WRC速報、トヨタヤリスWRCはラリー・メキシコでは勝てそうに無いですね。現在3日め終わって6位。

今年初のグラベルでのWRCラリー・メキシコ。トヨタはエンジンのオーバーヒートに泣かされた様ですね。暑いメキシコ。モンテカルロとスウェーデンの雪雪と来てメキシコの暑さですから、ドライバー以上にクルマの環境に適合するのが難しいですよね〜。しかし今のところ6位と7位ですから

ドライバーズポイントもマニュファクチャライズポイントも圏内ではありますね。まだまだWRC2017始まったばかりですからそしてWRCへのトヨタの再戦も始まったばかりですから焦ることは無いですよね。どうもMスポーツやヒュンダイの様にトヨタも3台目投入するようですから

楽しみですね。ドライバーも新人みたいで若いですからなお楽しみですよね〜。

さてさてday3の結果をラリープラスネットから。

3月11日(土)、2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第3戦ラリーメキシコの競技3日目デイ3がレオンを中心に行われ、TOYOTA GAZOO Racing WRTのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)は、前日よりもふたつ順位を上げ総合6位に浮上した。また、ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC #11号車)は、ラトバラとわずか0.3秒差の総合7位で長い1日を走りきった。

ラリーメキシコの競技3日目は、サービスパークが置かれるレオンの周辺で9本、計157.57kmのSSが行われた。前日のデイ2は気温が高かったため、ヤリスWRCを含む多くのクルマのエンジンに温度上昇の問題が発生した。TOYOTA GAZOO Racing WRTのエンジニアは問題の原因を探り、デイ3に向けてエンジンのマッピングを変更するなど入念な対策を実施した。その結果ヤリスWRCは2台とも大きな問題を発生することなくデイ3を走行した。

午後のステージでは降雨を予想してソフトタイヤを選択したが、雨は降らずクルマ本来のパフォーマンスを完全に発揮させることができなかった。また、ラトバラはSS11の終盤コーナリングラインが膨らみ、タイヤが岩に当たりパンクをしたが大事には至らず。前日の8位から6位にポジションを上げた。前日総合4位のハンニネンは、体調を崩しながらも着実な走りでラトバラと0.3秒差の7位につけ、TOYOTA GAZOO Racing WRTは2台揃っての完走、そしてポイント獲得という目標に向かって大きく前進した。

しかし守りに入っては欲しくないですよね。二人共真面目そうなオジサンで冒険はしさなそうですからねえ。ヤリーマティ・ラトバラはとても知的そうには見えますけどね。いつも冷静でクレバーな走りをしてそうです。

Naoki Kobayashi

トミ・マキネン(チーム代表)

「チームスタッフの素晴らしい働きにより、昨日発生したエンジン温度上昇の問題は解決されました。しかし、今日はタイヤ選択とパンクによりやや遅れをとってしまいました。ヤリ-マティとミーカは彼らができる中で最善を尽くして戦い、ユホは体調不良にも関わらずよく頑張ったと思います。明日はラリー最終日となりますが、2台揃って完走し、ドライバーズポイントとマニュファクチャラーズポイントの両方を獲得することが我々の目標です。すべての状況を考えると、我々の今日までの戦いには満足しています」

TOYOTA

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC#10号車)

「昨日発生したエンジン温度上昇の問題をエンジニアとメカニックが解決してくれたおかげで、今日は1日を通してクルマの調子が良く、昨日よりもエンジンのパワーを上げて走ることができました。ただし、タイヤの選択については正解ではありませんでした。午後は雨が降ると予想してソフトタイヤを選んだのですが、結局雨は降らず、タイヤが路面に対して柔らかすぎたため、摩耗が進んでしまったのが残念でした。明日の最終日は現在の順位を守り、パワーステージでも良い走りをしてなるべく多くのポイントを獲得したいと思います」

TOYOTA

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC#11号車)

「ヤリ-マティと同じように、私も午後のステージではソフトタイヤを選び摩耗に苦労しました。また、どれだけ走りに影響したのかは分かりませんが体調も優れず、走行中はまだ良かったのですが、SSをフィニッシュしてクルマを止めると具合が悪くなってしまいました。ただし、チームのサポートにより午後はだいぶ回復しました。ヤリスWRCは、エンジニアとメカニックの努力により、今日は1日を通して問題なく走ることができ、走行距離を増やすことができました。多くのデータが蓄積されたことで、今後は同じようなコンディションに対して、より正しく対処することができるでしょう」

