ZVW52プリウスphv納車されました!めでたい!!

プリウスphv納車

いよいよアカプリ子のプリウスphv納車ですね。昨年の12月に発注して実に半年ですね。納車されて少し走ってきましたけどね。やはり走りが良いです。まあまだ慣らしの慣らしですから、そんなに踏まなかったですけどね。まあベタ踏みはしないようにします。

しかしT-Connectの設定やらブルートゥースや充電の設定などで2時間くらいかかりましたね。ドライブレコーダーの駐車録画の仕方がわからないですね。

ずっと説明書読み続けたので疲れたのですよ。まずはクルマの基本操作やナビの操作の方を慣れさしてください。その後レーダー探知機やドライブレコーダーですね。ちょっとOBD2を使用したことでT-ConnectのEケアと言う機能が使えないことが

判明しました。これはアカプリ子のミスですね。ただEケアはエンジンのチャックをセンターでやってくれるだけですから、要らないと言えば要らないですね。まあそのうち解決策もでるかな?COMTECに連絡してみようかな。苦情かな。

 



 

 

受け渡しのショップには10人位社員がいらっしゃるのですが、初めて会話した社員さんも凄いハイテクの塊ですね。って言われてましたが

本当に凄い!!

 

Pocketphvで充電量がわかるし、今すぐ充電も出来ますね。



 

 



ドアロックされてるか?とかハザードランプが着いてないかとか色々確認出来ますね。設定すればメールも来ます。車庫なんでドアロックしてなかったら

なんと!うっかりメールと言うのが来ました。

うっかり通知メール

T
t-connect.info@mail.tconnect.jp

下記日時にお車への操作忘れなどを検知いたしました。

検知日時:2017/05/17 19:16:14

プリウスPHVの検知状態
◆ドアロック:アンロック
 パワーウィンドウ:閉
 ハザードランプ:消灯
 ヘッドランプ:消灯
 車幅灯:消灯
外に駐車した時に、確かに心配ですからね。ドアロックしたか否か?これで安心ですね。それと巨大なショッピングモールへ行ったときの駐車場。探すの大変ですけど。カーウォッチヤー機能と言うのがあって、クルマが探せます。しかし2ヶ月でこの機能は自動的に消えます。クルマの位置がばれると何かとやばい人が要ると言うことでしょうね(笑)
納車ご少し走って撮影しました。走りもいいですけどスタイルも良いです。後ろの方がボテッとはしておりますけどね。
 一番気に入らないのはアルミホイールの上の樹脂カバー。なんでこんなんつけるかなあ。イギリスのプリウスプラグインハイブリドは違うみたい。
そして肝心の充電ケーブルが届くのか長すぎるのか心配しておりましたが、まさにベストでしたね。この赤いプリウスphvを入れるために造った様なガレージになっちゃいましたね。もう20年も前に建てた家なのにまるでプリウスphvがここに入ることを予言していたかの様なガレージ。
空配管を予め入れていたし、インレットの場所はコンセントと全く逆だけれども天井を這わすことでケーブルはまったく邪魔にならない、邪魔になるどころかスッキリして見えない。
コネクタとインレットの位置はほぼズレが無い。10CMくらいはづれていますけどね。まだ後ろは下がれるしシャッターとの間も空いているので前のクルマより少し小さいのかな。まあピッタリですね。明日から運転と電費燃費にワクワクします
ね。
ゴミだらけで汚いけど、プリウスphvの倉庫としはピッタリの大きさ。まるであつらえた用。
そして夜間の安い電気で充電するためにT-Connectナビで6時55分出発で予約入れました。月・火・水・木・金・土とね。
基本毎日乗りますからね。7時超えたら電気代が高くなるので安全パイを見て6時55分にしました。
分厚い取扱書を読んだところ、やはり出発する直前に満充電になる方が良いと書いてありましたからね。まあ多少なりとも放電しますからね。同時に空調もそのスタート10分前から空調かけられますから寒い冬には良いと思いますよ。
しかし取扱書を読んでてもわからないことだらけです。先ずはスマートキーシステムによるドアの解錠や施錠方法がわかりません。
そして何より笑ったのが充電用の充電インレットの開け方がわからない。ガソリンの給油口を開けるレバーを引きそうになりました。
なんと充電インレットのカバーを開けるレバーというのは無いのです。
インレットカバーの中央を押すとパカっと開くのです。それは給油と違って充電という行為が必ずドライバーか一緒に乗っている人が行なうものだからです。給油はガソリンスタンドの人がやりますからね。
ただ他のフロントのドアが開いて無いと開きませんけどね。何かにつけ色々とよく考えられています。
 2回目走ってほぼ走りについては満足。明日からの燃費はどうですかね。ガソリン換算で100km/Lを目指しますよ。
このプリウスphvはトヨタにとって売るべきクルマですがそれ以上に売らなければいけないしろものです。環境適合車は数多く売らないと意味がありません。他に多くの環境に適してないクルマが多いと少しだけ増えても意味がありませんからね。
たくさん売れて環境への負荷を少なくしつつ、新装備や新たな部品のコストを下げて行く必要があります。
今回でしたら、バッテリーやカーボンのバックドアでしょうか。少なくともトヨタにとって売らなくてはいけないのはHVよりこのphvです。
そのために風見鶏になって購入しました。
完璧に全てレポート、インプレッションしますよ。みなさんもご意見応援下さいね。
<ポチッとお願いします>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

