プリウスphv。連日の雪のためほとんど乗れず。WRCラリーモンテカルロはTOYOTA調子良さそう。オット・タナクが今のところセバスチャン・オジエに続く第2位。エサペッカ・ラッピも4位。ヤリーマティ・ラトバラも5位。TOYOTAYARISWRCマシンの調子が良さそう。

連日雪のためプリウスphvはテストが出来ず。悲しいですね。

こんな時に始まりましたよ。RALLYMonte Carlo

 

【RALLYPLUSネットより引用】


WRCモンテカルロ:競技2日目を終え首位オジエにタナクが迫る


©M-SPORT


WRC開幕戦モンテカルロは競技2日目、SS8までを終えて、Mスポーツ・フォードのセバスチャン・オジエが総合首位を堅持。2番手にトヨタのオット・タナク、3番手にヒュンダイのダニ・ソルドがつけている。

TOYOTA


1月26日金曜日のステージはSS3〜SS8の計6SS、3SSを2度走行する144.88kmという設定。この日は例年にくらべて気温が高く、時おり雨の混じる難しいコンディションのラリーとなった。オープニングのSS3では、タナクがヤリスWRCで初のSSベストタイムを獲得。チームメイトのエサペッカ・ラッピをかわし総合4番手に浮上した。続くSS4では、総合3番手に順位を落としていたヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンがオルタネータートラブルでSSスタート前にリタイアを余儀なくされている。1ループ目最後のステージとなるSS5、タナクはSSベストタイムのエルフィン・エバンス(Mスポーツ)から0.3秒遅れのセカンドベスト。タナクはこれでソルドをかわし、総合2番手に。この時点で首位オジエとタナクの差は40.4秒となっていた。

HYUDAI


サービスを挟んだSS6、タナクは再びベストタイムをマーク。オジエとの差を33.9秒とし、じわりとプレッシャーをかける。続くSS7は強い雨に見舞われたうえ、路肩の泥が掻き出されて非常に滑りやすいコンディションに。ここで首位のオジエがコースアウト。オジエは観客の助けを借りてコースに戻ったもののタイムロスは免れず、SS7番手タイムでフィニッシュ。タナクも慎重な走りながらSS3番手タイムをマーク、オジエとの差を19.3秒まで縮めることに成功した。そしてこの日最後のSS8、雨は上がっているものの難しいコンディションであることに変わりはない。オジエはSS8番手、タナクはSS3番手とし、ふたりの差は14.9秒にまで接近することとなった。オジエと総合3番手のソルドの差は59.7秒あり、ラリーはオジエとタナクの一騎打ちの様相を呈してきた。後方では、トヨタのラッピとヤリ‐マティ・ラトバラが0.2秒差で4番手を争っている。

CITROEN


ラリーはあと2日、ステージは9SSが残されており、まだまだ何が起きるか分からない。競技3日目はSS9〜SS13の5SS、117.55km。ドライバーたちは3日目最後のサービスを終えた後、一路モナコへと移動する。SS9は日本時間27日16:08スタート予定。WRCモンテカルロ デイ2暫定結果
1. セバスチャン・オジエ フォード・フィエスタWRC 2:07:15.4
2. オット・タナク トヨタ・ヤリスWRC +14.9
3. ダニ・ソルド ヒュンダイi20クーペWRC +59.7
4. エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリスWRC +1:09.9
5. ヤリ‐マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリスWRC +1:10.1
6. クリス・ミーク シトロエンC3 WRC +2:45.4
7. ブライアン・ブフィエ フォード・フィエスタWRC +3:34.6
8. エルフィン・エバンス フォード・フィエスタWRC +4:01.7
9. ティエリー・ヌービル ヒュンダイi20クーペWRC +4:04.1
10. クレイグ・ブリーン シトロエンC3 WRC +5:06.6

 

