トヨタもプリウスPHVを見捨てなかった。レースに使う。


プリウスPHVで本日もドライブ。
先日書いた石灰の切り出した跡をバックに。




明日は雨だけど洗車の予定。とてもや無いけど雨の後は
すぐ汚れます。昔より空気が汚いのか




PM2.5のせいなのか。




最近 プリウスPHVの宣伝が少ないので
トヨタはプリウスPHVを見捨てたのかと
も思っていたけど




GT300に登場です。




中身は全然違いますけど。










画像もAUTO SPORTS WEBより




画像もAuto SPORTS webより




この外観のフロントマスクのLEDとかテールのデザインとか




趣がちょっとだけ残っていますけど




スーパーGTGT300クラスと言っても見たこと
無いので良くわかりませんが




意外とカッコいいです。後はWEBから







https://www.as-web.jp/supergt/443102?all

auto Sports webより




1月11日、千葉県の幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019のレイズブースで、スーパーGT GT300クラスに参戦するaprが、2019年モデルとなる新型プリウスGTを公開した。これまでのミッドシップレイアウトからFRへと変更され、トヨタ・プリウス・PHV GR SPORTのボディを採用する。




“メガ・プリウス”の異名をとり、海外でも高い人気を誇るスーパーGTならではのマシン、プリウスGTが新たなレイアウトとともに生まれ変わった。スーパーGTでは、もともとJAF-GT300規定のなかで、「2016年以前に製造された競技車両のエンジンの取り付け方位、方向、位置は前部隔壁より前方、または後部隔壁より後方であれば自由」とされていたが、2019年からはこの条文が削除される。それにともない、これまでミッドシップだったプリウスGTが、市販車どおりエンジンをフロントに搭載することになったのだ。




 マシンは12月4日、富士スピードウェイでこれまでのプリウスGTのボディをまとってシェイクダウンされたが、これはあくまで仮の姿だった。1月11日、東京オートサロンの会場に展示されたプリウスGTは、トヨタ・プリウス・プラグインハイブリッドGR SPORTのボディを使い、シェイクダウンとはまったく異なる姿となった。




 フロントに収められたエンジンは、5.4リッターV8の“TRD製レーシングエンジン”が採用された。数字からして、レクサスRC F GT3と同じものと考えていいだろう。富士のシェイクダウン時には非常に低いエキゾーストノートが聞かれたが、その正体はこれだ。そしてハイブリッドシステムは、今後の発展を考えPHV用のものが使用される。




 そして気になるチーム体制だが、エースナンバーの31号車は、嵯峨宏紀は残留したものの、そのチームメイトはGT500参戦が予想される平手晃平に代わって、昨年までUPGARAGE 86 MCをドライブしていた中山友貴が加わり、嵯峨とコンビを組むことになった。




 そして30号車は2018年後半戦と同様、織戸学と永井宏明がステアリングを握ることになった。タイヤは2018年同様、31号車はブリヂストン、30号車はヨコハマだ。




 apr独自の開発思想が盛り込まれたという新たなレイアウトとなった新生プリウスGT。aprにとってはチャレンジとなるFRレイアウトのマシンはどんなスピードをみせるか……!? 開幕までの熟成がカギを握りそうだ。




良くわかりませんが応援したくなりましたね。




富士スピードウェイまで行くか!?




にほんブログ村 車ブログ トヨタへ





にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

このブログを参考に赤のプリウスPHVを購入された方が現れた!

毎日の通勤の往復距離は大体34kmでした。 それがだいたい35円〜39円の電気代で済むから

記事を読む

うーん。山の中を走って汚いし燃費がわけわからなくなってきた。消費電力は過去最高の6.9kwh。

本日の指示数は398.1kwhか398.2kwh   昨日の朝が391.2kw

記事を読む

昨日は結構走ったのに充電はあまり。愛媛マラソンに審判車としてプリウスphvGR仕様が走っている。

今日も大雪。プリウスphvは昨日結構乗ったので雪の日の本日は乗らないです。 今朝の充電専用メー

記事を読む

電気自動車はもうからないらしい。

TOYOTAがマツダと提携した EV事業 EV自体が儲からないからなんて 書いていた記

記事を読む

CANON POWER shot G1 X MARK Ⅲ を買った。やっとこさ綺麗に撮影出来だした。

デジタル一眼レフがあまりに重いので コンパクトデジタルカメラに最近 買い換えた。

記事を読む

WRCラリー・スウェーデン速報。

新型TOYOTAプリウスphv。2月15日発売です。しかしラリーの動画を見ているとついついとばしまく

記事を読む

zvw52プリウスphv納車4日目。昨日はバッテリーを空にしたので今日はおとなしく乗ろう。

バッテリー空   アメリカで苦悩するTOYOTAの為に17年ぶりに購入したクル

記事を読む

プリウスPHV(ZVW52型)納車から608日目。走行距離24218㎞。充電した電力量1728kWh。1日の走行距離約40㎞。電気代の支払いは累計17000円ほど。

ガソリン代!今まで何回入れたかなあ。多くて6回やなあ。5000円/回も要らないけど。6×5

記事を読む

新型プリウスphvの弱点はインテリアと4人しか乗れないシートだ!

新型プリウスphv   良い車で最新の装備が揃っていて何より燃費(電費)が良い

記事を読む

フォルクスワーゲン(VW)パサートに「TSIエレガンスライン」

VWことフォルクスワーゲンからパサート 新グレード 「TSIエレガンスライン」を発売  

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link