WRCオーストラリア ヤリーマティ・ラトバラ2位だあ。

WRCオーストラリア:2日目を終えて総合首位はヌービル。20.1秒差でラトバラ
RALLY PLUS · 2017-11-18 ラリーオーストラリア TOYOTA本調子出だしたぞ。

 

 

【ラリープラスNETより引用】
©HYUNDAI
WRC第13戦オーストラリアは競技2日目を終了し、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合首位、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラが総合2番手となった。ふたりの差は20.1秒。総合3番手にはMスポーツのオット・タナクがつけている。

TOYOTA
競技2日目はSS9〜SS16の計8SS、140.27km。オープニングステージとなるSS9ナンブッカは48.89kmとラリー最長のSSであり、ラリー全体を通じての山場と言える。20秒以上のリードを得て有利な出走順を維持できるアンドレアス・ミケルセンにとっては、なんとかここで踏ん張りたいところだ。

そのSS9でベストタイムをたたき出したのは総合2番手につけるヌービル。セカンドベストタイムをマークしたラトバラは、シトロエンのクリス・ミークをかわして総合3番手に浮上した。一方首位のミケルセンはSS4番手タイム。ヌービルに5秒以上詰められはしたが、ソフトタイヤを温存する作戦を採っており、後半巻き返せる余裕を持っている。

M-SPORT
しかし続くSS10が、この日の流れを変えるターニングポイントとなった。ヌービルは右フロントタイヤを破損しタイムロス、ギヤボックスにもトラブルを抱えてしまう。そしてミケルセンはコーナーアウト側のバンクにヒット。左側の前後輪をパンクして競技続行を諦めることとなった。これでヌービルが総合首位に立つこととなった。波乱の展開となったSS10を制したのはラトバラだった。このSSだけでヌービルとの差を8秒削り、総合順位で5.7秒差の2番手にピタリとつける。

ショートサーキットを利用したSS11とサービスを挟んで迎えたSS12は、33.49kmのウェルシュズクリーク。ヌービルはここで渾身のベストタイムを刻み、一方のラトバラは9.9秒遅れのSS3番手に。ヌービルは続くSS13でも一番時計でフィニッシュし、ラトバラとの差を19秒にまで拡大することに成功した。なんとか盛り返したいラトバラだが、SS14がキャンセルとなったため、残された市街地の2SSでは逆転も叶わず。総合2番手のままこの日を終えることとなった【ラリープラスNETより引用】

CITROEN
SS16までを終えて、総合首位のヌービルと総合2番手ラトバラの差は20.1秒。ラトバラと総合3番手タナクの差は20.5秒。以下シトロエンのクレイグ・ブリーン、ヒュンダイのヘイデン・パッドン、Mスポーツのセバスチャン・オジエが続いている。

競技最終日となる3日目に残されているのはSS17〜SS21の5SS、64.64km。なかでも、3日目のSS走行距離の半分を占めるSS18ブッカ(31.90km)がひとつのポイントとなるはずだ。オープニングのSS17は日本時間19日(日)5時38分スタート予定。

WRCラリーオーストラリア SS16終了時点暫定リザルト
1. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:05:11.6
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +20.1
3. オット・タナク(フォード・フィエスタWRC) +40.6
4. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +1:05.2
5. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:21.1
6. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +1:48.2
7. ステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC) +3:00.2
8. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +3:25.3
9. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +4:20.3
10. ネイサン・クイン(三菱ランサーエボリューションX)

【ラリープラスNETより引用】

ヤリ-マティ・ラトバラが2位まで浮上しましたね。

エサペッカ・ラッピも9位

 

来年マシンは違うけどTOYOTAに来る

オット・タナクも3位

 

来シーズンが楽しみや〜

<ポチッとお願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

プリウスPHVの高速道路の燃費はやはり厳しい

プリウスPHVの女神はやはりこちら 石原さとみさんですよね。   さてさ

記事を読む

毎朝 赤いプリウスphvと白いプリウスphvとすれ違う時が来た!やっと!

写真は私のアカプリオ号。 もうすぐ1年 走行距離は10700kmくらい。 このクルマと低

記事を読む

プリウスPHV昨晩は4.5kwh消費! 電費は7.5km/kwh!

このブログを書いている理由   1.低炭素社会を創造するため 2.HV車

記事を読む

ZVW52 プリウスPHVに乗るソーラー発電システム 

ZVW52 プリウスPHVに乗るソーラー発電システムについて 取扱書の186ページになりますね

記事を読む

ポルシェの市販EV日本ではこんなに早く充電できないよ。きっと。

昨日はプリウスPHVの走行は〇、ゼロです。雪が降っていたからでは無く軽四を運転したからです。本日は短

記事を読む

TOYOTAも将来的にはやはり電気自動車だと思い出しましたかね。

TOYOTA、全固体電池搭載のEV発売へ、数分で充電、22年国内 プリウスPHVに乗るアカプリ

記事を読む

もしもお金がたくさんあって困らんのやったらポルシェにするなあ。911かパナメーラか迷うなあ。

もしアカプリ子が年収3000万円くらいあったらTOYOTAや無くてポルシェにしますね。昔から好きだっ

記事を読む

トヨタもプリウスPHVを見捨てなかった。レースに使う。

プリウスPHVで本日もドライブ。先日書いた石灰の切り出した跡をバックに。 明日は雨だけど洗車

記事を読む

新型プリウスphvも9200kmくらい走った。ガソリン代も135円くらいと高くなったのでよりメリットでるかな。

昨日と今日と少し寒いけど 随分と春らしくなりましたね。 明日は3月11日 あの東北大震災か

記事を読む

EV走行可能距離70.2kmとカタログ値の68.2kmを超えた!

EV走行可能距離70.2km またまたカタログ超え!どこまで行くのか?EV走行可能距離。このま

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link