Naoki Kobayashi

ラリーメキシコでは毎年、「暑さ」と「薄い空気」が大きな問題となる。ラリーの中心となるレオンの気温は3月でも30度前後に到達。エンジンと、ブレーキに特に厳しいラリーとして知られている。今年からWRカーのレギュレーションが変更され、エンジンの出力が従来よりも大幅に上がったため、冷却はさらに厳しくなった。また、メキシコはWRCの中でもっとも標高が高いエリアが舞台となり、SSの最高地点は2,700mを超える。高地では空気中の酸素量が減るため、エンジンは20~25%程度のパワーダウンを余儀なくされる。エンジンエンジニアにとって、メキシコは最も難しく、そして挑戦のしがいがあるラリーと言える。

明日の最終日デイ4は、サービスパークが置かれるレオンの東側エリアで2本のSSが行われる。SSの合計距離は54.9kmと短いが、最終ステージのSS19はパワーステージとなっておりポイント獲得に期待がかかる。

WRCメキシコSS17終了後暫定リザルト

順位

ドライバー

マシン

タイム/差

1

クリス・ミーク

シトロエンC3 WRC

+2:47:33.3

2

セバスチャン・オジエ

フォード・フィエスタWRC

+30.9

3

ティエリー・ヌービル

ヒュンダイi20クーペWRC

+1:10.5

4

オット・タナク

フォード・フィエスタWRC

+2:12.6

5

ヘイデン・パッドン

ヒュンダイi20クーペWRC

+3:25.5

6

ヤリ‐マティ・ラトバラ

トヨタ・ヤリスWRC

+4:32.6

7

ユホ・ハンニネン

トヨタ・ヤリスWRC

+4:32.9

8

ダニ・ソルド

ヒュンダイi20クーペWRC

+5:16.1

9

エルフィン・エバンス

フォード・フィエスタWRC

+8:41.9

10

ポンタス・ティデマンド

シュコダ・ファビアR5

+9:26

今まで2戦で大失態を繰り返しているティエリー・ヌーベルも3位と良いところに付けてますね。今回もボディウムとい表彰台にあがるかな。

しかし各メーカー10位までに顔を揃えてとても面白くなって来ましたね。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

zvw52プリウスphv いよいよカタログ値の68.2kmを超えた!

68.2km超え! 昨日は結構距離を走ったので超える予感がありましたが、本当に超えましたね。6

記事を読む

新型 プリウスPHV 価格決定 納車は3月末 

新型phv値段が決定いたしましてね ついでに予約いたしました、 Sグレード       

記事を読む

ポルシェの市販EV日本ではこんなに早く充電できないよ。きっと。

昨日はプリウスPHVの走行は〇、ゼロです。雪が降っていたからでは無く軽四を運転したからです。本日は短

記事を読む

TOYOTAプリウスPHVの最大のライバル。私の中では。

プリウスPHVを注文するまで悩んでいたのが三菱アウトランダーPHEV。 GOOで新古車を何度も

記事を読む

COMTEC ドライブレコーダー HDR-352GHP。高速道路で空飛ぶクルマや煽り運転が横行しているから売れまくりですよね。オススメドライブレコーダー。

昨日はプリウスPHVには乗らず部屋に籠もってパソコン仕事。随分先に進んで少し安心。 だから電気

記事を読む

プリウスPHV納車はまだだが、このゴールデンウィークにプリウスPHV説明書を読破したい。

プリウスPHV説明書が揃った 今までクルマが届いてもPCが届いても説明書なんか読んだこと無いア

記事を読む

プリウスPHV!離れていてもリモートエアコンで冷房がつけれる。

リモートエアコン アカプリ子の購入したグレードはプリウスPHV Sナビパッケージ。あの11.6

記事を読む

大間マグロを釣上げた釣人テレビに出てましたね。8割は釣り人に入るそうですが孫のお年玉と船の修理に使うそうです。謙虚。

結構、これまでもテレビにでておられる方です。松方弘樹さんとも親交があったようですね

記事を読む

プリウスPHVのお値段について再整理する。

プリウスPHVを注文して色々待つ日。先にTーConnectナビの説明書が届いてしまいました。一番後で

記事を読む

プリウスphvを購入する理由は?

私 36歳バツイチ 女性がプリウスphv を購入する理由!?   それが

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>