何がキライと言えばアイドリングストップからのエンジンのセルの音!

アイドリングストップの機能はキライ!

プリウスPHVにしてからおよそ3ヶ月 17日ですから

まだ3ヶ月に満たないですけどね。

しかし、アカプリオ事プリウスPHVは良いですね。

インテリアの質感以外はほぼ満足です。



特に燃費の良さが良い!

そして静かさが良いですね。

登り坂のエンジン音は頂けませんが

 

それ以外はエンジンが掛かっていようが、かかっていまいが

本当に静かですね。

 

ガソリンの低燃費車で嫌なのはアイドリングストップ

 

これも再スタートする直前にブルっと一息で息を吹き返すなら良いのですけど

気まぐれでただブレーキを踏んでいても掛かる時があるんですよね。

バッテリー電圧などが落ちた時に。

 

これ心臓に良くないのですよね。思わぬ時のセルモーター。

一発でかかれば良いですよ。

結構ブルブルブルくらい掛かるエンジンが多いから

ウザイのですよね。

 

その点プリウスPHVの場合、スタート時は必ずモーターだし、エンジン始動時はマルチインフォメーションディスプレイが光少々音が出て、同時にレーダー探知機がシャリーンとなって

しばらくして衛生捕捉の音声が。

 

音声もウザいけど長く回るセルモーターのウザさに比べればまだまだ心地よいです。

セルモーターで一瞬のうちにエンジンが目覚めれば良いんですけどね。

スポーツカーの様に。

 

しかし今ではPCの起動時よりも静かなプリウスPHVの始動時はとても快適ですね。

 

停車もドライブの1シーンになりえますね。

駐車も。

 

前のクルマはなにせ始動時にガソリンを大量消費するからとにかく止まりたくない

停車したくない駐車したくない走りつづけたいマシンでしたが

 

このアカプリオこと赤いプリウスPHVは停車も駐車もドライブも全てがドライブ中

ほんと楽しいです。

 

そういえば先日7月末にはエコカー補助金が振り込まれてましたね。

20万円just!

 

ありがたいけど、20万円では少ないです。

 

HYBRIDとの差額を元を取ろうと想うとおそらく20年くらいかかるんでは無いですかね。

 

20万円振り込む代わりに4年間は乗らんといけんのですが、とても4年では元取れません。

 

その分カッコイイから余計にお金を出したとこもあるのですが、噂ではプリウスHVもこの顔になるらしいですね。

今売れゆき落ちてますからね。C-HRなど自社での競合車種が増えて来たところもありますが

あまりにもかっこ悪いですからね。PHV顔になるのも当然ですし、コストダウンのためにも

 

共有した方がよほど良いですけどね。TOYOTAからすれば。

 

まあ大金はたいてプリウスPHVを買った身からしたらたまらんすけど。

 

せめてフロントデザインのみにして、バックドアとかバブルWindowとかはこらえて欲しいですね。

まあバックドアはカーボンなのでこのデザインというとこもあるから後ろはこれを採用しないと

思いますけどね。

 

ソーラーパネルも真似しないでしょうし。35PHVの様に室温を下げるファンだけの為の電源なら良いですけど

駆動用のソーラーパネルですから。おそらく付けないですよね。

 

このパネル28万800円しますからね。 深夜電力で換算すると200年はかかりますからね

元取るのに(;_;)

 

かなり長生きしないといけないですわ。そして長く維持していかないと。

 

まああカプリコ的には電気自動車までの繋ぎではあるのですが

全固体電池や新しい電池の電気自動車の完成は4年では無理でしょうからね。

 

電動化は確かに加速化していますけどね。

 

<ポチッとお願いします>

 
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 

Sponsored Link

関連記事

プリウスphvがこんなにかっこよかったらなあ。そうこうしているうちにTOYOTAルマンで悲願の優勝だ。

先日のイベント。雨の中 遠くから来ていましたね。 トヨタ2000GT ほんといつ見てもかっこい

記事を読む

寒いけどハンドルヒーターの暖かさが心まで染みる。

今朝は雨で温度は7℃くらいでしたか? 夕方も7℃くらいでしたかね。  

記事を読む

昨日と本日とHYBRIDモードを活用!燃費は?

昨日は登りの多い道路だったので予めHVモードにしてました。 57km走って電池が残っていたので

記事を読む

世界陸上2017年ロンドンでプリウスPHVが当たる!

世界陸上2017 プリウスPHV当たる アカプリ子。色々忙しくブログれませんが 久々の投

記事を読む

昨年のル・マンの悲劇が思い出される。世界耐久選手権WECに参戦のTS050新型発表!

TOYOTAGAZOO Racing TOYOTAGAZOO Racingが活躍しているのは何

記事を読む

EV走行可能距離64kmでした。

前回は連続テストでEV走行可能距離は実測71kmでしたが 昨日は64kmで電欠! ちょっ

記事を読む

やはり修理して綺麗になったら気持ちがちがう。

やはりクルマを修理して綺麗になったら 気持ちが良いですね。ホント気持ちが全然違いますねえ。

記事を読む

逆光の中のドライブ HDRでも十分ですね。

  久々の遠出。既に納車後1500km走ってますが、まだ一度もガソリンを入れたこと無

記事を読む

プリウスphvも良いけどTOYOTAハイエースも良いよ。盗難車人気ナンバー1とナンバー2。友達のハイエースダークプライム。

ハイエース ダークプライムホワイト 2800CCディーゼル しかしこの真四角のボディ

記事を読む

徳島県は遠かった。2日間で600km。3人で行ったけど全部一人で運転。でも疲れませんね。いい車です。プリウスphv

先週は徳島県の阿南市です。徳島県でも最東端で一番遠い場所。それよりも高知県の室戸岬の方に行きました

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link