WRCフランス。ツール・ド・コルス。超速報!!ティエリー・ヌーベル首位。いよいよ優勝か?

WRCフランス超速報!



ヒュンダイのティエリー・ヌーベル絶好調ですね。仕上がりはティエリーもヒュンダイのWRCマシンも絶好調なんですよ。一瞬のミスでここまで優勝が無いだけですね。

Mスポーツのフォードもシトロエンも我らがTOYOTAも優勝していますから確かに次はヒュンダイも頑張ってもらわないと

面白くないですよね。

しかしヒュンダイ 現代も成長したものですね

韓国の企業も大財閥である企業だけは世界でも通用しますね。

第9SSも最高タイム。続いても0.1秒差でヒュンダイのD・ソルドですから

ヒュンダイのWRCCARの仕上がりの完成度がわかると言うものです。

TOYOTAは今年から18年ぶりの再挑戦ですし、セバスチャン・オジエも昨年までのVWからワークスというよりはプライベートに近い

Mスポーツから参戦ですからね。

ヒュンダイはアドバンテージはあったのですよ。

ティエリー・ヌーベルのちょっとしたミスさえ無ければね。残念ながら我らがTOYOTAのヤリーマティ・ラトバラは最終SS前に5位まで落ちましたね。でも3位以内は狙えると

思いますね。

まだ1分くらいの差の中でみな争っているから。3日で500km走って1分以内の差なんて凄いですよね。それだけ鎬を削っているということですね。

ちょっとしたマシンの差、腕の差で争っているWRCのマシンとドライバー。

素敵では無いですか?

そしてTOYOTAの再挑戦。そして韓国ヒュンダイの頑張り。大統領は罷免され監獄に入りそうだし、あのサムソンのトップも逮捕されるし、政治も経済もボロボロですけど

一部頑張っている企業やスポーツはあるのですよ。

まだこれで1/3 今回韓国のヒュンダイが優勝すると可能性はどのメーカーにもありますからね。

まあこれからの中盤が楽しみですし、TOYOTAにはもう1台参加の予定ですしね。楽しみしか無いですね。いきなり18年ぶりに復帰して完全優勝なんて

つまらないですからね。

【SS9速報】Antisanti – Poggio di Nazza (53.78 km)
1. T.ヌービル(H) 32:34.6
2. D.ソルド(H) +0.1
3. C.ブリーン(C) +1.8
4. J.ラトバラ(T) +6.6
5. O.タナク(F) +7.6
6. H.パッドン(H) +9.2
7. S.オジエ(F) +21.4

【After SS9 of 10】
1. T.ヌービル(H) 3:16:44.8
2. D.ソルド(H) +57.8
3. S.オジエ(F) +1:00.3
4. C.ブリーン(C) +1:14.0
5. J.ラトバラ(T) +1:16.0
6. H.パッドン(H) +1:53.0

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>
にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

気温は5度。これからPHVのエアコンの真価が試される。

17kmの通勤距離を 2往復していたのは いつの日か 1往復しただけで

記事を読む

新型カマロ トランスフォーマー 2.0㍑ カマロターボ ダウンサイジングターボ

新型カマロが初公開! カマロと言えばトランスフォーマー のバンブルビーを即イメージします

記事を読む

レクサス米国販売20.6%減。これはヒデえ。内装は良いけど外観が駄目ですもんねえ。

TOYOTAどうした? レクサスが中国でもここアメリカでも苦心してる。そのためのTOYOTA応

記事を読む

プリウスphvのCM起用の石原さとみクールですね

  プリウスphvのCM見ました   「ついにプリウス

記事を読む

昨日は結構走ったのに充電はあまり。愛媛マラソンに審判車としてプリウスphvGR仕様が走っている。

今日も大雪。プリウスphvは昨日結構乗ったので雪の日の本日は乗らないです。 今朝の充電専用メー

記事を読む

TOYOTAハイブリッドは終焉の時を迎えるのか?

TOYOTAハイブリッドは終焉の時を迎えるのか? TOYOTAハイブリッドのハリアー 特別仕様

記事を読む

phvの燃費が気になる方へ!とうとうEV走行可能距離も66.8kmになってきました。

EV走行可能距離はカタログ上は68.2kmのプリウスphv! 私のアカプリ男は実に66.8km

記事を読む

新型プリウスphvの見積もり出来ました〜!

430万円ですって! まあプリウスの値段や無いですね。   まあSグレー

記事を読む

古民家再生も古材も低炭素社会には貢献します。こういったこういったことから大事にしたい。

後ろの古民家築80年くらいかな隣の100年のより痛みが激しい!! 古民家再生 我々が預

記事を読む

日本のStandardカー軽トラックについて考える。

新型プリウスphvの赤色頼んだんだけどまだまだ来ませんねえ。2月15日発売ですから致し方無いのですけ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

プリウスPHVのエアコンもうるさいけど、自宅のエアコンもうるさくなった。

走行距離24745㎞走っているにしては綺麗だ。 傷も治したし、

→もっと見る

  • Sponsored Link