これは!?エレガントなSUVだね。レンジローバーヴェラ−ル

エレガントSUV

しかし、アカプリ子の赤いプリウスPHVは全然届きませんね。太陽光ソーラーパネルを取り付けたのだけど、そのために納期が遅れているようですね。ソーラーパネル無しが優先の様です。

まあ仕方ないですけどね。

ネット上でも色々お悩みがあるようなので届いたらかなりインプレッションしますよ。お待ち下さいね。

今日のニュースはGQから



ランドローバーは3月1日、レンジローバーファミリーの新型車「ヴェラ−ル」をイギリスはロンドンで発表した。新しいスタイルが何より目を惹くモデルだ。

今やランドローバーやジャガーはインドタタ社の子会社なんですよね〜。イギリスのモノづくりももう過去のものですか?

イタリアのメーカーも中国に買収されてて大変らしいですね。今や中国とインドですかね。

ヴェラ−ルのスタイリングはリダクショニズム

2017年3月1日午後8時(ロンドン)、ランドローバーのデザインを統括するジュリー・マクガバン氏の掛け声でベールが取り払われた時、1000人近く集まったゲストから大きなどよめきが起こった。

登場したのはレンジローバーの新型モデル、ヴェラ−ル。

 

レンジローバー、レンジローバースポーツ、レンジローバーイヴォーグに次ぐ4代目のレンジローバー・ファミリーだ。

イヴォーグが2008年にデヴューしたときにも、その斬新なスタイルには驚かされたが、このヴェラールもまた似た衝撃をもたらした。

「これ本当に市販車?」という声があちらこちらから聞こえてくる。

ヴェラールという社名の由来は隠すとかカバーを掛けるというラテン語です」

ベールと同じ意味ですか?

 

ジュリー・マクガバン氏がとっておきの秘密を明かす子供のような笑顔で舞台上から説明する。

でも本来この社名は1970年に発表したレンジローバーのコードネームでした。減点に立ち返り、あの時のクルマが与えた魅力と現代性とエレガンスを盛り込みたいと考えました

ヴェラールのスタイリングは、ひとつのかたまりから凹凸を極力なくして削り出したようなユニークなものだ。

マクガヴァン氏はこれをリダクショニズム 削って美を表現する手法だと語ってくれた。

動画もありますよ。

レンジローバー ヴェラールはインテリアも衝撃的だった

ヴェラールに対する驚きの大きさは、事前にいっさいの情報が伏せられていたこととも関係する。なぜなら、1、2点の思わせぶり(失礼!)な画像が公開されただけだったからだ。わたしがまずクルマの全体像を見たのは、デザインミュージアムでの公開に先立つ午後のプレス向け説明会だった。

ヴェラールのエクステリアは独自の表面処理でなめらかに、グリルもヘッドランプもひとつの面できれいに収まっている。まるで卵のような美しい自然の有機物を思わせる。「新しいタイプの顧客に向けた新しいタイプのレンジローバー」。これはジェリー・マクガバン氏の言葉だ。

プロファイル(側面)を見るとクーペ的ともいえるルーフのラインが美しい。5メートルを切るボディサイズで、ルーフを支えるピラーはすべてブラックアウト。車体の低さを強調するルーフが、ボディの豊かなカーブとシンプルなラインを際立たせる。加えて完全にドアのカーブと面一になるドアハンドルを採用する凝りかたもハンパでない。

そしてもうひとつ。ヴェラールはインテリアも魅力的だ。さきにデザインコンセプトとして「リダクショニズム」を紹介したように、ダッシュボードも高級オーディオアンプのようなシンプルな美をみせる。

エボニー(黒檀)のような表面処理を施した薄手のパネルをセンターダッシュボードに使用し、配置するのは大2つ、小1つの円形ダイヤルのみ。触れると10インチのモニタースクリーンが作動し、車両セッティングや空調やインフォテインメントシステムなどをタッチコントロールできる。

 

