プリウスphvの屋根の上に載せたソーラーパネルは使える

公開日: : 最終更新日:2017/01/08 エコカー, プリウスPHV ,

プリウスphvの太陽光

 ソーラーパネル

 

は28万円もします。

 

最近ではYOU TUBE動画も出来ていますね

 

それでも分かりにくいですね

 

システム構成は

 

ソーラーECU,ソーラーバッテリー、ソーラールーフで構成

 


 

最大出力は180W

天候によっても左右するけど

 

一日充電しても平均 2.7km

一年充電しても1000km分しか

 

充電できません。

 

しかしこれがあると無とでは

とても違うことがあります。

 

それは見た目です!

天井が黒くそして線が入った車なんて見たこと

あります?

 

これが良いんですよね〜

わたくしがこの車を購入する大きな理由は

温暖化防止のために「低炭素社会を創る」と言うことです

 

TOYOTAさんは1997年に初代プリウスHVを発売されました

その後温暖化防止や低炭素社会を創る

そして限りある資源の節約のために

 

長年貢献されました。

しかしここ数年の車社会という環境が

全然変化してきたのです。

 

先ずは極端なガソリン安

そしてHVが環境適合車と

見なされなくなってきたこと。

 

長年貢献してきたのに

そして長年の積み重ねで色んな技術を創って来たし

その技術は多くの自動車メーカーに

数々の影響を与えてきた

 

韓国のハイブリッドなんかは形までそっくりの

モノと創るなど

パクってきた。

スタイルも技術も多くのメーカーが参考にしている。

 

しかし突然のアメリカのカリフォルニアでの

ZEVとしては見なされない

 

というひどい仕打ちがまっておりました

 

テスラモータースに始まるように

世の中は一気にEVにシフトしようと

しています。

 

HVはまだまだ発展途上の技術で

ルマン24時間で優勝を争う車は

みなHVだ

 

それなのにそれなのに世間はTOYOTAの

HVに冷たい

 

EVはまだ早すぎます

それは航続距離が短いからです

 

200kmでは短すぎます。

しかし今のバッテリーでは航続距離を長くするためには

重くて大きいバッテリーを増やさないといけません。

 

重くて大きいバッテリーは高いです

それがテスラモータースの値段になってくるのでしょう
<スポンサードリンク>

でもそれが一番の問題ではありません。

大きくて思いバッテリーは

充電時間が長く掛かるのです。

 

そのためにヨーロッパなどでは350kwの充電器の

インフラ網を創ろうとしていますが

 

これは日本では法的に難しいでしょう

長い走行距離=長い充電時間

これが

長い走行距離でも短い充電時間になるような

仕組みや仕掛けが必要です

 

それまではphvがベストなんです

毎日はしる通勤の時は安い

電気で走り

長距離はHVの機能でガソリンを安く

 

そして60kmしか航続距離が無いけど

充電時間は短い そして電費は安い

 

これを長年頑張ってくれたTOYOTAさんの為に

ヒットさせてあげたいのです。

本体来たらもっと詳細にレポートしますね

もう少しお待ち下さい

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

TOYOTA将来はモデル数を減らす。国内の。でも地域別に造ってくれたら良い。

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

トヨタは次世代エコカーについて迷っている?

トヨタは次世代エコカーを絞りきれずにいるのか? (毎日新聞から) トヨタ自動車は17日、電気

記事を読む

TOYOTAハイブリッドは終焉の時を迎えるのか?

TOYOTAハイブリッドは終焉の時を迎えるのか? TOYOTAハイブリッドのハリアー 特別仕様

記事を読む

はっきり言って毎月の固定費をいかに下げるかも大事に。ガソリン代はバカにならない。家賃は要らない。電気代は平均12000円。水道代は4000円。通信費が一番高いかな。ガソリン代を減らすにはプリウスPHVは良いよ。

今日も明浜まで17.5㎞の距離を塩風呂はま湯に入って来ました。ちょっと遠いけど近くの温泉よ

記事を読む

ポルシェの市販EV日本ではこんなに早く充電できないよ。きっと。

昨日はプリウスPHVの走行は〇、ゼロです。雪が降っていたからでは無く軽四を運転したからです。本日は短

記事を読む

プリウスPHVも立派なソーラーカーのはずなのに・・。こんなに走らないし充電もしない。まあ重たいし太陽光パネルの大きさも小さいしね。

世界最大級のソーラーカーレース オーストラリア ダーウィンからアデレードまでの3,021kmを走るレ

記事を読む

豪華かつ繊細!レクサスのフラッグシップセダン「LS500h」が世界初披露。ミラーあるじゃん。

現在開催中のジュネーブモーターショーで世界初公開のレクサスLS500hが世界初公開らしいですね。

記事を読む

プリウスphvの最大のライバルは やはり三菱phevでしょうね。

VWにしても 三菱自動車にしても 本当に可哀想なのは 消費者でも 三菱自動車

記事を読む

新型トヨタプリウスphv発売!予約しました!パート2

新型 トヨタ プリウス phv 発売 予約しました! パート2です。  

記事を読む

プリウスphv納車3日目。本日はバッテリーを使い切るまで走った。

プリウスphv納車3日目   隣町までお見舞いに。お見舞いが終わって展望台で撮

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、

→もっと見る

  • Sponsored Link