WRCRALLYSWEDEN超速報!頑張ってるよトヨタでも出走順位が災いしてる。頑張れYARISWRCは調子良い

<RALLYPLUSネット>

からWRCRALLYスウェーデンの超速報メールが届いた。

RALLYPLUSネットのラリプラメンバーズの特典ですね。10800円で本が5冊かな

立派なカレンダーとかちょっとしたノベルティが付いてその上にこのWRCRALLYの速報メールが付いていて


おお!前回のWRCRALLYMonte Carloの不振を覆すかの様なHYUNDAIの活躍ですね。1位〜3位までHYUNDAIです。

ティエリー・ヌーベルもWRCRALLYMonte Carloでは5位でしたから

かなり鬱憤が溜まっていたのでしょう。CITROENも調子良さげですね。

 

 

土 2018/02/17, 1:36
【SS8速報】Torsby 1 (9.56 km)
1. H.パッドン(H) 6:23.8
2. T.ヌービル(H) +2.9
3. A.ミケルセン(H) +3.0
4. E.ラッピ(T) +3.6
5. M.オストベルグ(C) +5.7
6. T.スニネン(F) +7.0

【After SS8 of 19】
1. T.ヌービル(H) 1:16:13.1
2. A.ミケルセン(H) +4.9
3. H.パッドン(H) +12.1
4. C.ブリーン(C) +12.6
5. M.オストベルグ(C) +13.2
6. T.スニネン(F) +29.6
7. E.ラッピ(T) +38.5
8. J.ラトバラ(T) +1:06.2
9. O.タナク(T) +1:29.0

SS9は日本時間17日(土)15:54スタート予定です。

 

われらがトヨタと言えば 7位のエサペッカ・ラッピがトップ 首位とはまだまだ38.5秒差ですからこれはまだまだ射程圏内ですね。

まだ初日ですから、まずはマシンにどんなトラブルが出るかもわかりませんからね。

そしてシェイクダウンで2位だったヤリーマティ・ラトバラは8位。

シェイクダウンで1位だったオット・タナクは9位とちょっと低迷していますね。なんかトラブルがあったのでしょうね

まだその記事がどこにもあがってないので

わかりません。

スウェーデンの近所のエストニア出身のオット・タナクは母国エストニアではヒーロー扱いらしいですね。人口の少ない

エストニア。スウェーデン近いので多くの応援団が来てるらしいですね。

 RALLYPLUSネットで2日めの様子が記事になりましたね。


どうも前のWRCラリー・モンテカルロで上位だった選手がスタート順が上の方で

新雪が降った後、雪かきの状態で走ったからだそうですね。

特にオット・タナクは大変な雪かきだったことが伺えます。ヤリーマティ・ラトバラも

エサペッカ・ラッピはまだ後ろの方なので調子良かったけど

最後の方でエアフィルターに雪をくっつけてしまいパワーダウンで

遅れたらしいですね。トラブルだったのはエサペッカ・ラッピの方でオット・タナクもヤリーマティ・ラトバラも

自然条件、出走順番がアダになっただけで、マシントラブルでも無いのでまだまだチャンスはありますね。

 

しかし新雪が原因だなんて

やはり自然には勝てないということです

この不公平な感じはもっとフラットにしてあげたいですね。

何台か走らすとか。前に

今年は日本でも大雪です。
特に東北は大変でした。
ここ四国も大変でしたけど

なんとか雪解けになって来ましたね。

この大雪もラニーニャ現象とか温暖化の影響とか言います。
異常気象もひどいですね。

なんとか地球環境を守るためにも低炭素社会を実現するためにもトヨタを応援し
プリウスphvを乗っていきます。

よろしくお願いします。

しかしMSPORTのセバスチャン・オジエはどこに行ったのか?

10位までに名前がありません。

<ポチッとご協力お願いします>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

昨年のル・マンの悲劇が思い出される。世界耐久選手権WECに参戦のTS050新型発表!

TOYOTAGAZOO Racing TOYOTAGAZOO Racingが活躍しているのは何

記事を読む

EV化に反対の人もいる。考え方が違いますからね。リチウムイオン電池から全固体電池に変わるとEVは良いですよ〜。

プリウスPHV専用WHMの指示数は510.4kwh 昨日が504.5kwhなので510.4kwh&#

記事を読む

TOYOTA将来はモデル数を減らす。国内の。でも地域別に造ってくれたら良い。

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

高速走行!燃費は26.7km/リットル

高速走行でした。お陰でオドメーターはぐんぐん伸びて11000kmを超えました。 2度めのオイル

記事を読む

セバスチャン・オジエ Mスポーツ残留

昨シーズンまでVWワーゲンで4連覇 そして今年M・スポーツに移り <ラリープラスより>

記事を読む

古民家再生も古材も低炭素社会には貢献します。こういったこういったことから大事にしたい。

後ろの古民家築80年くらいかな隣の100年のより痛みが激しい!! 古民家再生 我々が預

記事を読む

新型プリウスPHVのお値段は?50系のプリウスHVの50万円高くらいに収まれば良いのだが。まあそうもいかんだろうな。ガスインジェクションエンジンや11.6インチのカーナビもあるしね。

新型プリウスphvのお値段は?   どんどん発売が遅れているプリウスphv

記事を読む

ここは雪国。いつもすれ違う白いプリウスphvは元気に走ってたけど私は軽トラ4駆。でなんとか走った。

ここは四国。まるで雪国の様ですが四国ですね。今年は雪がとても多いですね。 こう雪が多いと数回に

記事を読む

新型プリウスphv 注文した!ライバルは? メルセデス ベンツ E ステーションワゴン オールテレーン

メルセデス・ベンツは E220 Dに魅力的な オールテレーンを 出してきましたね  

記事を読む

TOYOTA新型プリウスphvの最新設備。

TOYOTAプリウスphvの 根幹であるphvシステムは ディアルモーターや エネ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link