もうすぐドナルド・トランプの大統領就任式

トヨタプリウスphv もうすぐ手元に来る。発売日もまだですけどね。3月か4月です。もう少しお待ち下さい。

もうすぐと言えばドナルド・トランプの大統領就任式が間もなく始まりますよ。

なんか波乱がありそうで怖いです。しかしこのドナルド・トランプに睨まれているのがトヨタ等日本企業ですね。それも車メーカーは今後かなり睨まれますよ。今回もTwitterで呟いただけなのいトヨタの社長がモーターショーで今後北米で1兆円投資すると言うからビックリですね。

ドナルド・トランプの影響力もあるけどTwitterの影響力も凄いです。

しかし豊田章男氏の瞬時の判断凄いですね。北米の1兆円も凄いけどWRCラリーへの復活のきっかけも凄いですね。

数年前にWRCの本場ヨーロッパで観戦している時にトヨタのファンから「トヨタはWRCにいつ復帰するんだ?」って聞かれたのがきっかけですね。それから半年くらいでWRC復帰を決定!

覚えていたファンも素晴らしいけど、いち早く決断した豊田章男氏半端でないです。

今日もWRC3位につけたようです。

11号車のユホ・ハンニネンの方が早かったようですね。

やはりドライバーもかなりYARISWRCのポテンシャルが高い事を感じた筈ですから明日からの走りももっともっと楽しみですね。

<スポンサードリンク>

<ポチッとお願いします>にほんブログ村 車ブログ トヨタへ
にほんブログ村

Sponsored Link

関連記事

朝は1℃夕方は7℃ 充電量は6kwh 走行距離は34km プリウスPHVの寒さに対する弱さが露呈。

本日早朝の気温は1℃ 晴れましたから放射冷却現象ですね。 とても寒かったです。 &nbs

記事を読む

プリウスPHV(ZVW52型)納車から608日目。走行距離24218㎞。充電した電力量1728kWh。1日の走行距離約40㎞。電気代の支払いは累計17000円ほど。

ガソリン代!今まで何回入れたかなあ。多くて6回やなあ。5000円/回も要らないけど。6×5

記事を読む

やはり修理して綺麗になったら気持ちがちがう。

やはりクルマを修理して綺麗になったら 気持ちが良いですね。ホント気持ちが全然違いますねえ。

記事を読む

やはりゴー&ストップはPHVでも燃費が悪い(泣)

昨日は市内 所要で行ったり来たり。 500Mとか1.9kmとか   短い

記事を読む

ルマン24時間でもハイブリッドですよ!

今年のルマン24時間耐久レース 2017年型TS050 HYBRIDの 活躍と最後の周で

記事を読む

走行しながらTVが見えるはずの装置を付けたのに見れなくなった。ナッツリターンのせいか?水かけ姫のせいか?呪いか?

プリウスphvの11.6インチのカーナビのテレビを 走行しながら見える装置を付けたのに

記事を読む

TOYOTAプリウスphv以外で購入するもの!

先ずはドライブレコーダーですね 漫然と運転する僕には緊張感を もって運転すると言う意味で

記事を読む

プリウスPHV来ました。ショップまでね。やはり赤が良いですねえ。ZVW52プリウスPRIME

赤いプリウスPHV来ました。 まだナンバーが着いて無いので乗れません。やはりこのエモーショナル

記事を読む

箱根駅伝速報プリウスphvのCMは石原さとみさん起用!

箱根駅伝   でしたね。私が一番目についたのは 真ん中上ほどにあります

記事を読む

いよいよ赤いプリウス納車まで約1ヶ月。連休前に納車が嬉しいな!

