トヨタのWRCラリー・メキシコの活躍。

トヨタWRCラリー・メキシコ。チームはTOYOTAGAZOO RacingWRTですから、TOYOTAの直営では無いんですよね。言うたら下請けですか〜?

TOYOTAGAZOO Racing昔はTRDの方が目立っていたのですが豊田章男社長が社長になってから色々台頭していますよね。

豊田章男社長が創ったんでしょ?元々は中古車を動画で紹介するサイトを創っていたんですよね。それで画像と動物園のZOOとを合わせた造語になったと。

しかし今動物園は大変ですよね。ワシントン条約とかで輸入できないし、それを見越して商売をする人が吹っかけて来ますから。

オスメスが揃わないと子供が出来ないし、お嫁に来てもらったらまた逆もしないといけないし、何より魅力的な動物がいない動物園には人が来ないですよね。お客さんが・・。動物園も大変なのです。日本は子供も少なくなってるしね。

さてさてWRCラリー・メキシコはTOYOTAにとっては厳しい結果になりました。ヤリーマティ・ラトバラの6位とユホ・ハンニネンの7位と表彰台には上がれませんでしたね。救いはポイントを両者とも得たことですね。特にユホは初めてのベスト10入りですね。最初のSSでトップだったので期待したのですけどね。

写真はTOYOTAGAZOO RacingのFacebookから。

文もね

3月12日(日)、2017年FIA 世界ラリー選手権(WRC)第3千ラリー・メキシコの競技最終日となるday4がレオンを中心に行われ、TOYOTAGAZOORacingWRTのヤリーマティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC#10号車)が総合6位でフィニッシュ。ユホ・ハンニネン/カイリンドストローム組(ヤリスWRC#11号車)も総合7位で完走し、今シーズン初めて2台のクルーが揃って10位以内に入り、ポイントを獲得した。

 



ホント早いとなるとVitzベースだけどカッコよく映りますね。でもタイヤの径はそんなに大きくないですね。サスペンションの動きの幅のせいでしょうね。

 













 



■ヤリーマティ・ラトバラ

ラリー・メキシコでは5 位以内に入ることが目標でした。1つ及ばず6位という結果でしたが、今回我々が序盤に直面した困難は予想を超えたものでしたし、またパワーステージでボーナスポイントを獲得できたので、嬉しく思います。そして、ドライバーズとマニュファクチャラーズの両選手権では、依然良いポジションにつけています。今日は最初のSSの滑りやすいセクションでスピンし10秒を失ってしまいましたが、それまでは今回のラリーで最高のフィーリングでした。あのスピンがなければかなり良いタイムを記録することができたと思いますが、重要なのは最後に満足できる状態にまでクルマを持っていけたことです。4日間の戦いを通して、我々は一段と成長することができたと思います。



■ユホハンニネン

体調不良により、私にとってはスタートからフィニッシュまで辛いラリーでしたが、今シーズン初めてリタイアすることなく、10位以内で走り切り、ポイントを獲得することができたことを嬉しく思います。ヤリ-マティと0.3秒差で最終日を迎えたのは良い経験でしたが、彼のほうが速く、逆転することはできませんでした。ラリー・メキシコで今回我々が体験した事は、自分たちとチームの将来にとって大きなプラスになるでしょう。また、このラリーでは今年初めて木に当たらずに最後まで走ることができ、この年齢になっても自分がまだ成長し、多くを学んでいると実感することができました。









暑さや体調で苦しかった事がわかりますね。次は4月6日〜9日にかけてフランスのコルシカ島です。ここでの戦いも面白そうですね。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

まだまだTOYOTAのHYBRID技術は磨かれる

やはりトヨタや日本メーカーが生き残る為には やはり単純なクルマでは 無くて超高性能なクル

記事を読む

新型プリウスphv石原さとみ起用のCMがYOUTUBEにアップされていた。

昨日 箱根駅伝の間 カメラを持って待ち続けたけど ついに撮れなかった石原さとみ起用のプリウスp

記事を読む

気温は5度。これからPHVのエアコンの真価が試される。

17kmの通勤距離を 2往復していたのは いつの日か 1往復しただけで

記事を読む

高速道路の燃費 HVモードで25.9km。良くないですね。ザーレンのオイルにしたのに。

プリウスPHVにして感じるのは 普段走る道路があまりにも傾斜が多いといくとこ。 傾斜とい

記事を読む

昨日と本日とHYBRIDモードを活用!燃費は?

昨日は登りの多い道路だったので予めHVモードにしてました。 57km走って電池が残っていたので

記事を読む

西日本豪雨災害から蜜柑山の傷も全然消えない。

いつもご覧くださり。ありがとうございます。もうひとつのブログトヨタ応援ブログもなかなか見て

記事を読む

zvw52プリウスphv今年に入ってあまり乗れません。雪ばっかりですもの。早く来い!春よ来い!!

寒いですね。昨夜から降っていた雪は大したこと無かったけど昼間も0度以下なので昼間凍ってましたね。いつ

記事を読む

全固体電池で電動化にはずみを!

やはりEV専用車はまだまだですね。 日産リーフも40kWのバッテリーを積んで 航続距離が

記事を読む

フィアット 124 スパイダー 今回 カーオブザイヤー マツダロードスターをおいて6位入賞

COTYのカー・オブ・ザ・イヤー   プリウスの2位に甘んじているところも

記事を読む

ツインリングもてぎの様なグランピングやりたいな。

ツインリングもてぎ ここは見習うべきところが多々ありますね。鈴鹿サーキットは3〜4回程行きまし

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link