日本カーオブザイヤー2017ー2018結果!

2017-2018日本カーオブザイヤー決定いたしました。プリウスPHVなら良いのになんと

スウェーデンのボルボXC90です。

確かに直線を活かしたこの北欧のスカンジナビアデザインは素敵ですが、今や中国の企業ですからね。まあそういった意味では中国の車造り強いてはものづくりがここまでのレベルになったということでしょうが。侮れないですね。TOYOTA包囲網がますます厳しくなっていると言うことでしょうね。

 

受賞理由といえば

扱いやすい手頃なサイズのBODYに現代のSUVに求められる快適性、機能性、運転の楽しさなどの要素を高い次元でバランスさえた。そして、いかにも北欧デザインと感じさせる美しい内外装と、そのクオリティの高さは見事。さらにボルボらしい安全装備の充実も素晴らしい。また、プラグインハイブリッドを含む豊富なパワートレーンを用意したことも高く評価した。

2017 – 2018 日本カー・オブ・ザ・イヤー得点表

  1位  ボルボ XC60(ボルボ・カー・ジャパン株式会社)294点

  2位  BMW 5シリーズセダン/ツーリング(ビー・エム・ダブリュー 242点

  3位  トヨタ カムリ(トヨタ自動車株式会社)232点

  4位  スズキ スイフトシリーズ(スズキ株式会社)210点

  5位  ホンダ N-BOX/N-BOXカスタム(本田技研工業株式会社)189点

  6位  レクサス LC(トヨタ自動車株式会社)  115点

  7位  アルファ ロメオ ジュリア(FCAジャパン株式会社)  89点

  8位  マツダ CX-5(マツダ株式会社)  83点

  9位  シトロエン C3(プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社) 35点

  10位 フォルクスワーゲン ティグアン(フォルクスワーゲン グループ ジャパン11点

 

1-2位がヨーロッパ車ですね。

 

 



 

ただTOYOTAにも清き票は集まってますよ。TOYOTAプリウスPHVにイノベーション部門賞。イノベーションとは革新という意味でしょうか?



授賞理由

クルマの電動化という流れの中で、PHVのメリットを最大限に実現した。多くのメーカーによるPHVが1モーターであるのに対してプリウスPHVは2モーターを採用し、それを巧みに制御することであらゆる領域で低燃費を維持する。さらにソーラー充電の本格的な実用化などもイノベーティブであると判断した。

 

エモーショナル部門賞には LEXUSLC500が授賞していますね。

 

授賞理由は

見る者に大きなインパクトを与えるダイナミックで美しく独創的なスタイリング。さらにマルチステージハイブリッド車、5LV8エンジン車とともにドライビングの楽しさに満ちあふれている点などから、LEXUSブランドをけん引するにふさわしい、もっともエモーショナルなモデルであると高く評価した。

 

そして日本カーオブザイヤー実行印回特別賞に我がTOYOTAプリウス授賞していますね。



 

授賞理由

トヨタ自動車は1997年に世界初の量産ハイブリッド車であるプリウスを発売して以来、2017年1月までの約20年間に世界で累計1000万台のハイブリッド車を販売。これによる地球環境改善への貢献は大きく、さらに世界の自動車メーカーへ影響を与えて環境対応車の普及を促した。以上の点を高く評価した。


プリウス1000万台は凄いですね。発表された時は燃費の良さやそのスタイルに憧れました。上司が持っていて羨ましかったです。

それが、ふつーの車になってみんなの手に届くとは思いませんでしたが、多くの知り合いが乗りヒット商品になり1000万台も売りました。凄いですね。

まあこの結果ガソリン安を招く一端にもなったのですけどね。

プリウスPHVはイノベーション賞。イノベーティブであることは間違いありません。ただそこを詳しく説明することはCMでも無理ですね。ホームページでも

だかたこのブログで頑張ってます!応援よろしくお願いします!!
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

EV航続可能距離 80kmに達しました!

EV航続可能距離80kmに達しました。   最近は毎日充電しています。

記事を読む

no image

ドイツのBMW も100周年 なんですね?とても知的でクールなイメージのBMW.でもドイツも悩んでますよね。PHVも良いですよね。でも・・。

ドイツプレミアムブランドBMW 100周年らしいですね! これまでのBMWは優等生的な4ドア

記事を読む

WRC速報。ヒュンダイ絶好調!ヤリ-4位。

WRCラリーオーストラリアは1日目 WRCオーストラリア SS8速報

記事を読む

リフォーム中で充電器が使えなかったけど。それでも燃費が良いねえ。助かる。

14500km走りました。ちょっと今リフォームしているので 電気使えなかったのですけど

記事を読む

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、何よりボディコーティングのお陰

記事を読む

TOYOTAも将来的にはやはり電気自動車だと思い出しましたかね。

TOYOTA、全固体電池搭載のEV発売へ、数分で充電、22年国内 プリウスPHVに乗るアカプリ

記事を読む

いよいよ赤いプリウス納車まで約1ヶ月。連休前に納車が嬉しいな!

納車まで一ヶ月 アカプリ子の赤いプリウスphvの納車ももう1ヶ月になりました。もう少しの辛抱で

記事を読む

結局プリウスphvの方がカッコいいと想う。少し安心。マイチェンプリウスはなんかアウトドア仕様に良いのかな。腰高に見えるし。

今朝は1546.9kwh 昨日が1542.2kwhなので、4.7kwhですね。少し

記事を読む

TOYOTAプリウスphvフロント右バンパー交換。2度目。実は前回の交換でボディとバンパーの隙間が一定で無かったんです。そのために再度ぶつけたわけでは無いのですが、心の中でどこか引っかかっていたんでしょうね。

やはりこの隙間は均等で無いような気はします。しかしこのバンパー。右と左に別れているので値段は198

記事を読む

通勤時いつもすれ違うプリウスphvの撮影に成功。ナンバー映ってないから良いだろう。

今日は気温➖12℃。信じられない気温ですね。今まで➖5℃までしかなったこ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link