凄い風の台風でしたね。

「台風10号」

写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

 

台風10号はほんと凄い風でしたね。我が四国からは

遠いところを通過したにもかかわらずですね。

ほんと大きくて強い台風

死人も出て大変でした

 

今後 こんな台風がどんどん増えていくのでしょうね。

しかし4年目のプリウスphv

 

水没はしないけど

雨の中の流木にひっかかり傷が付きました。

まあ形あるものいつかは壊れるからですね。

 

しかしハリアーかっこいいですね。

新型ハリアー

 

これのPHVが出ると買い変えようかな

 

まあ無理

 

ここ愛媛はみかん農家が多く

特に伊方発電所のある三崎半島は

風力発電がたくさん並んでいるのからもわかる

様に

 

風が吹きますね。

 

今回も「現在の風向風速」と言うサイトでは

 

いつもまっっ赤でしたね。

豊後水道を南から

 

風が吹くと一度圧縮されそれから

半島を超えるときに一気に膨張するからだと思うのですが

 

こちらはあまり雨がふらなかったけど塩を被って大変な様でしたね。

車が塩を被るくらいなら良いけど

みかんが被るとみかんが枯れてしまいますから

 

前にも平成17年の19号台風Longwan(ロンワン)台風

多くのみかんが枯れました。

私が今みかんのお手伝いをしている明浜のみかん農家さんも

 

そのせいでみかんが売れない年があり

急遽鶏も買い

卵を販売し凌いだことも聞きました。

このみかん農家段畑みかんさんは今は28種

6町歩も栽培されていますから

 

大丈夫でしょうけど

 

当時は大変だった様です。

 

しかし大きな台風になる可能性はどんどん増えていますね。

 

これだけ温暖化が進むとですね。

この三崎半島には四国電力の伊方発電所

原子力発電所があります。

 

定期点検中ですが

点検が終わっても即運転は出来ません。

(だと思います。どっかの裁判所で差し止め訴訟で

命令が出てるままだと思います)

 

停止中なので尚更

化石燃料を使用していますから

 

温暖化はどんどん進んでいます。

 

その影響が半島にも台風一過と言うことで

及んでいます。

 

しかしこの様な風が強すぎると

風力発電所も羽根が回らない様に

壊れてしまうので

止めてしまいます。

 

皮肉なものです。

 

そういえば四国電力の子会社 伊方サービス

もみかん栽培に取り組むことを

昨日の新聞で発表していました。

 

良いことですね。みかん農家も後継者がいないからですね。

休耕地も多いことでしょう。

 

ただ休ますだけなら良いかもですが

すぐ草が生え雑木が成長し

害虫がわきますからね。

 

隣近所に迷惑になります。

 

私もクリスマスオレンジと言う活動で

色々みかん農家や愛媛の第一次産業を応援していますから

本当 温暖化なんとかしたいです。

 

愛媛にはゴミを拾う活動を積極的にしている

人が2チームもいます

 

とても注目されています。

 

1チームはECオーシャンズ

 

 

人間が陸から辿り着けない所へ

船で行ってゴミを集めます。

 

写真を見たら養殖イケス用の

ブイ(浮き)がとても多いですね。

 

これはまた細かくなりマイクロプラスチックになるので

厄介です。

 

台風一過も活動をされていた様ですが

南からの風なので

 

かなり漂着していた様です

マイクロプラスチックも

 

重機では拾えないので

人間の手によるとこが多く

本当にこの活動には頭が上がりません

 

宇和海のリアス式海岸は世界でも有数の養殖場ですから

この養殖ゴミが多いのですよね

 

海の恩恵を受けて生業が成り立つのに

海をゴミ箱と思っている人がいればそれは残念です。

 

もちろん生活ゴミを捨てる人も多いですけど

宇和海の養殖といえば

鯛やハマチももちろん

有名ですけど

 

最近ではマグロも養殖しています。

 

クロマグロです。

すごいですね。

 

網が1セット4000万円もします。

彼はゴミを捨てない人がと思います。

 

そして宇和海は真珠が有名ですけど

昨年辺りからまた真珠貝のへい死が問題になっています

やはり温暖化の影響かとも思いますが

私的には生活排水だと思います。

 

温暖化の影響で北上している珊瑚も白化しているらしく

それも生活排水だと思うのですが

 

苦労している真珠養殖業の方のため

宇和海を綺麗にするためにも

今度パールパウダーを販売する様になりました

とりあえず塩に混ぜます

化粧品にも入れてもらう予定です。

パール愛媛活動で

海を綺麗にしていく

こんなことを考えてます。

まあ今活動されている方の応援もありかなとは

思っています。もう1つの団体の方が

お手伝いしやすいかな

またこの団体については

取材して

書きたいと思います。

 

 

とりあえずは そうですねやはりこのプリウスphvに乗って

少しでも低炭素社会を作る

ことを提唱していきたいですね

 

そして森林や川を大事にしていくそして綺麗な海にして

綺麗な海から採れる魚を食べ

パールパウダーやパール製品を販売し

宇和海や愛媛の応援をしていく

 

なかなか環境問題は難しいですね

頑張っている人が一方にいて

 

意図的にゴミを捨てる人もいる

炭素をどんどん放出している

業者もいる

 

環境大臣はセクシーな方策を一切

発表しない

水素社会を作るとか言えば良かったのにですね

 

ミライの時代も来るのか

このコロナ禍の中

大胆な方向転換が必要です。

環境大臣頑張ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

関連記事

旧型35系プリウスPHVと新型52系プリウスPHVとの違いはどこか?

35系プリウスPHV 30系のプリウスはとても知的でバランスの取れたデザインでした。知り合いも

記事を読む

初めての洗車

洗車   初めての洗車でした。これがとても悩ましいのです。納車後初めての洗車で

記事を読む

昨日と本日とHYBRIDモードを活用!燃費は?

昨日は登りの多い道路だったので予めHVモードにしてました。 57km走って電池が残っていたので

記事を読む

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しいわけでは無く 私の住んで

記事を読む

プリウスphv試乗。はっきり言ってインテリアはイマイチですね

プリウスphvを注文して首を長くして待つ・・。ソーラーパネルを搭載すれば納車がまた一段と遅れるらしい

記事を読む

プリウスphvのライバルが次々マツダCX-5フルモデルチェンジ!

マツダのクリーンディーゼル搭載車 CX-5 いよいよ2代目の登場ですね!とても良いです! 僕

記事を読む

トヨタphv予約しました。ポルシェ ミッションEはまだです。

僕はプリウスphvだ!phvだとほざいている間に 巷では特にヨーロッパでは電気自動車(EV) の

記事を読む

EV走行可能距離70.2kmとカタログ値の68.2kmを超えた!

EV走行可能距離70.2km またまたカタログ超え!どこまで行くのか?EV走行可能距離。このま

記事を読む

トヨタも焦るが VWが焦るからだ プリウスphvを予約したのに

ヨーロッパ自動車大手が 一気にディーゼル車から 電気自動車にシフトしている。  

記事を読む

zvw52プリウスphvまたぶつけてしもうた。燃料費が安くても修理費が高い(T_T)

右側のスカートの下。 またまたぶつけてもうた。3回目や。修理が必要なのは2回目。燃料費が安く

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>