zvw52プリウスphv充電時にも音がしないような・・。

プリウスphv充電時の音量



 

昨日の初めての充電は見事成功しましたが、朝6時55分出発予約の充電モードで6時5分に終了していました。6時起きのアカプリ子は、朝倉庫を開けて確認したのですが、音がしていませんでした。ただその時間は既に充電が終了していたかもしれません。自信がありません。まあ音の問題はいつも合併浄化槽のブロアーの低周波の音がうるさく気になっていたので。

 

友達の家のMITSUBISHIのi-MiEVはなかりの充電音がしますからね。とても心配だったのです。それこそ眠れないくらい。(笑)

 

 

ということで本日は5分出発予約時間をずらしてました。7時出発です。今の季節エアコンは連動してません。冬が微妙ですね。出発を7時半にしてしまうと10分間しか暖房しないので本当に7時半まで運転していまう気がしますね。

今の次期は6時55分出発で予約しても6時5分と50分も前に充電を終えてしまいます。電圧が高めだからか、それとも安全パイで早めにしているのか?

急遽急いで出ていく必要がある場合が出てきますからね。わたくしにはありませんけどね。

 



 

本日は7時出発予約で6時17分充電終了。7時現在のスクリーンショットはPocketphvからの確認ですね。

しかしEV走行可能距離が昨日の56.8kmから大きくは変化していないですね。57.3km。徐々に徐々に上がってくるのでしょうか?

 

 

メールはこちら。

 

 

充電完了通知
T
t-connect.info@mail.tconnect.jp
 
 

車両の充電が完了しました。

現在の車両の状態
●EV走行可能距離
57.3Km
※上記の内容は実際の車両状態と異なる場合がございます。

検知日時:2017/05/19 06:17

7時半出発予定に変更するかな。7時までですからね、夜間電力でオトクなのは。そんなナーバスになる必要は無いと思われるかもしれませんが、倍以上違いますからね。夜間は11円くらい昼間は25円くらいですね。もっと違うかも。
ここは非常に大事なところなんです。夜11時から朝7時までに充電する。空から満充電まで14時間かかる単相100Vの充電はなるべく避け単相200Vの充電のみにする。1000kmを1000円以下で走りきる事を目標にしてますからね。その辺りはもうしばらくお待ち下さい。どうも充電の消費電力は走行距離から電費で割って計算しないといけないような気がしてきました。まだ判明しておりません。すいません。
急速充電器も極力使わない。バッテリーを短命化するだけで無く、プリウスHVで走るより高く付く。16円/分ですからね。
肝心な音はこんな感じでほぼ無音みたいですね。やたら動画の写真が大きいですね。アカプリ子用のYOU TUBEがまだ
出来ていないのでちょっとお待ち下さいね。スマホ始め色々準備をしてきたけど
準備不足ですね。すいません。
充電コントローラーが充電していることを示しています。それでも静かですよね。録音できて無いだけで無くてホント静かなんですね。
走る時も充電するときもね。
ちなみにこの充電コントローラ天地が逆ですから。インジケーターの意味も逆になっているので気を付けて下さいね。なんと充電ケーブルを固定してしまいましたしね。
木ネジのシルバーが大きく見えますよね。固定したとは、インナーガレージでコンセントの位置がバックで駐車した場合プリウスphvの左側。ケーブルを床に置いたりすると充電リッドが右にあるクルマでケーブルを踏んだり充電しにくくなったりする。それならケーブルを天井に這わして上から下ろせばいい。固定したら急速充電器には使えないんだけどもそもそも使う気が無いということで
今のところすごく正解ですね。外から見たら充電設備なんか備えていると全く気が付きませんね。
そして昨日のブログで間違っていたこと。充電中電池のメモリが変わらないと書きましたが右上の更新の丸い矢印を押す必要がありました。
4時47分時点では約半分ですね。
そして5時38分時点では
約8割方充電して残り時間が後40分ですから6時17分に終了した、本日朝の充電とPocketphvはかなり正確でしたね。これならライブ感もあって正確だし信頼おけますね。ますます楽しくなりました〜。
ひとつづつひとつづつ解明していくことが増えてきて、また実車が納車されることによってその項目は増えてきてなんだか嬉しいですね。
まだまだ解明出来て無いことが多すぎますけどね。
昨夜も納車されてプリウスphvにして良かったことを何個か上げましたがもうひとつは
クルマというただの乗り物や道具でしか無いモノとのつながり感が良いですね。メールで知らせてくれるという双方向なのも。
まさに今流行のIOTですね。つながり感。現実のつながり感と漠然とした例えば人と人の繋がり感みたいなものその両方があるようで
なんだかワクワクどきどきしますね。
 
