マツダCX−4中国でカーデザインオブザイヤーを初受賞!最近のマツダは良いねえ!

マツダCX−4中国でカーデザインオブザイヤーを初受賞!

 

マツダはクロスオーバーSUV『CX−4』が「2017年中国カーデザイン・オブザイヤー」を受賞した

と発表しましたね。

1121453
新型CX−5も発表されロードスターRFも発売され各賞を受賞している

 

マツダはノリにノッてますね〜 デザイン部門では。

しかし円高傾向ですから営業益はかなり落ちているみたいですね

日本でもあまり売れてないのは事実ですからねえ。結構高くつくスカイアクティブエンジン搭載車は売れてません。

近くでもあまり見ませんね。

 

 

アカプリ子もアテンザワゴンを試乗しその後見積りしましたがとても日本車を買う値段では

無かったので断念しました。ちょっとしたBMWが買えます。

 

ロードスターRFは2000CCでした

 

前に書いたブログでは誤っていましたこのロードスターRFはとても魅力的なクルマですね。

ソフトトップのロードスターと同じかと想ってましたが2000CCでしたね。

買うならRFですね。1500CCではやはりもの足りないです。乗ったことは無いですけど。小さな排気量は回転数を無理に上げてエンジンにむちゃしちゃいますからね。2000CCいっぱいいっぱいのロードスターRFをオススメしますね。

排気量の勘違いこちらで深くお詫びします

 

今回のマツダCX−4は前々から気に入ってたデザインですが、中国のみの発売で日本には導入されていないので

残念ですよね

 

中国人としたらそれこそ「賞でもあげたい!」となりますよね数ヶ月ならまだ許されるけど

もう半年以上になるでしょ?まあ中国生産だから日本で生産ラインに乗ってからで良いんですけど

サイズ感はCX−5とあまり変わらないから

 

CX−3とCX−5の間の数字だけどCX−5とはあまり変わりませんからねえ

今回の中国カーデザイン・オブ・ザ・イヤーおめでとうございます!

中国自動車専門メディア編集長倶楽部とPRIME RESEARCH&Consulting(Syanghai)社が主催するデザインアワード

マツダ車が受賞するのは今回が初めてとなります。

CX−4はSKYACTIV技術とデザインテーマ「鼓動」を全面的に採用し、今年6月に中国に導入されたクロスオーバーSUB

美しいデザインや優れた走破性と環境・安全性能が多くの支持者を集め、2016年10月末までに合計2万1860台を

販売している

かなりの販売台数ですね。分母である人口が多いですからねえ 13億人ですか それは自動車メーカーもマツダも

中国市場に傾倒するはずです

日本市場は若者もスマホばかりで自動車に乗りませんからねえ 田舎では自動車が無いと色々活動できないし

文化も発信できないですけどねえ 一概には言えませんが

まあこの様な車が高くなるのは仕方が無いですが ロードスターRFが320万円超えたら若者はカッコイイと

振り向いても値段を見てそっぽ向きますね

若者を引きつけて売り込む戦略が必要ですね

このブログでは日本にもう一度盛り上げたい文化なんかを取り上げ再度ブームにして

みたいことを取り上げたいと想ってます。

新型CX−5は来年2月発売みたいです

現行型がアンコ型なんですけど新型はシャープで好感が持てますね

楽しみです!

<ポチッとオ・ネ・ガ・イします!>

&nbspにほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

アメリカではピックアップトラックがステータスらしい!

プリウスphvをヒットさせ 低炭素社会を創る! のが僕と僕のブログの使命なのに なんとアメ

記事を読む

プリウスPHVのお値段について再整理する。

プリウスPHVを注文して色々待つ日。先にTーConnectナビの説明書が届いてしまいました。一番後で

記事を読む

プリウスphvにとって厳しい寒い日が続くけどみなさんいかがお過ごしですか?

zvw52型プリウスphv専用充電メーターは553.6kwを指しております。 昨日が548.6

記事を読む

EV航続可能距離 80kmに達しました!

EV航続可能距離80kmに達しました。   最近は毎日充電しています。

記事を読む

プリウスPHV昨晩は4.5kwh消費! 電費は7.5km/kwh!

このブログを書いている理由   1.低炭素社会を創造するため 2.HV車

記事を読む

世界ヴェゼル

ホワイトパールの塗装が突然紙を捲るように剥がれることがあるそう!? それは困りましたね。いっ

記事を読む

プリウスphv。長距離を走っても楽しい!

プリウスphvで長距離走っても気持ちいい! 2週連続で、DRIVEですね。通勤で無いです。まあ

記事を読む

平家の落人伝説のある標高358mの別荘の草刈りに帰ってきた。27km

平家の落人伝説   平家の落人伝説のある別荘へ。別荘と行っても父の残した実家で

記事を読む

プリウスphvのライバルが次々マツダCX-5フルモデルチェンジ!

マツダのクリーンディーゼル搭載車 CX-5 いよいよ2代目の登場ですね!とても良いです! 僕

記事を読む

ソーラーパネル搭載プリウスphv。ソーラーパネル盤で羽生名人と藤井四段の将棋もできそうです。

先日前の大雪は終わって暖かい日が続きます。まあ朝晩は寒いけど昼間はお天道様が出てこんな日こそソーラー

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link