WRCオーストラリア ヤリーマティ・ラトバラ2位だあ。

WRCオーストラリア:2日目を終えて総合首位はヌービル。20.1秒差でラトバラ
RALLY PLUS · 2017-11-18 ラリーオーストラリア TOYOTA本調子出だしたぞ。

 

 

【ラリープラスNETより引用】
©HYUNDAI
WRC第13戦オーストラリアは競技2日目を終了し、ヒュンダイのティエリー・ヌービルが総合首位、トヨタのヤリ‐マティ・ラトバラが総合2番手となった。ふたりの差は20.1秒。総合3番手にはMスポーツのオット・タナクがつけている。

TOYOTA
競技2日目はSS9〜SS16の計8SS、140.27km。オープニングステージとなるSS9ナンブッカは48.89kmとラリー最長のSSであり、ラリー全体を通じての山場と言える。20秒以上のリードを得て有利な出走順を維持できるアンドレアス・ミケルセンにとっては、なんとかここで踏ん張りたいところだ。

そのSS9でベストタイムをたたき出したのは総合2番手につけるヌービル。セカンドベストタイムをマークしたラトバラは、シトロエンのクリス・ミークをかわして総合3番手に浮上した。一方首位のミケルセンはSS4番手タイム。ヌービルに5秒以上詰められはしたが、ソフトタイヤを温存する作戦を採っており、後半巻き返せる余裕を持っている。

M-SPORT
しかし続くSS10が、この日の流れを変えるターニングポイントとなった。ヌービルは右フロントタイヤを破損しタイムロス、ギヤボックスにもトラブルを抱えてしまう。そしてミケルセンはコーナーアウト側のバンクにヒット。左側の前後輪をパンクして競技続行を諦めることとなった。これでヌービルが総合首位に立つこととなった。波乱の展開となったSS10を制したのはラトバラだった。このSSだけでヌービルとの差を8秒削り、総合順位で5.7秒差の2番手にピタリとつける。

ショートサーキットを利用したSS11とサービスを挟んで迎えたSS12は、33.49kmのウェルシュズクリーク。ヌービルはここで渾身のベストタイムを刻み、一方のラトバラは9.9秒遅れのSS3番手に。ヌービルは続くSS13でも一番時計でフィニッシュし、ラトバラとの差を19秒にまで拡大することに成功した。なんとか盛り返したいラトバラだが、SS14がキャンセルとなったため、残された市街地の2SSでは逆転も叶わず。総合2番手のままこの日を終えることとなった【ラリープラスNETより引用】

CITROEN
SS16までを終えて、総合首位のヌービルと総合2番手ラトバラの差は20.1秒。ラトバラと総合3番手タナクの差は20.5秒。以下シトロエンのクレイグ・ブリーン、ヒュンダイのヘイデン・パッドン、Mスポーツのセバスチャン・オジエが続いている。

競技最終日となる3日目に残されているのはSS17〜SS21の5SS、64.64km。なかでも、3日目のSS走行距離の半分を占めるSS18ブッカ(31.90km)がひとつのポイントとなるはずだ。オープニングのSS17は日本時間19日(日)5時38分スタート予定。

WRCラリーオーストラリア SS16終了時点暫定リザルト
1. ティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20クーペWRC) 2:05:11.6
2. ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC) +20.1
3. オット・タナク(フォード・フィエスタWRC) +40.6
4. クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC) +1:05.2
5. ヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC) +1:21.1
6. セバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC) +1:48.2
7. ステファン・ルフェーブル(シトロエンC3 WRC) +3:00.2
8. エルフィン・エバンス(フォード・フィエスタWRC) +3:25.3
9. エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC) +4:20.3
10. ネイサン・クイン(三菱ランサーエボリューションX)

【ラリープラスNETより引用】

ヤリ-マティ・ラトバラが2位まで浮上しましたね。

エサペッカ・ラッピも9位

 

来年マシンは違うけどTOYOTAに来る

オット・タナクも3位

 

来シーズンが楽しみや〜

<ポチッとお願いします>

&nbspにほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

プリウスphvは太陽光パネルでどれだけ走るか?

プリウスphvソーラーパネルの実力 訳あって充電の出来ない別荘でお泊り。アカプリ子の普段の家で

記事を読む

旧型プリウスPHVのカタログが残っていたよ。

納車 アカプリ子のプリウスPHVの納車は5月の連休明け!連休明けですよ。連休にはタップリ走ろう

記事を読む

TOYOTAの今年。ルマンは勝つか?WRCは何度表彰台に乗るか?苦心のHVは復調なるか?phvは売れるか?

新年明けましておめでとうございます。色々考えさせられる平成30年ですね。トヨタにとっても正念場です。

記事を読む

本日はロングドライブ 122.4kmくらいの予定です。

高速ですから近いし1時間と30分位で着くでしょう。まだ出発しませんけどね。寒いから。信頼しているGo

記事を読む

PHVは本当に燃費が良いのか?詳しい燃費が知りたい方へ

PHV本当の電費   EV走行可能距離もどんどん伸びてますね。エアコンかけずに

記事を読む

プリウスphvの充電の為の消費電力を正確に測るためにメーターを買った。

なぜ8.8kwhのプリウスphvの充電をするのになぜ空の状態から満充電まで消費電力が6.47kwhに

記事を読む

若者のクルマ離れを防ぐ方法!

若者のクルマ離れを防ぐ方法は クルマの選択肢を増やすこと。特にアメリカなどで大人気の ピ

記事を読む

やはりゴー&ストップはPHVでも燃費が悪い(泣)

昨日は市内 所要で行ったり来たり。 500Mとか1.9kmとか   短い

記事を読む

新春初乗りは7.5km/kwhでした。アクリルの黒い部分が青くなったらカッコイイなあ。これで売れるかなあ。売れないだろうな。

今朝のプリウスPHV充電専用メーターの指示数は504.5kwhです。ずっと正月の間は乗らなかったので

記事を読む

今朝も外気温は0℃。PHVに厳しい冬はまだ長い。春は遠い。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link