若者のクルマ離れを防ぐ方法!

若者のクルマ離れを防ぐ方法は

クルマの選択肢を増やすこと。特にアメリカなどで大人気の

ピックアップトラックを販売すること!

ってこのブログでも書きまくってましたが

 

突然TOYOTAハイラックスの販売が決まりましたね。

実に13年ぶりです。

 

TRDのカスタムカーが美しいですね。はっきり言ってほしいです。

これをどのように使うか

街中でももちろん似合いますがそれだけでは勿体無いですね。

ダブルキャブでたくさん乗れて

安全装備もしっかりついてて

静かで

それでいて

荷物が積める。

万能選手ですよね。

 

こんなピックアップがアメリカで売れると言うのは

理解できます。ただアメリカの様に日本は

 

ガソリンが安くないし、揮発油税が高いので

今回の2.4リットルのディーゼルターボは正解だと

思います。

 

タイ工場ではランドクルーザープラドと同じ2.8リットルの

ディーゼル車のはずでしたが

 

色々考え抜いたあげく2.4リットルにしたのは

日本という国では正解だと思います。

 

少しでも空気は汚さない方が良いです。

ただこのサイズになるとなかなか電動化は難しく今の

段階ではディーゼルターボで仕方ないと言うか

正解だとも思います。



この遊び心は日本の若者にも受けると思います。

 

このTRD仕様のクールさがたまらないですね。

色も白が良いと思います。

 



使い方としては

①古民家再生やリノベーションなど大工道具や部材を運ぶ

②みかんを採取するのに使う

③サーフィンやスノボ、キャンピングに使う

④海釣りや川釣りに使う

⑤登山に使う

⑥草刈り機を積む

⑦森林伐採に使う

⑧自転車やバイクを積む

 

使い方は無限ですね。

 

①や②番のために軽トラを買い換えようとも想いましたが

イマイチ乗らなかったのは日本にしばらくピックアップトラック

が無かったからですね。

 

アメリカでも流行っているし今度ベンツがXクラスを発売するのも

知ってるし

 

近いうちNISSANなどから働くクルマの新しい提案があるとは

思っていたけど

 

 

いきなり我が応援しているTOYOTAのハイラックスが

復活するとはあまり思っていなかったですね。

 

期待を込めて提案はしてましたけどね

しかしこの赤いアンダーカバーは

半端なくクールです。

 

ハイラックスを購入したら必ずオプションで選びますね。

 



 

このスポーツバーというサイドバーも取り付けますね。

黒に赤のTRDというロゴがたまらんです。

 

しかしTRDってここまでおしゃれでした?



 

確かにアカプリ子のpriusphvにもTRDのエアロパーツが売られていて

 

カッコイイとは想いますけどね。

 

アカプリ子のphvのフューエルキャップも滅多に

お目にすることは無いけど

ここは安かったので購入してます。

5月に納車して給油は2回しかしていないので

 

ほぼあカプリ子は見る機会は無いのですけど。

ガソリンスタンドのお兄さんもほぼ無いですね(笑)



 

このプッシュスタートスイッチも買おうかと思ったのですが

15000円もしたので躊躇しました。

 

でもハイラックスのTRD仕様があまりにもクールなので

priusphvも変更しようかなと思う今日このごろです。

お金が出来たらですけど

 

こんなスタートボタンなら気持ちが高ぶりすぎで

ついついアクセルを踏み込んでしまいますね。(笑)

 



れも15インチのprius用TRDホイールなのですが

なんと4本で56160円なんでこれに

しようかなと想います。

BBS等高級鍛造ホイールも魅力的なのですが

 

ちょっとTRDが気になり始めたので

15インチのままで

17インチには絶対にしないし

 

この値段がお手頃だし

TRDだし

 

とても魅力的です。

ちょっと変わったスポークのデザインもアカプリ子好みです。

 

 



 

このエンブレムも買います。赤に赤なので

どこに取り付けつが良いのか

みなさんアドバイスください。

 

フロントフェンダーのところにはPHVのロゴが既にありますからね

本当はこれも注文していたんですよ

 

ショップが提案どこに付けるか提案くれないから

却下したのです。

でも後課から買います。



しかしpriusPHVの赤とTOYOTAハイラックの白の2台持ちが

理想だなあ。

 

Ferrariは要らないから

なんか理想的なアクティブで経済的でクリーンで

楽しく

 

そして世の中の為になることができそうやなあ

ほしいなあ

 

ハイラックス!にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

本日の指示数は6,703km。電力量メーターは426.4kwh

この3日で298km 大方300km走ってガソリンのメーターもかなり減りましたが、8メモリの1になり

記事を読む

プリウスPHV(ZVW52型)納車から608日目。走行距離24218㎞。充電した電力量1728kWh。1日の走行距離約40㎞。電気代の支払いは累計17000円ほど。

ガソリン代!今まで何回入れたかなあ。多くて6回やなあ。5000円/回も要らないけど。6×5

記事を読む

徳島県は遠かった。2日間で600km。3人で行ったけど全部一人で運転。でも疲れませんね。いい車です。プリウスphv

先週は徳島県の阿南市です。徳島県でも最東端で一番遠い場所。それよりも高知県の室戸岬の方に行きました

記事を読む

プリウスphvがこんなにかっこよかったらなあ。そうこうしているうちにTOYOTAルマンで悲願の優勝だ。

先日のイベント。雨の中 遠くから来ていましたね。 トヨタ2000GT ほんといつ見てもかっこい

記事を読む

全国放送で有名になった藁マンモスの前で写真を撮った。

西予市岩木地区にあるワラマンモス   構造物という事で建築基準法に違反している

記事を読む

北米トラックオブザイヤー2017、ホンダ、日産、そしてフォードF

北米カーオズザイヤーのトラック部門 の最終3車種を発表されましたね   トラ

記事を読む

HONDA NSX はアメリカで造らている!

Response によると HONDA NSXはアメリカで造らている  

記事を読む

12月30日の朝。Tコネクトで得ている情報が欲しい。ガソリンを併用するとマジの燃費がわからない。

今日も充電完了のメールが届きました。  車両の充電が完了しました。 現在の車両の状態 ●EV

記事を読む

WRCラリー・オーストラリア TOYOTAGAZOO Racing ヤリーマティ・ラトバラ最終SSリタイヤ。林に突っ込む。

11月19日(日)、2017年FIA世界RALLY選手権(WRC)第13戦ラリー・オーストラリアの競

記事を読む

TOYOTAプリウスPHVの最大のライバル。私の中では。

プリウスPHVを注文するまで悩んでいたのが三菱アウトランダーPHEV。 GOOで新古車を何度も

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、

→もっと見る

  • Sponsored Link