アカプリ子はIOTがここまで進化しているとは思いませんでしたが、凄いですね。後は自動運転に向けて一歩づつ進んだら良いですね。
 
本日は長距離を走る予定は無く、あちこち近くを走る予定ですが、こんばんまたレポートします。
いつもご愛読ありがとうございます。不明点知りたい点がございましたら、実車で調べます。まだまだアカプリ子知らないことばかりですが。
<ポチッとご協力お願いします>

Sponsored Link

関連記事

プリウスphvも良いけどTOYOTAハイエースも良いよ。盗難車人気ナンバー1とナンバー2。友達のハイエースダークプライム。

ハイエース ダークプライムホワイト 2800CCディーゼル しかしこの真四角のボディ

記事を読む

新型プリウスPHVのお値段は?50系のプリウスHVの50万円高くらいに収まれば良いのだが。まあそうもいかんだろうな。ガスインジェクションエンジンや11.6インチのカーナビもあるしね。

新型プリウスphvのお値段は?   どんどん発売が遅れているプリウスphv

記事を読む

昨日は結構走ったのに充電はあまり。愛媛マラソンに審判車としてプリウスphvGR仕様が走っている。

今日も大雪。プリウスphvは昨日結構乗ったので雪の日の本日は乗らないです。 今朝の充電専用メー

記事を読む

プリウスPHVも立派なソーラーカーのはずなのに・・。こんなに走らないし充電もしない。まあ重たいし太陽光パネルの大きさも小さいしね。

世界最大級のソーラーカーレース オーストラリア ダーウィンからアデレードまでの3,021kmを走るレ

記事を読む

雨や雪でドロドロだったから洗車した。いやしてもらった。1800円。2月分のプリウスphvの電気代だあ。高いなあ。

  プリウスPHV専用WHMは500のキリ番をGetしました。昨日は493.7kwh

記事を読む

zvw52プリウスphv燃費が良すぎて困ること。

zvw52プリウスphv燃費が良すぎて困ること。   困った〜。急速充電器を使

記事を読む

全国放送で有名になった藁マンモスの前で写真を撮った。

西予市岩木地区にあるワラマンモス   構造物という事で建築基準法に違反している

記事を読む

西日本豪雨災害の野村で宮城県女川のサンマを食す

7月7日の西日本豪雨災害の野村町を行く。もちろんプリウスphvでだがプリウスphvの写真は無く、軽

記事を読む

SUBARU 大型SUVを発表!名前はアセントに決定ですね。

ロサンゼルスモーターショーにてSUBARUVIZIV-7 コンセプトを発表しましたね SUBAR

記事を読む

赤いプリウスphvは晴天が似合う。でも今日も雪。通勤には使わず。

写真は1週間くらい前に晴れた日に撮ったプリウスphv。晴れた日が似合うプリウスphvですけど・・・・

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. ナガハラ より:

    おはようございます。
    この出発時間に合わせる充電がダメですね。
    今のところ30分から1時間の間で早く終わります。
    イメージ的には充電量が多い方が早く終わる感じです。

  2. ナガハラ より:

    連投すみません。
    フル充電(EVエリアが0でHV走行状態)では、ちょうど2時間20分で充電終わりますがマルチインフォメーションに表示される充電時間は充電開始時に3時間30分と表示されました。
    たぶん、この1時間10分の誤差が影響していると思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link