納車まで一ヶ月 アカプリ子の赤いプリウスphvの納車ももう1ヶ月になりました。もう少しの辛抱で

記事を読む

Sponsored Link

Comment

  1. […] プリウスphvを注文して首を長くして待つアカプリ子。中々来ませんねえ。それも其のはず発売日は2月15日ですから。納車は3月か4月。真っ赤なプリウスphvがカッコイイですよ。納車されましたが、気になる燃費、電気代、充電方法、充電電源工事、ソーラーパネルでの発電、11.6インチのT-Connectナビの使い勝手など全部みなさんに見せますからね。少々お待ち下さいね。 しかし、ドナルド・トランプの就任式見ました?気になるのは「America FIRST!」今の世界でこんなわがままが通用するのか見てみたいですね。只、Americaを大きな市場と見ている日本の企業はちょっと怖いですね。TOYOTAもしかりです。そんなTOYOTAを応援する勝手にTOYOTA応援ブログです。 <いつもお世話になってますCARVIEW様からの記事を拝借です。そちらもみなさん見て下さいね> さてトヨタが他メーカーと組んでかなりの投資を行い「カナダ」と「UAE」でFCV普及活動を展開することになりました。トヨタ自動車は、欧米における環境規制強化に向け、EVの開発に本腰を入れる一方で、世界に先駆けていちはやく量産化を実現した水素で走る究極のエコカー「FCV」(燃料電池車)についても、普及促進に向けた活動を活発化させています。 1月18日にはスイスのダボスで、エネルギー&自動車業界13社で構成する水素社会実現に向けた世界規模の水素協議会「ハイドロゲン カウンシル」を発足させました。 <写真はトヨタミライのホームページから拝借> しかしプリウスphvによく似ていますよね。カッコはプリウスphvの方が魅力的ですね。 横からみた姿もほぼプリウスphv インテリアは11.6インチのプリウスphvに対して普通ですね。 しかしトヨタミライに未来は来るのか? イーロン・マスクも嘲笑しているように水素を使用した燃料電池車は普及しないと思います。最終的に行き着く環境適合者はEV だと彼も行ってるし私自身もそう思います。水素を創るのに電気で分解してそれをまた電気に戻すなんてロスだらけでは無いですか?コストが掛かりすぎです。商用電気でバッテリーに電気を貯めて走るのが一番経済的ですし新たなインフラを造る必要も無い。水素ステーション?いつになったらどこに出来るのですか?それまでに今走っているミライは限られた場所しか走れないのですか?水素ステーションはいつ来るかわからないミライの為にずっと貯蔵させとかないといかないんですか? <またCarviewさまからのご拝借> 今年の5月からはアラブ首長国連邦(UAE)がゼロ・エミッションを目指して建設している環境未来都市「マスダールシティ」でFCV「MIRAI」による水素供給インフラの実証実験を開始するそうです。 エア・リキード社やアブダビの国営石油会社、現地企業、同社の販売代理店などと共同で水素事業の成立性を検証する予定で、現地に設置する水素ステーションを使って高温環境下における水素の充てん試験を行うほか、UAEの政府関係者やオピニオンリーダーへの短期的なリースなどを通じ、FCVや水素社会へのさらなる理解促進を図ってく模様。 同社のカナダの販売事業体「TCI」では、1月20日〜29日の日程でケベック州で開催されている「モントリオール国際自動車ショー」に、3台の「MIRAI」を投入してFCVに対する理解促進活動をスタートさせています。 同ショーを皮切りに様々なイベントに「MIRAI」を出展、FCVの仕組みや温室効果ガス削減などの環境貢献について、現地の人々や業界、政府関係者への幅広い理解活動に取り組んでいくそうです。 トヨタは一昨年に「トヨタ環境チャレンジ2050」を発表、2010年比で新車のCO2 排出量90%削減を目標に、様々な活動に取り組んでおり、今後も水素社会の実現に向けた活動を推進していくとしてます。 という事ですが、2050年を目指しているとしても、やはり燃料電池車は無しだと思います。化石燃料も安いですし、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)でどんどんエネルギーが余っています。安い電気エネルギーは今後ますます増えるでしょう。尚更燃料電池は勝てません。       […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Sponsored Link
プリウスPHV7万キロを経過。20万キロは乗りたいね。

一度目の車検を受けて半年 7万キロを超えました。 &nbs

木材にこだわった肱川の家

モミの木のフローリングを使用した 肱川の家 オーク材を使用

凄い風の台風でしたね。

「台風10号」 写真はこの前の冬 明浜のみかん山にて

2年前を思い出す様な大雨

死者を多く出した 2018年西日本豪雨災害に匹敵する様な

県境をまたいでの不要不急の外出はいっぱい。

  近くの道の駅 どんぶりかんへ。丼物が美味しい

→もっと見る

  • Sponsored Link

    <head><script data-ad-client=”ca-pub-4643286239555411″ async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js”></script></head>