が遅れて5月くらいになったけど、箱根駅伝で

記事を読む

今日はショップで洗車。やはり綺麗になりました。ドルフィンアンテナがぐらぐらしてる。

やはり綺麗が違う。曇りや水滴の跡が残らない。前回、アカプリコ自身で太陽の下で水洗いしたから紋々が残

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

【3年目車検安い!!!5万円】プリウス PHV初めての車検は何と!5万円でした。

プリウスPHV 3年目 初めての車検は 何と5万円!ポッキ

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>