WRC速報。ヒュンダイ絶好調!ヤリ-4位。

WRCラリーオーストラリアは1日目
WRCオーストラリア SS8速報
ラリープラス編集部 <members@rallyplus.net>
金 2017/11/17, 16:58
members@rallyplus.net;
【SS8速報】Destination NSW  SSS – II (1.27 km)
1. T.ヌービル(H) 1:00.9
2. O.タナク(F) +0.7
3. C.ブリーン(C) +1.3
4. S.オジエ(F) +1.4
5. K.ミーク(C) +1.5
6. J.ラトバラ(T) +1.6【After SS8 of 21】
1. A.ミケルセン(H) 57:51.9
2. T.ヌービル(H) +20.1
3. K.ミーク(C) +20.8
4. J.ラトバラ(T) +29.9
5. C.ブリーン(C) +30.8
6. O.タナク(F) +33.0

SS9は日本時間18日(土)朝5:18スタートです。

と超速報でも無いですけど
WRCオーストラリア 競技初日を終えてヒュンダイのアンドレアス・ミケルセンがリード
ですね。
WRC第13戦

オーストラリアは競技初日を終了し、ヒュンダイのアンドレアス・ミケルセン(ヒュンダイi20クーペWRC)が総合首位に立っている。2番手には同じくヒュンダイのティエリー・ヌービル(i20クーペWRC)、3番手にはシトロエンのクリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)という順位。首位ミケルセンと2番手ヌービルの差は20.1秒と、後方スタートを利したミケルセンがリードを広げている。

この日行われたのはSS1〜SS8の計8SS。乾いたグラベルロードが待ち受ける難しいコンディションのもとで多くのドライバーが苦労する1日となった。

9番手スタートのミケルセンはラリーの出だしから好調ぶりを発揮。SS1〜SS4まで4連続ベストタイムをたたき出す快走を見せて、一気に後続との差を拡げにかかる。SS5ではヌービルがベストタイムをマークして、総合3番手に浮上。さらにヌービルは続くSS6でセカンドベスト、SS7、SS8のスーパSSでは連続トップタイムをたたき出し、ミークを0.7秒逆転して総合2番手の座を奪取した。


CITROEN


ミークは6番手スタートながら、序盤からミケルセンのペースについて行く好走を見せたが、SS3でコーナーをオーバーランしタイムロス。SS8でヌービルの逆転を許したものの総合3番手につけた。

ヤリ‐マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)は、ベストタイムこそないもののコンスタントに好タイムを並べて4番手。以下、クレイグ・ブリーン(シトロエンC3 WRC)、Mスポーツのオット・タナク(フォード・フィエスタWRC)と続き、ニュージーランドのファンから大きな声援を受けるヘイデン・パッドン(ヒュンダイi20クーペWRC)が7番手となっている。


TOYOTA


Mスポーツのセバスチャン・オジエ(フォード・フィエスタWRC)は、先頭スタートのハンデに加えてSS2で発生したギヤシフトのトラブルが昼のサービスでも解消せず、午後も問題を抱えたままの走行となり8番手。エサペッカ・ラッピ(トヨタ・ヤリスWRC)はSS2でパワーステアリングのアシストを失い、大きくタイムを落とし11番手で初日を終えている。


M-SPORT


明日の競技2日目はSS9〜SS16の計8SS、140.27kmを走行する。最大の山場は、この日の開幕ステージに設定されている48.89kmのナンブッカ。日本時間18日(土)朝5:18より、選手たちは今大会の最長ステージにアタックする。

【ラリープラスNETより】

 

我らがTOYOTAGAZOO Racingのヤリーマティ・ラトバラは

堅実な走りで4位ですね。

 

まあまだまだ1日目

 

波乱が待っているはずですから

チャンスはありますよね。

攻める時は攻める人だし

楽しみです!!

 

<ポチッとお願いします>

 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

今、プリウスphvを買うべきか?そソーラーパネルを付けるべきか?

ちょっと高いけど、プリウスphvは良い買い物です。細かい所はチープな造りも多いけど、のり味

記事を読む

プリウスphv納車3日目。本日はバッテリーを使い切るまで走った。

プリウスphv納車3日目   隣町までお見舞いに。お見舞いが終わって展望台で撮

記事を読む

EV化に反対の人もいる。考え方が違いますからね。リチウムイオン電池から全固体電池に変わるとEVは良いですよ〜。

プリウスPHV専用WHMの指示数は510.4kwh 昨日が504.5kwhなので510.4kwh&#

記事を読む

洗車の次の日は雨。ジンクス通りですね。まあ凍結防止剤をたくさん浴びてたから洗車して良かったとせないけん。

洗車の次は雨 ジンクス通り     昨日はプリウスphvのリコ

記事を読む

プリウスPHVも立派なソーラーカーのはずなのに・・。こんなに走らないし充電もしない。まあ重たいし太陽光パネルの大きさも小さいしね。

世界最大級のソーラーカーレース オーストラリア ダーウィンからアデレードまでの3,021kmを走るレ

記事を読む

ここのディーラーではzvw52プリウスphvをまだ1台も販売してないらしい。

ここのディーラーも西日本の大雨災害時被害にあったTOYOTAのディーラー。24号台風チャー

記事を読む

チャレンジしないと成長はとまってしまう。ガソリンハイブリッドの次に来るもの。プリウスPHV。

チャレンジしないと成長はとまってしまう。 どうしても売らないといけない。商品(クルマ)プリウス

記事を読む

ZVW52プリウスPHV PocketPHVの為にモトローラ motog5PLUSを買った。何かと物入り

PocketPHV クルマから離れていても、車両情報(電池残量・外部給電・ソーラー充電)の確認

記事を読む

海の清掃活動でした。

赤プリオ 絶好調です。 5月になって気候が良くなってEV走行可能距離も78.5㎞になっ

記事を読む

求めるもの。それは1番経済性、2番静寂性、3番走りかな。

経済性   新型プリウスPHVをなぜ買うか?なぜPHVなのか?周りの人

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link