トヨタ 世界ラリー選手権 WRC 復帰! トミー・マキネン チーム代表

来年から世界ラリー選手権に 復活するんですね  トヨタ    

記事を読む

新型プリウスphvを購入するに当たってどうしても欲しい社外品!

しかし日本の産業も捨てたもんでは無いです こんなレアな素晴らしい商品を日本で 造り販売し

記事を読む

プリウスphv本日は真面目に走った。電池は空っぽ。洗車もしてもらった。綺麗になったねえ。WRCラリーMEXICOの速報も!!

おー!!カメラを変えたら使い方がわかりゃない〜。   カメラはいい加減レンズ好

記事を読む

若者のクルマ離れを防ぐ方法!

若者のクルマ離れを防ぐ方法は クルマの選択肢を増やすこと。特にアメリカなどで大人気の ピ

記事を読む

もうすぐEV航続可能距離80kmです!

EV航続可能距離80km!   暑いですね。本日もアカプリ子のあカプリオの社外

記事を読む

日本カーオブザイヤー2017ー2018結果!

2017-2018日本カーオブザイヤー決定いたしました。プリウスPHVなら良いのになんと スウ

記事を読む

寒くなって電費が落ちてきた。

台風一過 急に寒くなって朝は10度Cを 切る日が多くなって来ました。  

記事を読む

本日の指示数472kwh。

本日の指示数は472kwh。前回の指示数は461,2kwhなので11.2KWHですね。なんと1日空い

記事を読む

トヨタ関西電力ともコラボ。T-Connect☓はぴeみる電

東京電力 東北電力 中部電力 関西電力 四国電力と提携しているトヨタプリウスPHV。電力会社によって

記事を読む

プリウスPHVをもっと楽しくするには?アンチトヨタが多いですから。豊田章男社長も言ってたしね。スタイルはトヨタらしくないけど、アプリとかに遊び心が足りない。海でも行って遊び心を磨くか。

スタッドレスタイヤを履いて大型の他人のヨットの前のアカプリオ 大間マグロで注目されてるすしざ

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. ナガハラ より:

    eケアは、OBD2でも使用可能です。
    恐らくT-Connectセットアップ前からODB2を取り付けていたのでは?
    一度、ODB2のコネクターを抜いてT-Connectの『必要なデータのダウンロード』(名称は曖昧)を実施すると使用可能になります。
    不明な場合はメール・FBのグループからでも御連絡下さい。

    • acaprio358 より:

      そうですか。出来ますか?安心しました。明日やってみます。ありがとうございます。書いて見るものですね。(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、

→もっと見る

  • Sponsored Link