しかしエクステリアもインテリアもエレガント。こんなクルマを乗りこなして見たいものです。

しかしヨーロッパのクルマメーカーが中国やインドに買収されるなんて、残念で仕方ありませんね。

一昔前はビッグ3と言っていづれクルマのメーカーも3つだけにまとまるなんて言っていましたが

それではつまらないですからね。アカプリ子はこれからはスモール100の時代だと思うのです。

日本でもGLMという京都発のEVメーカーが4000万円のEVを発表して先日注目されていましたが

EVはエンジンブロックも造る必要が無いし、熱に弱いプラスチックも多様出来るし。部品点数もエンジン車より少なくて済むし、今後ベンチャーが入り込む隙間が出来て来るんですよね。

高性能なエンジン車のみを造っているメーカーは淘汰されてくると思います。今は良くてもね。

まあ大きな3つか一度コケていますからね。TOYOTAも大きくなりすぎたけどもっともっと頑張って欲しいですね。そのためには電動化必須だし、プリウスPHVは本当に売れないといけないモデル。

応援してますよ。TOYOTA応援ブログでも。

<ポチットオ・ネ・ガ・イ>

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

求めるもの。それは1番経済性、2番静寂性、3番走りかな。

経済性   新型プリウスPHVをなぜ買うか?なぜPHVなのか?周りの人

記事を読む

【ジュネーブモーターショー2017】ホンダCIVICTYPER新型。実に320馬力

久々のCIVICです。この赤いボディカラーに心がときめきますよね。 <response&

記事を読む

豪華かつ繊細!レクサスのフラッグシップセダン「LS500h」が世界初披露。ミラーあるじゃん。

現在開催中のジュネーブモーターショーで世界初公開のレクサスLS500hが世界初公開らしいですね。

記事を読む

はっきり言って毎月の固定費をいかに下げるかも大事に。ガソリン代はバカにならない。家賃は要らない。電気代は平均12000円。水道代は4000円。通信費が一番高いかな。ガソリン代を減らすにはプリウスPHVは良いよ。

今日も明浜まで17.5㎞の距離を塩風呂はま湯に入って来ました。ちょっと遠いけど近くの温泉よ

記事を読む

GR仕様のプリウスphvを見た!良いなあ。ホイール。

TOYOTAGAZOOレーシングからの新ブランドGRから販売されている GRプリウスPHVを目

記事を読む

EV走行可能距離64kmでした。

前回は連続テストでEV走行可能距離は実測71kmでしたが 昨日は64kmで電欠! ちょっ

記事を読む

新型プリウスphvの新装備 ソーラー充電システム

新型プリウスphvのどうしても欲しいオプションの一つが これです。 屋根の上に搭載したソーラ

記事を読む

TOYOTA GAZOO RACINGとは?

プリウスphvを頼んでまだこない?こないと嘆いているものです。しかし遅いですね。まあ2月15日発売で

記事を読む

この正月もTOYOTAさんは次世代エコカーについて悩みに悩んでいる。

究極のエコカーは何か? 以前にも書いたように トヨタは次世代エコカーについて悩みに悩んで

記事を読む

暖かい雨で雪も溶けてしまった。凍結防止剤がBODY下回りに着いてるので洗車した。自分で

先週降りまくった雪も昨日からの暖かい風と雨でほぼ溶けてしまいました。 ホイールベースの長いボデ

記事を読む

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
no image
プリウスPHV5人乗りになった。

プリウスPHV5人乗りになりました。なぜ最初からしなかったのか PH

キャンプファイヤー(クラウドファンディング)

https://camp-fire.jp/projects/view

はたらくクルマの王様。ハイエースいよいよニューモデルか!?

ハイエースのワイドです。電気工事屋さんがお仕事クルマとして活

ブリティッシュグリーンの86。綺麗です。欲しいなあ。

みなさん 緑と言えば何を連想しますから? 「緑のたぬき!」「緑

おしい男!TOYOTAGAZOOGAZOOracingのヤリーマティ・ラトバラ。WRCスウェーデン超速報!

いくらタイヤに300本のスタッド=スパイクが打ち込まれていても滑るの

→もっと見る

  • Sponsored Link