TOYOTAGAZOO Racingのオット・タナクが第2位ですね。14.9秒差ですから射程圏内ですね。エサペッカ・ラッピも驚きの4位。5位にはヤリーマティ・ラトバラ

エサペッカ・ラッピは昨年まだTOYOTAでここを乗って無いですからねえ

凄いですね。

いつもお世話になってるRALLYPLUSネット。

 

ラリプラメンバーズに入会することをオススメしますよ。なんたって速報メールが良いですね。他にも特典いっぱいありますから是非。

 

 



 

それでは「ラリプラ・メンバーズ 2018」概要のご紹介です。

【その1】雑誌RALLY PLUSのレギュラー刊行分をご自宅にお届け
【その2】メンバーズ限定オリジナルグッズを雑誌RALLY PLUSお届け時に封入
【その3】満員電車でもラリプラが読める! デジタル版をダウンロード可能
【その4】会員限定ストラップ&クレデンシャルカードをお届け
【その5】WRC全戦と全日本ラリー全戦でSS速報メールを送信
【その6】メンバーズ会員限定のメールマガジンを発行
【その7】小林直樹カメラマン渾身のワールドラリーカレンダーをお届けします
【その8】会員限定イベントの開催や各種イベント優待(アイデア募集中)

その5が良いですね。WRCやRALLYPLUSとのつながり感が良いです。トヨタを応援してて本当に良かったと思える今日このごろです。

初戦 ラリー・モンテカルロ優勝して欲しいですね!!

 

 

<ポチッとご協力お願いします>
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

NISSANタイタン

全然エコカーでも プリウスphvのライバルでも無いのですが アメリカではこんな車が

記事を読む

TOYOTA GAZOO RACINGとは?

プリウスphvを頼んでまだこない?こないと嘆いているものです。しかし遅いですね。まあ2月15日発売で

記事を読む

プリウスPHV!離れていてもリモートエアコンで冷房がつけれる。

リモートエアコン アカプリ子の購入したグレードはプリウスPHV Sナビパッケージ。あの11.6

記事を読む

プリウスphv充電方法は?何が良いか?今更感はあるが単相200Vです。ガソリンも高くなってきたから今乗っている方もじっくり考えよう。

今の状態です。17kmの往復走ってもまだ39.8km走れます。しかしそれは天候や気温や道路

記事を読む

今月 344kmしか乗っていない。総走行距離5950km 

T−コネクト見たら本当に乗っていないですね。 合計で12日間 344kmしか走っ

記事を読む

TOYOTA将来はモデル数を減らす。国内の。でも地域別に造ってくれたら良い。

おお!TOYOTAよ!アカプリ子の言うことを聞いてないねえ 国内の販売車種を半減させるとの

記事を読む

花粉症のあカプリコ。昨日からプリウスphvは倉庫の中!

プリウスphv充電用のメーターは 732.6kwhを指しているけど 最近メーター検針をし

記事を読む

プリウスphvのライバル BMW330eは買いか?値段的にもステータス的にも上だけど性能的にはプリウスphvかなあ。でも3シリーズのデザインもぼちぼち飽きて来ましたね。

プリウスphvもグリーンカー・オブ・ザ・イヤー2017取れなかったですね 売れてるかどうかが問

記事を読む

GRプリウスPHV箱根を走る。昨年はブルーのzvw52プリウスphvだったけど今年はホワイトのGR プリウスphv。テレビ映りは地味だけど実際はGR魅力的。細部がね。

昨年は発売前のプリウスPHVが大会の本部車として走っていましたがなんと今年はGRのプリウスPHVです

記事を読む

プリウスPHVをもっと楽しくするには?アンチトヨタが多いですから。豊田章男社長も言ってたしね。スタイルはトヨタらしくないけど、アプリとかに遊び心が足りない。海でも行って遊び心を磨くか。

スタッドレスタイヤを履いて大型の他人のヨットの前のアカプリオ 大間マグロで注目されてるすしざ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link