GRプリウスPHV箱根を走る。昨年はブルーのzvw52プリウスphvだったけど今年はホワイトのGR プリウスphv。テレビ映りは地味だけど実際はGR魅力的。細部がね。

昨年は発売前のプリウスPHVが大会の本部車として走っていましたがなんと今年はGRのプリウスPHVですね。

しかし目立ちませんね。細い目がなお細く見えます。しかしカタログを見るとその奢ったパーツ類が魅力的に映ります。

あのLFAを造っていた工場で造ってるらしいですね。今やLFAは造って無いですから、ベース車を入れて造り直しているんでしょうかね。

ラインを見てみたいものです。

昨年の覇者 青山学院も今は2位ですがヒタヒタと首位に近づいていますね。GR仕様のプリウスPHVはトップについて行ってますけど

TOYOTAのワンボックスなにかなあボクシーかな?の影で見え隠れしています。

1日には実業団の駅伝があって、2日〜3日は箱根駅伝でいつものことではあるけど、新年そうそう大変ですね。その姿を見て毎年運動しようと

思うのですが、すぐ忘れますね。人間は忘れる動物です。

 

車造りもこれからどうやって次世代に繋げるか?TOYOTAは明確に2025年にはエンジンのみの車は造らないと発表していますから

好感が持てますけどね。

 

マツダやスバルも良い車は造っているけど、本格的な電動車はまだまだですからね。ハイブリッドもあるけど、TOYOTAからの技術提供が多いので

主力商品とはなっていないですね。マツダはまだまだskyactivのエンジン車に力を入れると発表していますしね。

日産もなんやかんやで大変ですしね。

新型リーフも400kmの70%くらいしか走らないとレポートされていた人もいますし。

どんどん評判を落としているとしか思えません。起死回生の一発は出るんでしょうかね?

モデル末期のフェアレディやGT−Rの次期型にも期待したいところであります。

日産の傘下に陥った三菱もPHEVの技術は凄いし、ライフスタイルから言えばプリウスPHVより合っていたかもしれないクルマだったんですけどね

 

エクリプスもsuvになって出ましたが、ホント次世代に繋げるクルマメーカーとして復活するのはいつになることでしょう?

再度TOYOTAの様にWRCの世界にも復活して欲しいですけどね。

どうなることやら日本のメーカー。淘汰されるのか次世代にも残るのか

今が正念場の気がします。箱根駅伝を見ながらそう思いました。

TOYOTAも大きくなりすぎたメーカーだけにちょっとの事で大変な事になります。頑張れTOYOTA。そして日本の車メーカー。

<ポチッとご協力お願いします>にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑のおばさん!」「信号?」「緑を

記事を読む

最高のデートカーマツダロードスターRF

もし、今プリウスphvを諦めて、別の新車を購入するとなると、マツダRoadsterRFが欲しい。

記事を読む

プリウスphv。今月は10日しか乗っていない。寒いから良いデータが取れていない。これではプリウスphv売れない。もっと頑張る。でも外は雪が積もっている?東北か?

今月はなんと10日しか乗って無いですね。1/3ですね。そんなに休んでは無いですよ。しかし凍てつく寒さ

記事を読む

NISSAN phv 発売へ 早速三菱自動車の技術を応用 SUVに搭載

日産自動車が、傘下に収めた 三菱自動車の技術を使って プラグインハイブリッド車 (phv)を初

記事を読む

zvw52プリウスphv充電時にも音がしないような・・。

プリウスphv充電時の音量   昨日の初めての充電は見事成功しましたが

記事を読む

プリウスPHV!離れていてもリモートエアコンで冷房がつけれる。

リモートエアコン アカプリ子の購入したグレードはプリウスPHV Sナビパッケージ。あの11.6

記事を読む

石原さとみ 新型プリウスPHVに乗ってバーベキューがしたい。

石原さとみ 石原さとみさんの宣伝するプリウスPHV。それだけ力が入っているということは「売らな

記事を読む

ZVW52プリウスPHV PocketPHVの為にモトローラ motog5PLUSを買った。何かと物入り

PocketPHV クルマから離れていても、車両情報(電池残量・外部給電・ソーラー充電)の確認

記事を読む

WRCラリーフランス速報!優勝は?

おお!超速報 超速報でましたね。やりましたヒュンダイのティエリー・ヌーベルが今季初優勝です。

記事を読む

TOYOTAも将来的にはやはり電気自動車だと思い出しましたかね。

TOYOTA、全固体電池搭載のEV発売へ、数分で充電、22年国内 プリウスPHVに乗るアカプリ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>